レッドカレー風味♪|キュウリとトマトの豆乳スープ

レッドカレー風味♪キュウリとトマトの豆乳スープ

こんにちは、『ゆるベジレシピ』misakoです。今回と次回の旬野菜はキュウリです。調べたところによると、なんとキュウリはかつてギネスブックにおいて『最も栄養価が低い果菜』と評されたことがあるようですが、言い換えれば『カロリーが低い果菜』ということですね。

キュウリの約90%は水分で出来ていて、利尿効果によるむくみの軽減や、体内にこもる熱を外へ出す働きもあります。だからこそ、夏が旬の野菜なのですね!

旬のキュウリは歯ごたえもシャキッと、そしてみずみずしくて、まさに『夏を体感できる』野菜。今回はスープのレシピをご紹介です。お好みによって冷製でも温製でも召し上がっていただけます。

レシピ

木製カットボードの上の材料
材料となるキュウリ・ミニトマト・パクチーなど

材料1

  • キュウリ
  • ミニトマト
  • ナンプラー(または塩)
  • パクチー
  • 金ゴマ

材料2:最初に混ぜ合わせておく材料

  • ショウガ(すりおろす)
  • 豆乳
  • レッドカレーペースト

作ってみよう

  • キュウリを板ずりして一口大に割る
    キュウリは洗って塩(分量外)を軽くまぶし、まな板の上で転がす(板ずり)。両端を掴んで絞るようにしながら割り、さらに一口大に手で割っていく。
  • トマトを上下で二等分に切る
    トマトはヘタを取り、上下半分にカットする。
  • 材料2を合わせ、味を調える。塩味が足りなかったら、ナンプラーもしくは塩を加えて調整する。
  • 3にキュウリとトマトを加えてひと混ぜし、器に注ぐ。温製に仕上げるときはここで鍋に移して火にかけ、沸騰しないように温める。
  • パクチーを散らし、金ゴマをふりかける。

ちょっと一工夫

  • トマトは縦に二等分するよりも、上下で二等分する方が味の馴染みが良くなります
  • 豆乳は温めすぎると分離しやすいので、温製で仕上げるときはごく弱火で。沸騰する手前で火を止めます。

冷製でも温製でも楽しめます

キュウリとパクチーの緑、トマトの赤は気持ちがワクワク、明るくなる色合いですね!金ゴマのブラウンもいいアクセントです。

赤い器にキュウリとトマトの豆乳スープ
赤い器にキュウリとトマトの豆乳スープ

このスープは冷たくても温かくても楽しめます。冷えすぎが気になる方は温かくしてどうぞ!

白い器に入ったキュウリとトマトの豆乳スープ
白い器に入ったキュウリとトマトの豆乳スープ

木の素材は気持ちが和らぎます。私の大好きなバリを思い出す雰囲気です。

木の器に入ったキュウリとトマトの豆乳スープ
木の器に入ったキュウリとトマトの豆乳スープ

そして、こちらもオススメ。このスープをつけ麺へとアレンジ!この場合は塩分を強めに調整してみてください。

キュウリとトマトの豆乳スープとざるうどん
キュウリとトマトの豆乳スープとざるうどん

冷製・温製、あなたはどちらで召し上がりますか?さて、次回もキュウリのとっておきレシピをご紹介いたします!お楽しみに♪