ゴボウとニンジンの|ハニーマスタード・サラダ

ゴマ香る♪ゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ

こんにちは、『ゆるベジレシピ』misakoです。だいぶ冷え込みも深まり、冬を感じる季節となりましたね!根菜も美味しい季節です。今回と次回のピックアップ食材は『ゴボウとニンジンとゴマ』。この組み合わせの定番は日本が誇る和食でおなじみのキンピラですね。ゆるベジでは同じ食材を活かしてキンピラ以外のレシピをお届けします!まず今回はサラダ。粒マスタードの酸味とハチミツの甘さのハーモニー、食べだしたら止まらなくなります♪

レシピ

木製カットボードの上の材料
材料となるゴボウ・ニンジンなど

材料1

  • ゴボウ
  • ニンジン
  • パセリ
  • エキストラヴァージンオリーブオイル
  • すりゴマ
  • 粒黒胡椒(お好みで)

材料2:最初に混ぜ合わせておく材料

  • 粒マスタード
  • ハチミツ
  • 白ワインビネガーまたは酢

作ってみよう

  • ゴボウとニンジンを切る
    ゴボウは5cm長さに切り、さらに細めの拍子切りにして水にさらしてアク抜きをする。ニンジンもゴボウと同じ大きさに切る。パセリはみじん切りにしておく。
  • ゴボウとニンジンを茹でる
    鍋に、水を切ったゴボウ、ニンジン、ひとつまみの塩(分量外)と水を加えて茹でる。途中、アクが出てくるので丁寧に取り除く。
  • 茹でている間にドレッシングを作る。大きめのボウルに材料2を混ぜ合わせて、好みの味わいにする。
  • ドレッシングとあえる
    野菜に火が通ったらザルにとってよく湯切りをし、温かいうちに3のボウルに入れてドレッシングを絡める。
  • よくドレッシングがなじんだらオリーブオイルを多めに回しかけ、すりゴマとみじん切りしたパセリ、粒黒胡椒を砕いて加えて、さらに混ぜて合わせてなじませる。味見をして塩味を調節し、味わいを調える。

ちょっと一工夫

  • 温かいうちにドレッシングと和えることで味が素材に馴染みやすくなります。
  • オリーブオイルは最後にプラスします。

根菜のコクと歯ごたえを活かして

今は一年中店頭に並んでいるゴボウですが、本来の旬は晩秋から冬。優しい味わいの春ゴボウも美味しいですが、本来は今が旬のゴボウの味わいには深いコクがあります。そんな旬の味わいを楽しみましょう!

ニンジンのオレンジと同じ、オレンジ色のお皿。パセリの緑も味わいだけでなく、見た目にも良いアクセントになります。

オレンジの皿に盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ
オレンジの皿に盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ

ターコイズブルーのお皿だとまた違った雰囲気に。

ターコイズの皿に盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ
ターコイズの皿に盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ

黒のお皿はぐっと締まりますね。落ち着いたオトナの雰囲気になります。

黒い皿に盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ
黒い皿に盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ

半分に切ってサクッとこんがり焼いたマフィンに乗せて、ポーチドエッグを。トロトロの黄身と絡めながら食べるオープンサンドもオススメです!

マフィンに盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ
マフィンに盛り付けたゴボウとニンジンのハニーマスタード・サラダ

次回も『ゴボウ・ニンジン・ゴマ』を活かしたレシピをご紹介します♪