味噌ビーツ・フムス

春色の味噌ビーツ・フムス

こんにちは、『ゆるベジレシピ』misakoです。今週のゆるベジレシピは、先週の『春を感じるレシピ』に引き続き『ピンク色』のレシピをご紹介です。といっても先週のイチゴによる柔らかい色合いではなく、ビーツを活用した力強いピンクの『フムス』のレシピです。

『フムス』とは主に中近東を中心に食されている、ほんのりスパイシーなひよこ豆のペーストです。そこに色鮮やかなビーツを加えて春らしいエネルギーをプラスしました!

ビーツは『食べる輸血』とも称されるほど栄養価が高い食べ物として知られています。そんなビーツですが、手に入りづらいのも事実。ここではビーツを基本にしながらも、もしビーツが手に入らなければニンジンにしたり、ホウレンソウなどの青物にしたり、アレンジも可能です!

季節野菜としての『ビーツ』やその時に入手できるできる旬野菜たちを使って、味噌を味付けベースとするディップを作っていきましょう!

レシピ

木製カットボードの上のビーツやひよこ豆などの材料
材料となるビーツやひよこ豆など

材料1

  • ビーツ
  • ひよこ豆の水煮(もしくは乾燥豆を自分で茹でる)
  • ニンニク
  • 味噌
  • クミンパウダー(orカレー粉)
  • 豆乳
  • パセリなどのフレッシュなハーブ
  • エキストラヴァージンオリーブオイル
  • 粒黒胡椒(使う直前に粗く砕く)

作ってみよう

  • ビーツをカットする
    ビーツを洗い、皮付きのまま細切りにする。
  • ビーツを炒める
    フライパンにエキストラヴァージンオリーブオイルを垂らして熱し、1を入れて塩・胡椒を加えて火が通るまで中強火で炒めて冷ます。冷ましている間にニンニクをすりおろしておく。
  • フードプロセッサーで撹拌する
    フードプロセッサーに2とひよこ豆、味噌、クミンパウダーを入れて粉砕する。少しずつ豆乳を加えながら、滑らかになるまで攪拌する。味見をしながら適宜味噌を加えて味わいを調える。
  • 器に盛り付けエキストラヴァージンオリーブオイルを回しかけ、粗く砕いた黒胡椒とパセリを散らす。

ちょっと一工夫

  • クミンパウダーが無い場合は、カレー粉でもOK!カレー粉の中にクミンが含まれています。

食べ方色々、お好みのスタイルで!

ビーツの赤い色が美しいエキゾチックな色合いのフムス。でも塩味には味噌を感じられて、とっても馴染み深い美味しさです。

ピンク皿に盛りつけた味噌ビーツ・フムス
ピンク皿に盛りつけた味噌ビーツ・フムス

これからはお外ランチが楽しい季節!そんなテイクアウト用にもオススメです。持ち出す時は最後の仕上げは別添えにし、オリーブオイルを回しかければ、その場も楽しくなりそう♪

テイクアウト用に盛りつけた味噌ビーツ・フムス
テイクアウト用に盛りつけた味噌ビーツ・フムス

クラッカーやパンにつけて食べるのが一般的なディップですが、香ばしい焼き海苔で包むのもオススメです。

焼き海苔と盛りつけた味噌ビーツ・フムス
焼き海苔と盛りつけた味噌ビーツ・フムス

爽やかな香りの大葉で巻くのも大好きな食べ方です。

大葉と盛りつけた味噌ビーツ・フムス
大葉と盛りつけた味噌ビーツ・フムス

色鮮やかに茹でた芽キャベツをカットし、そこに挟むのも見た目鮮やか!こんな長いお皿に盛り付けたらお家ごはんも楽しくなります。もちろんそのままスプーンでペロリ!も最幸です。

長い皿に盛りつけた味噌ビーツ・フムス
長い皿に盛りつけた味噌ビーツ・フムス

食べ方は無限大!自分スタイルで自由に召し上がってみてくださいね♪

関連タグ