セロリと新玉ねぎ、パクチーのピリ辛ゴマサラダ

こんにちは、『“ゆるベジ”レシピ』misakoです。すっかり春真っ只中、ヨガをしても、お散歩をしても、動きやすい季節になりました。

さて、今回のピックアップ食材はセロリです。独特の香りを放つセロリ、好き嫌いが分かれる食材のひとつでもあります。その香りが貴重とされ、古代ギリシャやローマでは食用というよりも薬として、また魔除けや祭事などにも使われていたという説も。栄養面ではビタミンをバランス良く含んでいて、体内の余分な塩分の排出を促すカリウムも豊富!体が喜ぶ野菜のひとつです。

今回は、同じく香りが特徴的でゆるベジには欠かせないパクチーを合わせて、ゴマが香ばしいサラダをご紹介です!金ゴマをたっぷり加えるのが美味しさのポイントです♪

 

セロリと新玉ねぎ、パクチーのピリ辛ゴマサラダ

カッティングボードに載せたセロリ、新玉ねぎ、パクチーなどの食材

材料

セロリ
パクチー
新玉ねぎ
金ゴマ
☆醤油
☆ごま油
☆ラー油

  

作ってみよう

フライパンで金ゴマを炒っているところ

1. フライパンを中火で熱し、金ゴマを炒る。香ばしい香りがしてきたら火からおろして冷ましておく。


新玉ねぎ、セロリ、パクチーなどをそれぞれカットしているところ

2. セロリは根元を薄切り、葉はざく切り。パクチーもざく切り。新玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。

3. ボウルに2を入れて全体を混ぜあわせる。☆を加えて好みの味付けにして器に盛り、1をたっぷり振りかける。

※新玉ねぎがない場合は普通の玉ねぎでもOK。辛味が気になるようであれば、スライスした後に冷水に放ち、よく水気を切ってから加えてください。

 

香りが似た食材は相性が良い

どこか共通点がある食材同士は基本的に相性が良いです。セロリとパクチーの共通点は独特の香り。そこにフレッシュな新玉ねぎと香ばしい金ゴマが加わって、旨味のハーモニーを醸し出します。
 
インディゴ色の器は、落ち着きがありながらもフレッシュさも感じられますね!インディゴの器に盛り付けたセロリと新玉ねぎ、パクチーのピリ辛ゴマサラダ
 
フレッシュといえば、ガラスボウル。調理用のボウルですが、このまま食卓に出しても映えるような、そんな爽やかさです。ガラスボウルに盛り付けたセロリと新玉ねぎ、パクチーのピリ辛ゴマサラダ
 
グレーの器もセロリとパクチーの色合いを引き立てます。お皿の縁のベージュと金ゴマの色とが同じなので、全体的な統一感もバッチリですね!グレーの器に盛り付けたセロリと新玉ねぎ、パクチーのピリ辛ゴマサラダ
 
そして春といえばピンク。黄色が強いピンクの器で春らしさがさらにアップします。ピンクの器に盛り付けたセロリと新玉ねぎ、パクチーのピリ辛ゴマサラダ
 
 
香りが強い野菜は食欲を刺激し、デトックスを促す効果があると云われています。ぜひ積極的に摂り入れていきましょう!
 
 
yuruvege
 

misakoゆるベジ食主宰 Misako

自身の病をきっかけにyogaや様々な食のスタイルと出会い、現在はyogaと『”ゆるベジ”レシピ』(野菜を中心にお肉もお魚も有り難く頂く、五感で楽しむ食スタイル)を広める活動をしている。

心地良く生きていくためには、まずは自分自身を心地良くさせてあげること。どんな時にも自分自身に優しく。ココロから自分が求めていることを感じ、選び、行動出来るように。優しくされる心地良さを、まずは自分自身が感じることで、初めて自分以外の相手に優しく出来る。

yogaと『”ゆるベジ”レシピ』は、そんな『心地良さ』の正しい選択肢を見極めるツールであると考えている。

■→ yoga&”ゆるベジ”レシピでハッピー・ライフ!
■→ instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加