秋の味覚で温まる!柚子胡椒香る、里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁

秋の味覚で温まる!柚子胡椒香る、里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁

今回のレシピ

材料の里芋や豆腐、パクチーなど
材料の里芋や豆腐、パクチーなど

材料(分量は写真をご参考にされてみてください)

  • 里芋
  • 絹ごし豆腐
  • ショウガ
  • 柚子胡椒
  • 味噌
  • 豆乳
  • 出汁
  • ゴマ油
  • パクチー

柚子胡椒香る♪ほっこり温まる、里芋とお豆腐のお味噌のスープ

こんにちは、『ゆるベジ食』misakoです。

今月のピックアップ食材『里芋』。今回も前回と同じく、フレッシュなパクチーも大活躍してくれる、ほっこり温まるスープのご紹介です!

ポイントは青唐辛子と柚子がベースの辛味調味料『柚子胡椒』。塩味も効いているのが特徴のこちら、素材の爽やかな酸味と辛さが味わいに奥行きをもたらしてくれます。寒い季節に特に美味しい鍋料理に添えるのも人気ですね!

豆乳を加えて、さらに味噌で円やかさと塩気をプラス。

前回のサラダの時には里芋の『ぬめり』を取り除く一工程がありましたが、

フレッシュなパクチーと楽しむ、里芋のスパイシー・グリル

今回はその『ぬめり』を『トロみ』として活かします♪仕上げのフレッシュなパクチーで、エキゾチックな楽しさをプラス!

作ってみよう

  • 素材カット
    里芋は皮をむいて一口大に、ショウガは粗いみじん切りにする。パクチーは3cm幅のざく切りにする。
  • 香り油仕込み
    厚手の鍋に1のショウガを入れ、それら全体に油が回るくらいのゴマ油を注ぎ弱火で加熱する。
  • 里芋火入れ
    2から香りが立ってきたら1の里芋を加え、それらがかぶるくらいの出汁を加えて弱中火で蓋をせずに加熱する。里芋に火が入り始めるとトロみが出てくるので、ヘラなどを使いながら底を返し、焦げ付かないように注意。
  • 里芋に火が通ったら豆乳を加え、柚子胡椒と味噌を少しづつ加えて好みの辛さと塩味にする。豆腐を手で割り入れ火を通す。
  • 器に盛り付け、1のパクチーを添える。

ちょっと一工夫

  • 出汁は昆布やカツオなどの和風でも、コンソメなどの洋風でもお好みで。里芋に火が通る前に水分が無くなってしまったら、適宜出汁または水を加えて調節してください。
  • パクチーが苦手な方は、長ネギやセロリなどで代用してみてください。

ピリッと感とクリーミー感の美味しいバランス

ターコイズのお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁
ターコイズのお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁

里芋の『トロみ』が豆乳とブレンドされて絶妙な円やかさと舌触り・・・。

味噌ベースのクリーミー感、鼻腔を抜けるベースとなるゴマ油の香り。追いかけてくるショウガや柚子胡椒の爽やかな香りとピリ辛感。。。。

里芋のホクホクと絹ごし豆富のつるんとした食感。。。さらにはパクチーの緑溢れる香りとフレッシュなシャキシャキ食感!

色々な感覚が刺激されて思わず口元が緩みます。

シルバーのお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁
シルバーのお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁

アンティークのカレー皿に盛りつけたら、エキゾチック感が増します。

小さなターコイズのお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁
小さなターコイズのお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁

ターコイズの爽やかな雰囲気にスープの白とパクチーの緑が映えます。

黒いお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁
黒いお皿に盛りつけた里芋とお豆腐のクリーミーなお味噌汁

色が映える、といえば外せないのは黒。黒白の陰陽に、『自然の恵み』の象徴ある緑色が、絶妙なバランスを醸し出してくれます。

見た目はとてもシンプルですが、口に含むと様々な香りと食感、味わいが心と身体を包み込んでくれます。どことなく異国風な温かいお味噌汁をゆったりと味わって・・・。

寒さ深まる今の時期だかこそ感じられる季節感を楽しんでみませんか?

関連タグ