ゆるベジ:モロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ

モロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ

こんにちは、『ゆるベジレシピ』misakoです。今回の注目素材もモロヘイヤです!前回と同様、モロヘイヤのカルシウムをもれなく摂取するべく、ビタミンDが豊富な干し椎茸を活用して、美味しい出汁もしっかり頂きます。モロヘイヤがもつトロみ成分で自然に柔らかい舌触りが加わります。

モロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ

木製カットボードの上の材料
材料となるモロヘイヤ・干し椎茸・トマトなど

材料

  • モロヘイヤ
  • 干し椎茸
  • トマト(お好みの大きさで)
  • 細ねぎ
  • 醤油
  • 黒酢
  • ごま油
  • 黒ゴマ(粒のままでも、すりごまでも)
  • 粒黒胡椒(お好みで)

作ってみよう

  • 干し椎茸を水でもどす
    干し椎茸は水に浸し、皿などで重石をして戻す。
  • モロヘイヤとトマトを切る
    干し椎茸を戻している間に、食材の下ごしらえをする。モロヘイヤは簡単に葉と茎に分け、茎は1cmくらいに、葉はざく切りにする。トマトは大きければカットする。細ねぎは小口切りにする。
  • 干し椎茸が戻ったら軸も含めて薄切りし、戻し汁と一緒に鍋に入れる。追加のスープ用の水(分量外)も加えて中火にかける。
  • モロヘイヤとトマトを加えて調味する
    沸騰する手前でモロヘイヤの軸とトマトを加えて一煮立ちさせ、塩と醤油を加えて少し強めの塩味に味わいを調える。
  • モロヘイヤの葉を加えて一煮立ちさせたら器によそう。お好み量の黒酢を加えてひと回しし、仕上げにごま油をまわしかける。
  • 小口切りのねぎと黒ゴマを散らし、お好みで粒黒胡椒を砕いて散らす。

ちょっと一工夫

  • モロヘイヤの葉は火が入りやすいので、時間差で加えます。

自然のトロみの舌触り

モロヘイヤから生まれる自然のトロみが優しい舌触りです。気分を上げていきたい時は、やっぱり赤い器!

赤い器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ
赤い器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ

基本の白い器でモロヘイヤの緑とトマトの赤を楽しみます。

白い器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ
白い器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ

白と同じく、グレーも色合いバランスを活かしてくれる陰の立役者。写真撮影をする時、実はグレーは欠かせない色なのです!

グレーの器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ
グレーの器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ

そして、この美しく濃い藍色。出雲へ出向いた時に出会った出西窯の器です。まるで宇宙空間が目の前に広がっているような、そして夏には大活躍のガラスの器。このスープは冷やして頂くのもオススメです。

ガラスの器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ
ガラスの器にに入ったモロヘイヤとトマトの酸っぱいスープ

どうしても食欲が落ちがちな夏真っ盛りの時期。酸味を活かしたスープで胃腸を活性させながら、心地よく過ごしていきましょう!次回はオクラを使ったレシピをご紹介します!お楽しみに♪