虹色玄米サラダ

目からも栄養を♪虹色玄米サラダ

こんにちは、『ゆるベジレシピ』misakoです。気温が高くなってくると食欲が落ちてしまう、という方もいらっしゃると思います。そんな時には食欲を刺激してもらえるよう、素材の色の力に助けてもらいましょう!

自然の持つ色合いは美しく、私たちにエネルギーを与えてくれます。いろいろな色の素材を頂くことで、さまざまな栄養素を摂り込むことが出来ます。

すべての材料が揃っていなくても構いません。野菜売り場を楽しく眺めながら多くの色の素材を揃えて、目からも栄養を頂きましょう!緑の色合いが美しいこのサラダは、見た目も涼しげです。

目からも栄養を♪虹色玄米サラダ

木製カットボードの上の材料
材料となるカラフルな野菜たち

材料

  • 炊いた玄米ごはん
  • 紫タマネギもしくは普通の白いタマネギ
  • カラフルな野菜(パプリカ、トマト、紫キャベツ、茹でグリーンピースなど)
  • ハーブソルト
  • 粒黒胡椒(包丁の柄などで粗く砕く)
  • レモン(もしくは黒酢やワインビネガーなど)
  • エキストラバージンオリーブオイル
  • アーモンド(乾煎りもしくはトーストして冷ましておく)
  • パセリ

作ってみよう

  • 野菜をそれぞれカットする
    紫タマネギは粗いみじん切り、その他の野菜を1〜1.5mm角にカットする。
  • ボウルの野菜に調味料を加えてあえる
    1を大きめのボウルに入れて軽く混ぜ合わせ、ハーブソルトと砕いた粒黒胡椒を加えてさらに混ぜ、好みの味加減にする。その後にレモンを絞ってざっくりと混ぜ、最後にエキストラバージンオリーブオイルをたっぷり加えて、一混ぜする。ここでもう一度味見をし、塩加減を調整する。
  • ローストアーモンドを砕く
    乾煎りもしくはローストしておいたアーモンドを、包丁の腹で押し、粗く砕く。
  • 食べる直前に玄米ご飯をほぐしながら2に加え、ざっくりと混ぜ合わせる。器に盛り付けて砕いたアーモンドを散らし、パセリの葉を手でちぎりながら散らす。お好みで砕いた粒黒胡椒をかける。

ちょっと一工夫

  • 味付けの順番は塩→レモン果汁→オリーブオイルで。味がしっかり馴染みます。
  • 各段階で混ぜ合わせる時は「ざっくり」と。特に玄米を加えた後は、混ぜすぎないことがポイントです。(粘りが出やすくなります)

カラフルな色合いでハッピーに!

白い器は、まるでキャンバスの上にカラフルな絵の具が広がっているよう!

白い皿に乗った虹色玄米サラダ
白い皿に乗った虹色玄米サラダ

グリーンリーフの上に盛り付けると前菜風に。元気が出るヴィヴィッドなオレンジ色のお皿でさらにパワーアップ!

オレンジ色の皿に乗った虹色玄米サラダ
オレンジ色の皿に乗った虹色玄米サラダ

そして、あえて混ぜずにカレー風に盛り付けても良いですね。緑色のお皿で安らぎを。

緑色の器に乗った虹色玄米サラダ
緑色の器に乗った虹色玄米サラダ

サラダとご飯を別々にしておくと、時間が経ってもご飯が水っぽくなりません。海を連想させるターコイズのお皿で夏気分を満喫。

ターコイズ色の器に乗った虹色玄米サラダ
ターコイズ色の器に乗った虹色玄米サラダ

今すぐに食べるのか、それともサラダだけ先に作っておいてあとからご飯と食べるのか。その時その時の状況で食べ方にバリエーションが生まれるのも、このサラダの魅力です!

次回は”ゆるベジ”番外編をお届けいたします!さて、どんな内容になるのでしょうか。お楽しみに♪