リンゴとココナッツミルクのスパイシー・ソイラテ

こんにちは、『”ゆるベジ”レシピ』misakoです。今回はデザート風のソイラテのご紹介です!スーパーフードという言葉が日本にもだいぶ浸透し、様々なものがメディアを通して紹介されていますね。その中の一つ、チアシード。自身では作ることが出来ないオメガ3を多く含みます。

オメガ3とは、体内では作ることのできない不飽和脂肪酸のこと。必須脂肪酸といわれるαリノレン酸や血液をサラサラにするEPA、脳の働きを活発にさせるDHAといったお馴染みの脂肪酸などに変わるといわれています。そして食物繊維も豊富!

このオメガ3は熱に弱いので、通常は火を通さない方が栄養素が壊れにくいといわれていますが、チアシードは他の成分とのバランスでオメガ3が失われにくいといわれています。スーパーフード発祥の海外ではロースト(火を通した)チアシードがあったり、パンやクッキーに練りこんだりと使い方も様々。

今回はそんな『いつもとは違った調理方法』でチアシードを楽しんでみたいと思います!旬のリンゴを使って、ココナッツミルクに香るスパイス。ちょっとアジアな雰囲気を味わってみましょう。

 

チアシード入り♪リンゴとココナッツミルクのスパイシー・ソイラテ

カッティングボードに載せたリンゴとココナッツミルク、豆乳、チアシードなど

材料

リンゴ
豆乳
☆ココナッツミルク(もしくはココナッツパウダー)
☆チアシード
☆シナモン
☆クローブ
粒胡椒(お好みで)

  

作ってみよう

角切りにした皮付きのリンゴ

1. リンゴはよく洗い、皮付きのまま角切りにする。


豆乳とリンゴをミキサーにかけているところ

2. ミキサーに1と豆乳を加え、リンゴの粒が見えなくなるまでミキシングする。


ミキサーにかけた食材を鍋に移し、チアシードを加えて温めているところ

3. 2を小鍋に移し、☆を加えて泡立て器でかき混ぜ、ごく弱火で温め始める。

4. 鍋と接している箇所がふつふつとしてきたら火を止め、器によそう。お好みで粒胡椒を砕いて加える。

※豆乳・ココナッツミルクは強火で火を入れると分離しやすいので、ごくごく弱火で。

※チアシードは水分を含むとくっつきやすいので、鍋に入れたらすぐに泡立て器でかきまぜる。


 

トロトロの食感を楽しもう

チアシードが入ることでソイラテにトロトロ感が加わります。小腹が空いた時にぴったりですね!リンゴとココナッツミルクのスパイシー・ソイラテ

黒胡椒をプラスすると、スパイシーさアップ!木の器に盛ったリンゴとココナッツミルクのスパイシー・ソイラテ
 
赤胡椒は見た目とは違ってほのかな甘さがあります。器も赤で揃えると統一感がありますね。赤い器に盛ったリンゴとココナッツミルクのスパイシー・ソイラテ

ちょっとしたパンやケーキを添えても。グレーの器に盛ったリンゴとココナッツミルクのスパイシー・ソイラテ

 
いつもは冷たいデザートに使われることが多いチアシードですが、たまにはこんな風に楽しんでみませんか??次回も冷え込む季節にぴったりのホカホカなレシピをご紹介していきます♪

 
 
yuruvege
 

misakoゆるベジ食主宰 Misako
自身の病をきっかけにyogaや様々な食のスタイルと出会い、現在はyogaと『”ゆるベジ”レシピ』(野菜を中心にお肉もお魚も有り難く頂く、五感で楽しむ食スタイル)を広める活動をしている。

心地良く生きていくためには、まずは自分自身を心地良くさせてあげること。どんな時にも自分自身に優しく。ココロから自分が求めていることを感じ、選び、行動出来るように。優しくされる心地良さを、まずは自分自身が感じることで、初めて自分以外の相手に優しく出来る。

yogaと『”ゆるベジ”レシピ』は、そんな『心地良さ』の正しい選択肢を見極めるツールであると考えている。

■→ yoga&”ゆるベジ”レシピでハッピー・ライフ!
■→ instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加