レンコンとシメジ、お豆のメキシカン・チリ・スープ
こんにちは、『”ゆるベジ”レシピ』misakoです。前回に引き続き、今回のピックアップ食材はレンコン。大好きな大好きな食材です。今回はシャキシャキな食感を活かしたスープをご紹介!



スパイスとして使う『チリパウダー』は、味わいにメキシカンな風味をプラスするミックススパイスです。辛くはありません!辛さが特徴の『チリペッパー』とは全く違いますので、ご注意くださいね。

もう一つのスパイス、『スモークパプリカパウダー』は、その名の通りスモークの深い香りが特徴のスパイスです。普通の『パプリカ』でも代用出来ますが、スモークパプリカの方が味わいに複雑味がプラスされて美味しさも倍増です!

こだわりの食材店で手に入りますが、最近は日常的なスーパーでも目にすることが多いですよ。ぜひお試しください!

 

レンコンとシメジ、お豆のメキシカン・チリ・スープ

カッティングボードに載せたレンコン、シメジ、チリビーンズなどの食材

材料

レンコン
シメジ
玉ねぎ
ニンニク
エキストラヴァージンオリーブオイル
お好みの塩またはハーブソルト
粒黒胡椒(加える直前に挽く。砕いてあるものでもOK)
☆水
☆市販の水煮豆(自分で炊いたものでも)
☆トマト水煮缶
☆チリパウダー
☆スモークパプリカパウダー(パプリカパウダーでもOK)
☆ローリエ
☆オレガノ
パクチー(ざく切り。セロリや三つ葉など、お好みの香味野菜でも)
ペッパーソース(辛味調味料)

  

作ってみよう

食べやすい大きさにカットしたレンコンやシメジ、粗みじん切りにしたニンニクなどの食材

1. レンコンはたわしで洗って外側の汚れを取り除き、皮付きのまま一口大に切る。シメジは石づきを切り落としてほぐす。玉ねぎとニンニクは粗みじん切りにする


オリーブオイルを入れたお鍋でニンニクの香りを引き出しているところ

2. 鍋にニンニクとエキストラヴァージンオリーブオイルを入れ、弱火でニンニクの香りを引き出す。


お鍋でレンコンやシメジなどの食材を炒めているところ

3. ニンニクの香りがしてきたらレンコン、シメジ、玉ねぎを加えて塩・胡椒を加えて強火にし、軽く炒め合わせる。

4. ☆を加えて弱中火にし、コトコト火を通す。味見をしながら塩コショウで味わいを整える。野菜に火が通ったらいったん火を止めて少し時間を置き、味をなじませる。

5. 器に盛り付け、パクチーなどの香味野菜を添える。お好みでペッパーソースで辛味を足す。

※スモークパプリカパウダーがなければ普通のパプリカパウダーでもOK。できればスモークされたものを使うと、味により深みが加わります。

※辛いものがお好みの方はぜひペッパーソースをプラスしてください。


 

食べ方いろいろ、赤色を活かした盛り付けを

白とブルーの器を使うと爽やかな印象に!アウトドア仕様のポップな器に盛り付けてみました。白とブルーのお皿に盛り付けたレンコンとシメジ、お豆のメキシカン・チリ・スープ

同じ白色系の器でも、陶器だとまた印象が変わりますね。白い陶器のお皿に盛り付けたレンコンとシメジ、お豆のメキシカン・チリ・スープ
 
黒い色の器は落ち着いた雰囲気に。赤と黒のコントラストが美しいですね。黒いお皿に盛り付けたレンコンとシメジ、お豆のメキシカン・チリ・スープ

スープの赤とパクチーの緑、両方の色合いを活かしたコーディネートも美しくて、ワクワクするような色合いですね!こんがりトーストしたバゲットを添えて、食べ応えも十分。赤と緑のお皿に盛り付けたレンコンとシメジ、お豆のメキシカン・チリ・スープ

 
レンコンのシャキシャキとシメジの独特の歯触りで食感が楽しいスープ。冬へと移りゆく今の時期にぴったりの温かいスープ、ぜひぜひお試しください。

 
 
yuruvege
 

misakoゆるベジ食主宰 Misako
自身の病をきっかけにyogaや様々な食のスタイルと出会い、現在はyogaと『”ゆるベジ”レシピ』(野菜を中心にお肉もお魚も有り難く頂く、五感で楽しむ食スタイル)を広める活動をしている。

心地良く生きていくためには、まずは自分自身を心地良くさせてあげること。どんな時にも自分自身に優しく。ココロから自分が求めていることを感じ、選び、行動出来るように。優しくされる心地良さを、まずは自分自身が感じることで、初めて自分以外の相手に優しく出来る。

yogaと『”ゆるベジ”レシピ』は、そんな『心地良さ』の正しい選択肢を見極めるツールであると考えている。

■→ yoga&”ゆるベジ”レシピでハッピー・ライフ!
■→ instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加