ヨガ数秘学11の育て方

チャートの数字を強めて自分らしく生きるには?ヨガ数秘学「11」の育て方

こんにちは。ヨガ数秘学のマダムYUKOです。

わかっているようで、実は、よくわからないのが自分。自分って、謎の存在じゃないですか?あなたってどんな人なの?って聞かれても、すぐに言葉が出てこないですよね。

そんな謎の存在「自分」を知ることができるのがヨガ数秘学。誕生日の数字を読み解くことで、自分がどんな人で、どんなことに悩み、どんな人生を歩むのかが見えてくるのです。

ヨガ数秘学がはじめての方、ようこそ。まずは、誕生日チャートを作ってみてくださいね。チャートに出てくる九つの数字たちが「あなた」を解き明かすヒントなりますよ。

数字を育てる。11を育てる

自分の数字がわかったら、人生での「いかし方」を学びます。数字をいかす、というのは、その数字を持つ人が、数字の性質に見合った行動をとること。

今回のテーマは11。チャートに11がある人が、具体的にどうすればいいのか、お話しますね。

11ってどんな数字?11を持っているのは?

大きな目を触ろうとする手

ヨガ数秘学で11はこんな数字。

スピリチュアルとのつながり、天、大いなる流れ、目に見えないものとのつながり

11を育てていくのは、こんな人。

  • 11月生まれ
  • 11日、29日生まれ
  • チャートに11がある人(自動計算ツールでチャートを作ってみてね!)

11を育てる方法

夜にヨガをする女性のイラスト

その1:スピリチュアルとつながる。

人生は浮き沈みがあるもの。ハッピーな時も、思い通りにいかずに苛立つ時もありますよね。でも、自分の状態がどうであれ、遠く離れたところから見ると、すべては宇宙の流れの一部。それ以上でも、それ以下でもありません。

人は、がんばったり、努力したりしますよね。もちろん、それが成果として表れることもあります。ただ、そう保証されているわけではない。がんばったのに報われない… こんな経験だって、いくらでもありますよね?

11をいかす… つまり、11的な生き方は、思い通りにならなくても、うらまず、苛立たず、今はこういう時なのねと、人生の流れに乗ること。天とつながる11は、たとえ、困難に見舞われても、そこに何らかの前向きな意味を見出しながら、生きていくのです。

その2:神聖な時間を持つ。

俗世間という言葉があるように、人は俗な世界に生きています。「俗」のすべて悪いわけではないですが、人生に「俗」が増えすぎると、人は、スピリチュアル、大いなるものの存在を忘れてしまいます。

神聖な時間を持ってください。ただし「神聖」が何かは、人によって違います。神社やパワースポットに神聖さを見出す人も、料理をする時空間が神聖だと感じる人もいるでしょう。ヨガのプラクティスが聖なる時間だ、という人もいます。

なんでもいいのです。俗なものから距離を置くことで、心が研ぎ澄まされ、大いなるもの、スピリチュアルな存在に意識が向けば、それがあなたにとっての聖なる時間です。

その3:自分を大切にする

人はなぜ、この世に生まれてきたのか?

答えは、簡単には出ませんが、この問い自体に、スピリチュアルなエネルギーが宿っています。自分が今、ここに、こういう姿で存在していることが不思議、と思うことはありませんか?自分という存在自体が奇跡、と感じたことは?

ここから考えを進めていくと、人はスピリチュアルな存在である、というのも、間違いではない気もしてきます。どこだか、よくわからないところから来た自分。しばらくの間、この世界で生きて、また、戻っていく自分。

もしも、人が、本当にスピリチュアルな存在なのであれば、各人が、天の力によって創造された、特別な存在である、ということになる。そこで見えてくるのは、人は自分を、神の創造物として扱うべきだ、ということ。人はもっと、自分を大事にしないといけないのです。

11を持つ人は、まず、天が作った特別な存在として、自分を大切に扱ってほしい。そして、次に、そうできていない人に、自分を大切にすること、愛することを教えてあげてください。

11を持つ人の幸せを願って。

マダムYUKO

ヨガジェネレーション講座情報

関連タグ