中医学の先生と患者

自分はどの体質?~中国の伝統医学『中医学』における体質と改善方法~

こんにちは!ヨガをされている方は、健康に気を使っている方も多いと思います。

今回は、漢方などでお馴染みの中国の伝統医学『中医学』における体質とその改善方法について解説いたします。

中医学では、気虚、血虚、陽虚、陰虚、気滞、湿熱、瘀血の7つの体質があります。

気虚

気虚(ききょ)とは、気が不足し、ひとつの臓腑、あるいは全身の生理機能が衰退した状態です。

「脾」の気虚、「肺」の気虚、「心」の気虚、それらが重なった複合証がよく見られます。

ここでは、特に多い脾の気虚を中心に紹介いたします。

症状

  • 気力が起きない
  • 少し動くとすぐ疲れる
  • かぜをひきやすい
  • 声が小さく、話すのがおっくう
  • めまい、息切れ
  • 顔色が悪い(黄、白っぽい)
  • 下痢になりやすい(水様便、軟便)
  • 昼間、自然に汗がでる
  • 動くと症状が悪化し、少し休むと改善する
  • 舌の色が薄く、水分を含んでいる、両側に歯形がある
  • 月経期間が短く、量は多いが色が淡く、さらっとしている
  • 月経がだらだらと続いたり、不正出血が起きやすい

おすすめの食材と生薬

器に入った米やもち米などの穀物
米、もち米、アワ、大麦、ヤマイモ、ニンジン、ジャガイモ、シイタケ、ナツメ、カボチャ、朝鮮ニンジン、クリ、黒きくらげ、レンコン、陳皮、ブドウ、黒砂糖、鶏肉、牛肉、うずらの卵など。

血虚

血虚(けっきょ)とは、血が不足し、全身の臓腑や組織などに栄養と潤いが行き渡らなくなる状態です。

血を貯蔵する「肝」、血を全身に巡らせる「心」の血虚が多いです。

原因は、血を作る働きの低下や、手術後、産後、外傷後などの大出血です。

症状

頭痛で頭を抱える女性

  • めまい、立ちくらみ(貧血)
  • 動悸
  • 目のかすみ
  • 睡眠が浅く、夢をよく見る
  • 顔色が悪い(青白い)
  • 皮膚や髪につやがない、爪や唇の色が薄い
  • 手足がしびれたり感覚が麻痺することがある
  • 舌の色は白っぽく苔がない、または薄い
  • 不安になりやすい
  • 月経周期は長めで、量は少なく色が薄い
  • 月経痛が月経の後にある

おすすめの食材と生薬

ほうれん草、クコの実、黒きくらげ、黒ゴマ、黒豆、ナツメ、当帰、キンシンサイ、アワビ、イカ、タコ、マグロ、カツオ、牡蠣、ナマコ、サバ、鶏卵、羊肉、豚肉、牛肉、米、小麦、ヤマイモ、アワ、大豆、朝鮮ニンジン、ブドウ、モモ、イワシ、サバ、カツオなど。

陽虚

陽虚(ようきょ)とは、気が不足する「気虚」が続くと気虚の特徴である内臓の働きの低下に「寒」の症状が加わった状態です。

もともと虚弱体質だったりすると起こりやすいです。

症状

  • 寒がりで温かいものを好む
  • 手足が冷たい
  • 尿量が多くて透明 
  • 舌が大きい
  • 低体温
  • 足腰が冷えてだるい
  • 性欲低下

おすすめの食材と生薬

クルミ、ニラ、ニンニク、エビ、もち米、カボチャ、クリ、ヨモギ、ラッキョウ、アンズ、サンザシ、シソ、ネギ、コリアンダー、黒砂糖、八角、フェンネル、クローブ、シナモン、カショウ、朝鮮ニンジン、ベニバナ、当帰、陳皮、サクランボ、ライチ、モモ、アジ、サバ、サンマ、アワビ、マグロ、ナマコ、牛肉、鶏肉、羊肉など。

陰虚

陰虚(いんきょ)とは、体内で血や津液(体液)が不足し、体に虚熱がある状態です。

更年期の女性に起こりやすいです。

症状

  • 肌、目、唇、口の中の乾燥
  • 手足や顔のほてりやのぼせ、寝汗
  • 胸が苦しくて寝つきが悪い、布団に入ると耳鳴りがする
  • 便が乾燥している
  • 舌が乾燥していて赤く、苔が少ない
  • 短気でイライラしやすい
  • 月経期間は短めで(2~3日)量が少なく色は赤色
  • おりものが少ない
  • 痩せ気味

おすすめの食材と生薬

白きくらげ、ヤマイモ、クコの実、黒ゴマ、黒豆、マツの実、アサリ、アワビ、イカ、カニ、エビ、ホタテ貝、スッポン、豚肉、鴨肉、鶏卵の黄身、小豆、ハト麦、セロリ、セリ、キュウリ、豆腐、緑豆、ゴボウ、イチジク、牡蠣、カニ、シジミ、コンブ、アヒル、ツバメの巣など。

気滞

気滞(きたい)とは、気の運動がうまくいかなくなり、気の巡りが停滞する状態です。

主に「肝」と「脾胃(脾臓と胃腸)」で起こりやすく、瘀血(後述の体質)を伴うこともあります。

症状

腹痛でお腹を抱える女性

  • お腹が張りやすく、ガスやしゃっくりが多い
  • 胸、両脇が張るように痛む
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 憂鬱になったり、すぐ怒ったりする
  • 月経期間が不安定で、月経時はお腹が張り痛む
  • 経血量は多いか、少なくてだらだら続き、色は黒っぽい赤
  • 食欲が不安定
  • ため息をつきやすい

おすすめの食材と生薬

シソ、キンカン、カボス、スダチ、ミカン、ソバ、大根、ラッキョウ、玉ねぎ、シイタケ、サンザシ、ジャスミン、陳皮、八角、フェンネル、ナツメグ、ウコン、コリアンダー、セロリ、セリ、ハッカ、春菊、パセリなど。

湿熱

湿熱(しつねつ)とは、水分代謝機能の低下が進み、体の熱のために痰飲が粘性になった状態です。

辛いもの、甘いもの、脂っこいもの、肉の摂り過ぎ、お酒の飲み過ぎなど、美食、過食を続けると湿熱を招きやすいです。

症状

  • むくみやすい
  • 太め
  • 身体や頭が重だるい
  • 尿の出が悪い
  • 軟便で、すっきり出ない
  • 舌に黄色の苔が多く付着していてネバネバしている
  • 月経期間は正常だが、月経前にお腹が張ったり、身体がむくんだりする
  • 黄色のネバネバしたおりものが多い

おすすめの食材と生薬

小豆、ハト麦、セロリ、セリ、キュウリ、豆腐、緑豆、ゴボウ、イチジク、牡蠣、カニ、シジミ、コンブ、黒豆、大豆、スイカ、トウガン、大根、ナス、トウモロコシ、キャベツ、キンシンサイ、ワラビ、セロリ、アサリ、シジミ、ノリなど。

瘀血

瘀血(おけつ)とは、血の巡りが滞っている状態です。

「気滞」が原因となる気滞瘀血、「気虚」による気虚瘀血が多いです。

症状

  • 身体の特定の場所が刺すように痛み、夜に悪化する
  • 婦人科の疾患がある
  • 皮膚のくすみ、しみ、そばかすなどがある
  • 唇や爪の色が暗く、紫っぽい
  • 首や肩が凝りやすい
  • 舌の裏側に血管が太く浮き出る
  • 月経期間が長めで、量は多く、色は黒っぽい赤色
  • 経血に粘り気があり、レバーのような血の塊が混じる
  • 刺すような月経痛がある

おすすめの食材と生薬

中医学的に体に良しとされるクコのみなどの食材
ラッキョウ、シナモン、ニラ、ナス、コマツナ、アブラナ、黒きくらげ、モモ、サフラン、ベニバナ、黒豆、黒酢、酒、酒かす、黒砂糖、アジ、イワシ、サンザシ、当帰、カニなど。

皆さんはどの体質に当てはまりましたか?ひとつではなく、複数の体質に当てはまる場合も多いです。

おすすめの食材を積極的に摂り、健康な生活を送るよう心掛けていきたいですね。

関連タグ