ヨーコ・フジワラと酒造博明が楽しそうにサンガワイの話をしている

【3話連載】ヨーコ・フジワラ×酒造博明インタビュー 第3部:ハワイヨガ留学企画、誕生秘話!

目の前にはオーガニックファームが広がるリトリート施設。食事は3食手作りのベジタリアンオーガニックフード。ヨーコ・フジワラというカリスマヨガ講師がメイン講師として行う、ハワイヨガ留学企画サンガワイ「人生が変わる」。参加し、帰ってきた人が口々にそう言います。

3話連載ヨーコ・フジワラ×酒造博明インタビューの最終話は、この企画を0から立ち上げ、作り上げてきた2人から、このサンガワイについて語って頂きました。

【3話連載】ヨーコ・フジワラ×酒造博明インタビュー 第1部:プラクティスは裏切らない

【3話連載】ヨーコ・フジワラ×酒造博明インタビュー 第2部:ヨガを受ける生徒側の姿勢

実はサンガワイをやりたくなかった…!?

「ヨーコ・フジワラは後輩を育てていくべき人材」と語る酒造博明
「ヨーコ・フジワラは後輩を育てていくべき人材」と語る酒造博明
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
意外にサンガワイの誕生のきっかけってほとんどの人が知らないんだよ。元々僕と出会ったときヨーコって指導はしてたんだっけ?
指導はしてたね。ジムで教えるとか週に1コマか2コマとかそんな感じかな。
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
僕はサンガワイ卒業生皆に言いたいんだけど、皆がヨーコに会えたのは僕のおかげよ?(笑)最初ヨーコは、やりたくないって言ってたんだよね。だけど、僕は「ヨーコは絶対やった方がいい」って言い続けてた。

裏方としてたくさんの人に逢ってきたから、先生に逢えば短時間でその人物像やどんな哲学性を持っていて、どういう人なのかはわかってしまう。ヨーコはきっと後輩を育ててく先生にきっとなるはずだって思っていたんだよね。

だから、口説きに口説いて生まれたのがサンガワイってわけ。つまり、トレンドの流れで出来たものじゃないことを全ての人に知ってほしいんだよ。

ハワイヨガ留学はトレンドでできたものではない。実体験型ヨガトレーニング

オーガニックファームでファーム体験をしている様子
ハワイではオーガニックファームでファーム体験をする時間も。
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
ハワイで、とか海外ヨガ留学企画にヨガジェネレーションがのっかったっていう企画じゃないんだよね。僕は、ハワイじゃなくても良かったんだけど、ヨーコがいたのがハワイだったから、ハワイでやるしかないねってなったんだよ。

サンガワイの3週間はすっごい肝入り。RYTって他の会社だと値段とか立地とか受けやすさ、補講が効くとか、就職保証とかあるじゃない?

うんうん。
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
それはそれでユーザーフレンドリーでいいと思うんだけど、僕が何に重きを置いているかっていうと「誰から何を学ぶか」なの。で、何をそのときに実体験するのかが1000%大事だと思ってて。俺はそこを曲げたくないのね。

だから、僕はヨーコ・フジワラの合宿形式のサンガワイ、ライフスタイルから実体験型のヨガトレーニングを作りたかったの

ほんとそうですよね。私は当初のサンガワイは自分は脚本家だと思ってやってたのね。ドラマがあるとして、じゃあ場所はハワイにしよう、備品はオーガニックの食べ物でセットはオーガニックファームで…って。

その中にこういうストーリーを作りたい、気づきがあって、感動の3週間。汗を流し、涙を流し、痛みがあるけど笑顔があって絆ができて…って、そうなるように哲学はここに何を入れて、ここで遊びを入れてって考えてたの。

1回目はそれでうまくいったのね。結構想像に近いものができたのね。うまいじゃん私ってちょっと調子に乗ったんだけど(笑)だけど、2回目は全然違う、1回目想像したものと全然違うものができたの。だから、その時私は、失敗したって思ったんだけど。

ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
へー。そうなんだ。
うん、失敗したんじゃないかって疑いにかかったの。だけど4年経った今でも2期生の生徒も「先生、先生」って言って私のところに戻ってきてくれる。

だから、間違っていなかったんだ、っていうのをわかってきたんだけどね。これを続けてきてて思うのが、「私は舞台を用意しているだけだ」「ストーリーを作るのは参加者なんだ」ってこと。

ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
そうだね。
よくサンガワイのときに皆にも言うんだけど、1人多くてもダメだし1人少なくてもダメ。まさにこの11人だからできあがるストーリーがあるんだよね。ヨガが良いっていうのは、もう、よくわかっているから。これは、やっぱりサンガワイの良いところだなって思う。

今回、説明会をしてても、値段はどうですか?とかサポートはどうですか?って聞かれるんだけど、うちは就職斡旋とかはないし、値段だってもっと安いところがある。だけど、うちはこれだけの値段の価値があると思ってる。

ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像

ヨガジェネ代表が語る!ハワイヨガ留学企画サンガワイの4つのおすすめポイント

「サンガワイは本当によくできたプログラム」と語るヨーコ・フジワラ先生
「サンガワイは本当によくできたプログラム」と語るヨーコ・フジワラ先生
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
うん、この記事を読んでる人に言うならMIKIZOオススメポイントは4つかな。1つ目は「ヨーコ・フジワラ」。僕らは「誰から何を学ぶか」を大事にしているからね。その中でヨーコは間違いのない先生。

ヨーコから学んでほしいっていうのが僕らの想い。ヨーコと3週間一緒に暮らすことによってすごい気づきが起こると思うから。

2つ目は環境。カフマナって決して、ラグジュアリーなホテルじゃないじゃない?

うんうん(笑)もう決して、ね(笑)
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
オーガニックファームっていう環境でやる。僕らがそれを選んだ理由っていうのは、本当の意味では受けてもらわないとわからないんだけど。3食ベジタリアンオーガニックフードを食べて、夜明けとともにヨガをして、夜はヨガ哲学を語る、まさにヨガライフスタイルだよね。

24時間ヨガ漬けで、仲間と寝食を共にする。教科書を3週間かけてなぞっていくっていうトレーニングはいっぱいあるんだけど、ここまでライフスタイルによったトレーニングっていうのは他にない。だからそれを体験してほしいって思っているんだよね。

3つ目は少人数制っていうところ。ビジネス的に考えたら、大人数で開催した方が売上は立つんだけど。でも、あえて11人っていう人数で行っているのは、やっぱりヨーコがちゃんと1人ひとりを見れる人数なんだよね。

1人ひとりの人生に関わっていくってことだから。それって、受け手からしてみるとすごくリッチなことじゃない?

うん。
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
そして、4つ目の最後は「体験できる」ってこと。言葉にするとすごく薄っぺらく聞こえるんだけど、ヨーコ・フジワラという人間、カフマナオーガニックファームっていう環境、更にオーガニックファームにはそこで働いている人や現地の人たちとの交流がある。

そして「ヨガ」っていうキーワードの下に集まった11人っていう限られた人数の仲間と共に寝食を共にする。その3週間後に、発見する自分。ようするに、ハワイにびくびくしながら期待と緊張をしながら来た自分と、その3週間後にトレーニングを終えて「あっわたし…」みたいなところを、確実にゴールしていけるっていうところ。

この4つが、我々が心からオススメしたいポイントなんだよ!

声が裏返るほどね(笑)私も1つ言いたい!この「体験してもらう」っていうことなんだけど。例えばバナナを食べたことがない人、見たことがない人に、バナナの説明をするとする。

どれだけ一生懸命「バナナって黄色くて、柔らかくて、食べると口の中に甘さが広がって…」って説明したとしても、食べたことがある人の「バナナっておいしいよね」には適わないんですよね。

ヨガライフってまさにそう。本を読めばいくらでも哲学の知識なんかはついてくる。だけど、読んだだけじゃ書いてある体験をしたいと思ってもできないのね。バンダって教科書には「会陰筋締めて下腹部を引き上げて」っていう説明が書いてある。もちろん、それでバンダがわかる人も中にはいるかもしれないけど、大抵それでは体験ができない。

サンガワイでいうなら、ベジタリアン食を3食食べたらどうなるとか、3週間で人生が変わる、とか言葉でいうのは簡単なんだけど、毎日食べて、毎日体験したときの体の変化って、体験した人にしかわからない。

ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
そう!まさにそうなの!だから最後のポイントは3週間後にしかわからないんです!

RYT200って、カリキュラムの実行、それはもちろんそうなんだけど、3週間24時間ヨガのある生活を行う、行った結果、RYT200の認定が下りるってことなの。

そう。
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
それが我々のスタンス。
そうね。結果的にRYT200は取れるけど、RYT200以上のものが手に入る
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
どちらかというとギフトはトレーニングの帰国後だよね。もちろん、修了証は貰って帰ってくるんだけど、その修了証じゃない…ここ、言葉にできないんだけど、あるんだよ。
そう!3週間って長い人生で考えるとほんのわずかじゃない?だけど、あの3週間は何年っていう重みがあるの。それくらい、その3週間を大切にしてくれているんだよね。それから、期が違っても皆、会うとものの5分とかで仲良くなるの。

皆、経験が一緒だから、同じことで笑えるんだよ。私とか、トリちゃん(サンガワイのアシスタント)、カフマナとかね。

ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
だから皆来た方がいいんだよ。
うん。自分で言うのもなんだけど、本当によくできたプログラムだから。
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像

RYT200は人生で一度きり。だから相対論を語れない

サンガワイが始まった当初を語るヨーコ先生と酒造博明
サンガワイのオススメポイントを熱っぽく語るヨーコ・フジワラ先生と酒造博明
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
そう。僕は、いつもすごく、悔しいというか残念ということがある。僕は海外でヨガのトレーニングを受けたいっていう人にはすべての人にこれをオススメしたいと思っていて。

だけどそれができない現状があるとすれば、RYT200って、人生の中で2回3回受けるものじゃないんだよね。普通。

うんうん。
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
ヨーコ・フジワラのインタビュー画像
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
MIKIZOこと酒造博明のプロフィール写真
だから、相対論で語れないんだよ。みんな、それぞれのトレーニングを受けて、それぞれ素晴らしい経験をするから、皆「私はこれを受けてよかった」って思うんだよ。

だからこそ、誰から何を学ぶか、どういう環境でどういう仲間と過ごすかっていうのかっていうのを選ぶポイントにして欲しいっていうのが、ヨガジェネレーションのすべての講座選ぶポイントにして欲しいんです!

ヨガ業界の裏方として生きる決意をさせてくれた、ヨーコ・フジワラ

ヨーコ・フジワラの下でヨガを学んでほしい。酒造が熱っぽく語るその姿は、部下の私から見ても本物です。

ヨーコ先生は私がヨガ業界で裏方として生きていく決意をさせた人でした。

こんな風に人を笑顔にできる人がいるんだ。
こんな風にヨガを教えてくれる人がいるんだ。
こんな風に人を幸せにできる人がいるんだ。

この人をもっと多くの人に会わせなければ。

「初めて、講座を見て心が震えた」とヨーコ先生の帰国後、酒造の前で泣いたのを思い出します。それは、何を教えてくれているか、どんな講座をしているか、もちろん大事ですが、そうじゃない。

1人ひとりの生徒さんと向き合う姿勢。皆が笑顔で帰っていく姿。そして、サンガワイの生徒さんが「ヨーコ先生!」と駆け寄っていく姿。

その先生がいかに素晴らしい先生かは、スキルや知識はもちろんのこと。受けている生徒さんの顔が教えてくれる。私はそう思っています。毎日毎日、受付に立ってたくさんの生徒さんと逢っているからこそ言える。私も自信を持って勧められる。

ハワイに行ってきてください。

そして、ヨーコ・フジワラの下でヨガを体験してきてください。

きっとあなたの人生に大きな変化を起こしてくれるはずです。

ヨガジェネレーション講座情報

関連タグ