ヨガでストレス解消。その科学的根拠は?

ヨガでストレス解消。その科学的根拠は?

ヨガのクラスの前は疲れてイライラしていたのに、レッスンが終わったあとは、スッキリして前向きな気持ちになった経験はありませんか?ヨガや瞑想が、うつ病やストレスに悩まされている脳の緊張を緩和させる働きがあるという科学的研究結果が米国で発表されています。

研究では、日常でヨガをしている人が、ヨガのレッスンの後、脳におけるGABA(ギャバ)の値が上昇することが発見されました。では、GABA(ギャバ)とは一体何でしょう?今日はヨガとストレス緩和のお話です。

GABAはストレス緩和に関わる経伝達物質

GABA
GABA

GABA(ギャバ)って、どこかで聞いたことありませんか?チョコレートやココアの原料カカオにも含まれているので、食べ物のパッケージや成分欄で見たことがある人も多いと思います。他にも、野菜や、果物、玄米、漬物などに多く含まれています。GABA(ギャバ)とは、脳の4つの主な神経伝達物質のうちの1つであり、ストレスや不安を減少させ、他の神経伝達物質を調整するように働く物質、γ-アミノ酪酸です。

興奮した神経を落ち着かせたり、ストレスをやわらげたり、リラックスさせる働きがあります。GABA(ギャバ)はもともと体内で十分な量がつくられているのですが、強いストレスにさらされると、それを緩和するために大量に使われるために、不足しがちになります。また、高齢になっても減る傾向にあるのです。

ヨガを推進する科学的根拠

米国ボストン大学の研究では、長期間ヨガをしている8人にはヨガを、ヨガの経験のない11人には読書をそれぞれ1時間してもらい、その前後で脳内のGABA量の変化を測定しました。その結果、ヨガ群では脳内のGABA(ギャバ)が27%増加していたのに対し、読書群では変化がみられませんでした。

また、ヨガの種類に関係なく、どのスタイルでも同様な効果が認められたということです。(参考文献:石垣 英俊、 及川 彩 『デキる人は、ヨガしてる。』クロスメディア・パブリッシング)ヨガは不安症やうつ病に悩む人にとって、有益であるとい科学的な根拠を示しています。

ストレスと現代社会に増加する病気の関係

暗い部屋で膝を抱えてうずくまっている女性の姿
うつや不安障害はストレスと密接に関係

ストレスが原因であることが多いとされるうつ病や不安障害は、未だにその原因がすべて明らかになっていません。薬物治療による効果は高いと実証されていますが、副作用を伴います。毎日、薬を飲むということで、別のストレスを引き起こしたり、薬物依存症になる可能性も考えられるでしょう。

ヨガによって、よく眠れるようになったり、言われもない不安に襲われる頻度が減ったり、リラックスできたりるすことは、ストレス解消だけではなく、アルツハイマーの症状悪化を遅らせることができるとも言われています。

いかがですか?これまでヨガで体験した心身の状態について、腑に落ちた方もいるのではないでしょうか?そしてプラス要素として、ヨガを通じて似たような悩みを抱えた人たちと交流する事で、自分は“ひとりじゃない”ことを実感できることもあります。ヨガの効果、素晴らしいと思いませんか?

関連タグ