究極のリラクゼーション 『ヨガニードラ』体験

睡眠を上回るスッキリ体験!究極のリラクゼーション『ヨガニードラ』

みなさんは『ヨガニードラ』をご存知ですか?初めて体験した時からヨガニードラのファンという方も多いこのヨガスタイル。今日は、究極のリラクゼーションとも呼ばれるストレスマネジメントの技法『ヨガニードラ』について、体験クラスのレポートも交えてお話しします。

ヨガニードラとは?

眠りと覚醒の間

池で白く綺麗に咲く蓮の花
ヨガニードラは究極のリラクゼーション法

ヨガニードラは、シャバーサナと呼ばれる休息の姿勢をとりながら行うリラクゼーション練習であり、指導者の声の誘導で意識を内側にめぐらし、内観していくものです。「究極のリラクゼーション法」とも呼ばれている、ストレスマネジメントの技法のひとつです。『ニードラ』は、眠りと覚醒の間という意味で、体や心が眠っているけれども、意識が残っている状態のこと。カラダ、五感、呼吸に意識を向け、瞑想状態に入り、心地良さを感じ、深いリラクゼーションに導かれ、心身が休息していきます。

10分で1時間の熟睡に値する!?

眠りが浅い、もしくはスムーズに入眠できず、朝起きた時に体が重くスッキリしないという経験はありませんか?眠っている時は、レム睡眠やノンレム睡眠が繰り返し、夢を見ることもあるので、無意識に体が緊張しているのだそうです。ヨガニードラは、「10分=1時間の熟睡」に値すると言われています。終わった後、頭がスッキリしたという実感があるのも納得です。

ヨガニードラワークショップ体験

まずはアーサナで緊張を解く

太陽礼拝をする人たちの後ろ姿
太陽礼拝などのアーサナでまずは緊張を解く

ヨガニードラ・ファンの方が多いのか、リラクゼーションを必要としている方が多いのか、スタジオいっぱいに人が集まっていました。初めの1時間半は、アーサナのクラス。いきなり力を抜こうと思っても、体は無意識のうちに緊張してしまうので、その前にアーサナをすると良いようです。特に、ヨガニードラの前に適するアーサナは、太陽礼拝、腹筋、後屈なのだそう。

ヨガニードラ&サンカルパ

休憩の後は、40分のヨガニードラ+サンカルパを行います。全体を通してこれほど長いヨガニードラは初めての体験でした。

サンカルパ

『サンカルパ』は、「決心する」という意味で、簡潔でポジティブな言葉で、自分がどうしたいかを考え、自分自身に誓いを立てること。ヨガニードラとセットで行います。1回目のサンカルパで意識の深い所に種をまいて、2回目に種に水やりして育てていきます。

ヨガニードラ

  1. 仰向けになりシャバーサナ(屍のポーズ)で、長い時間動かないでいられるような姿勢になります
  2. 体のパーツのひとつひとつを丁寧に意識させて力を抜いていきます
  3. 数を逆から数えたり、スタジオに来るまでの行動を逆に思い出していったり、風景を思い浮かべて、体の様子、呼吸の様子、心の様子を感じていきます
  4. 意識は、スーッと遠のいたり、戻ったり、波に乗っているような感じです
  5. 最後に、深呼吸をして完全に目を覚まします
  6. その後、マントラを唱えて終了

頭の中も体の中も初期化したかのように空っぽになって、完全にリセットできました。やはり少し寝てしまいましたが、ヨガニードラは、眠ってしまうと効果が半減なのだそう。次こそ寝ずに効果をフルで体感したいと思います。みなさんも機会があればぜひ体験されてみてはいかがでしょうか。

執筆:fumi

関連タグ