笑顔の峯岸道子先生

【後編】1回で劇的な効果を実感できる「肩甲骨ヨガ」峯岸道子先生インタビュー

「1回で劇的な効果を実感できる「肩甲骨ヨガ」峯岸道子先生インタビュー」後編では、肩甲骨を動かすためにどのようなプラクティスを行うのか、オススメなのはどんな人かなどを詳しくうかがいます。続けることで、肩回りの機能性向上だけでなくうれしい「おまけ」もあるとか!? ぜひ最後までご一読ください♪

ワークアウトでは肩甲骨を大きく動かせない

肩がガチガチに固まっている人でも、ちゃんと「ゆるむ」のでしょうか?
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

むしろそういう方のほうが効果は実感しやすいと思います。肩甲骨ヨガでは、最初はあおむけに寝て、微細でとろけるような動きから始めます。誰もつらくありません。そこから丁寧にステップを積み重ねていって、後半では筋肉を大きく動かすような操作も入れていきます。

最初はどんなに固まっていても、必ず「ゆるむ」実感が得られる。そうすると、ちゃんと身体がいうことを聞いてくれるようになるんですよ。

肩甲骨まわりの筋肉を動かすなら、ワークアウトで鍛えてもいいような気がしますが?
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

ワークアウトでいくら鍛えても、それは「アウターマッスル」。外側を固めるような筋肉なので、むしろ可動性が低くなることもあります。肩甲骨は、もっと深いところにある「インナーマッスル」を使わなくては動きません。きちんとフォーカスしてゆるめれば、きつい負荷をかけたりしなくてもちゃんと動きますし鍛えられますよ。

スポーツをやる人にも肩甲骨ヨガがオススメ!

肩まわりや姿勢に悩みを抱えている人の他にも、オススメしたい人はいますか?
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

スポーツやヨガをする人にはオススメですね。スポーツなら上達、ヨガならその質を高めるためにとても有効なんです。ランニング、ゴルフ、水泳、野球……あらゆるスポーツで、肩甲骨がきちんと動かせているか否かによって記録は大きく変わります。例えばボールを投げるにしても、肩関節から腕を振るのと肩甲骨の中心から振るのとでは、ふり幅がだいぶ違いますよね?

イチロー選手や陸上のウサイン・ボルト選手は、肩甲骨の動きにすごく気を遣っていますよ。ボルト選手のクラウチングスタートを見ていると、セットに入るときに必ず一度モリッモリッと自分の肩甲骨を出して、ゆるめています。

肩甲骨は「呼吸」の影響がダイレクトに伝わる

峯岸道子先生クラス風景
峯岸道子先生クラス風景
他のエクササイズと違うのはどんな点ですか?どのあたりが「ヨガ」なのでしょうか?
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

一番大きいのは「呼吸」を重視する点です。肩甲骨は肋骨(ろっこつ)の上に載っているので、呼吸によって肺がふくらんで肋骨が広がると、肩甲骨も動きます。自動的に動かされるんです。これが骨盤など他の場所との大きな違いでもあります。

呼吸によってリラックスして……といったヨガの基本的な「ゆるめる」効果だけでなく、肩甲骨の場合は「構造」の面からもダイレクトに呼吸の影響があるわけですね!前編でうかがった即効性だけでなく、続けることで期待できる効果もありますか?
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

まず、全身のバランスが調整されることですね。肩甲骨まわりが固まっていたりつまっていたりすることで、背中、腰、脚など全身が連動して姿勢の歪みが生じます。これが解消されてきます。日常のちょっとした動作も楽になるはずです。たとえば、それまで届かなかった棚の上のものが取れるとか。

さらにオイシイおまけとして、背中についた「ぽってりお肉」がとれて「シャープな背中」になる、ということがあります。肩甲骨がよく動くようにしておけば、日常の動作で勝手に肩甲骨が動いて脂肪を燃焼してくれます。わざわざ背中を鍛えたりする必要がないわけです。

プロップスは「身体を変革させるための備品」

笑顔の峯岸道子先生
笑顔の峯岸道子先生
先生が考案された「ヨガ棒」や、プロップスを使うヨガのメリットについても教えてください。
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

ヨガ棒のメリットはたくさんあるのですが、一番大きいのは「使うことで筋肉をゆるませる」こと。たとえば肩に棒をかつぐポジションでは、担ぐことで腕を上げながらも僧帽筋がゆるめられるんです。

もう1つは「ごまかしが効かない」ということ。たとえば棒を使ってツイストすると、普段は身体を左右や上下に逃がしてポーズの形をつくっていたのが逃がせなくなります。だから最初はきつい。でも、それは本来使うべき筋肉をきちんと使えているということです。

こういったメリットは、プロップスを使うヨガにも共通しています。プロップスの使い方は無限大ですよ! ブロックやストラップにこだわる必要もなく、壁でもマットでも何でもプロップスになります。

ヨガのクラスでは「ここに手が届かない場合はブロックを置いて」といった「不足を補う」ニュアンスで指示されることが多く、使うのに抵抗がある人もいる気がします。
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

私はプロップスを「その人の身体を変革させるための備品」と考えているので、むしろ積極的に使います。「届かなければ~」と言われると、「できない自分はダメ?」と思ってしまいますよね。私は「みんな使ってみて」と言います。そうしたら抵抗もなくなりますし、得られる効果は大きいです。

DVD代わりの先生はもういらない!

顎の前で手を組み語る峯岸道子先生
肩甲骨ヨガについて語る峯岸道子先生
最後に、今後のヨガ界に願うことがあれば教えてください。
ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

日本のヨガ界に思うのは、ヨガの本質を見失わずに、質の高い指導者が日本や世界へ羽ばたいていってほしいということです。

先生の考える「質の高い指導者」とはどんな人ですか?

ヨガジェネレーションのロゴ
ヨガジェネレーションのロゴ
峯岸道子プロフィール写真
峯岸道子プロフィール写真

応用力のある、ふり幅の大きな指導者ですね。生徒は一人ひとりみんな違います。本当なら、生徒を目の前にして初めて話すことが決まるといってもいいくらいです。

TTで教わった知識を100%覚えて、流ちょうに説明できたってダメです。そんなマニュアルのようなクラスなら、家でDVDを観ればいいですよね。DVD代わりの先生はもういらないと私は思います。そういうことをもっともっと教えたいと思って、指導者養成講座などもやっているんですけどね。

まとめ

ヨガフェスタの出演でお忙しいなか、合間に取材を受けてくださった峯岸先生。それも、最後に語られた「後輩たち」への熱い想いがあるからなのだなぁと思いました。まずは肩甲骨ヨガやヨガ棒を体験して、その効果のほどを実感してみては?

関連タグ