新米ヨガインストラクターkayaの奮闘記 Vol.7

新米ヨガインストラクターkayaの奮闘記 Vol.7

初レッスン…うまくできたのかなぁ?

自分が伝えたいことも決まり、自分が学んだヨガのおさらいもしたので…いよいよ、初レッスン。

クラスの流れも、伝えたいことも、何度も何度も復習したので、もう準備はばっちり。

クラスの始め方や終わり方、お客さんとのかかわり方など、わからないことも多かったですが、

とりあえず『来てくださった方に楽しんでもらえますように!!』との思いは忘れず装備。あとは、自分が楽しむだけです。

少し緊張しながら挑みましたが、意外にもあっさり…無事終わりました。

終わってから『気持ち良かったです。』との声も頂き、しばしやり遂げた感に浸ってましたが…落ち着いたらまた新たな課題が出てきました。

時間配分や、声の大きさ、選曲、言い回しなど、いろいろ課題は見えてきたものの…もう1つ、私の中で気になることが出てきました。

生徒さんが満足したかどうかはどうやったらわかるの?

私のレッスンは…楽しんでもらえたのか?

また、お客さんに楽しんでもらえたかどうかは、どうやったらわかるのか?ということです。

幸運にも私の周りには先輩インストラクターさんが多かったので、会う方会う方に、2つの質問をしてました。

  • 新米の頃にどんな勉強・練習してましたか?
  • お客さんに満足してもらってるかどうかって…どうやって見てますか?

お客さんが満足してるかどうかを確認する方法

みなさんいろんな答えをくださいました。

  • そんなの未だにわからない
  • 気にしないようにしてる
  • レッスンが終わった時の雰囲気やみんなの表情を見る

などなど…

今日は、その中で1番、私がすんなりきたのをご紹介いたします。

その前に…ちょっと…考えてみてください。

ヨガを受けた後って…たいてい、気持ちイイです。体験などに行って『いかがでした?』と聞かれると、とりあえず『気持ち良かったです。』と答えるものです。(みなさん、そんなことないですか?)

でも、もう1回、この先生のクラス受けたいなぁ…と思うかどうかはまた別の話。その方が上手い、上手くないもあるし、相性の問題もあります。

だから、すごいと言われる先生でも、受ける人によっては合わない場合もあります。

と、ココで、もう一度、『私のヨガは、楽しんでもらえてるのか?受け入れられてるのか?』という質問に戻ります。

楽しんでもらえたか、受け入れられたかの確認方法はリピート率

私が先輩イントラさんから頂いた答えは、

担当者のイメージイラスト
担当者のイメージイラスト
リピートしてくださる方がいらっしゃるかどうか、で見なさい。

と。

担当者のイメージイラスト
担当者のイメージイラスト
わざわざ、自分のレッスンに足を運んでくれるというのはすごいこと。

どれだけ時間がある人でも、『受けたいな』と思わなきゃスタジオに行かないだろうし、例え『やせたい』と思ってる人でも『受けたいな』と思わなきゃ、ランニングするだろうし、ヨガじゃない他のクラスに出るだろうし。リピートしてくれる方がいれば、それは、そのクラスを『受けたい』と思ってくれているってこと。

kayaインタビュー
kayaインタビュー
では、リピーターが少ない場合は、そのクラスは良くないってことですか? やり方を変えた方が良いってことですか?

との質問に

担当者のイメージイラスト
担当者のイメージイラスト
それも有りだけど…やっぱり、1番は自分が伝えたいことを伝えればいいんじゃないかな?

お客さんにも、いろんな人がいるから、1つの物事をイイと言う人もいれば、そうでない人もいる。

だから、皆に合わせようとするのは無理な話。

だったら、自分が伝えたいことを伝えるのが1番。

それに、自分が好きなこと、楽しんでしていること、というのは、必ずお客さんにも伝わっているから。

ただ、それはクラスのやり方や内容についてで、技術面(アジャストやポーズの導き方など)については、日々勉強すること!!

と、教えていただきました。

ヨガは、流派によっても全然違います。ゆっくりしたい方もいれば、動きたい方もいて、1人の方でも気分によって、ゆっくりしたい時、動きたい時、いろいろあります。

リピートして頂けなかったからと言って、必ずしもレッスンが悪かったわけではない。

でも、リピートしてくださってるということは、レッスンを楽しんで頂けている、受けたいと思って頂けている、という1つの目安になると思います。

いよいよレッスンが始まりました。

次に私が考えたのは、【経験値】と【知名度】のお話。

関連タグ