前屈

多くの生徒が持つ「ヨガ=体が硬いと無理」という思い込み

 
「私、体が本当に硬いんですが大丈夫でしょうか?」「体が硬すぎて○○のポーズができないんですがクラスに参加しても良いでしょうか?」ヨガ指導者であれば耳にたこができるほど生徒から聞かれたことがあるのではないでしょうか。
 
ヨガといえば、ペタッと顔が足につくような前屈をしたり、足を首の後ろに引っ掛けたりと「とにかく体の柔軟性が高いことが要求されるのでは・・?」と、ヨガ未経験者や初心者がそのようなイメージを抱くのも無理はないかもしれません。
 
ですがヨガのプラクティスにおいて、柔軟性以外にも重要な要素がたくさんありますよね。それらを明確に、根拠を持って伝えることはできますか?
 
 

柔軟性以外に重要なこと

 
解剖学をベースとしたヨガセラピーが専門のジュディ・クラップ先生は10年間アイアンガーヨガの訓練を受けた後、アシュタンガヨガをはじめあらゆる流派のヨガを学び研究した結果、ヨガセラピーに辿りつきました。
 
そんな彼女もクラスの中で「ヨガは柔軟性が全てではない」と繰り返し説明します。彼女がクラスで「ヨガにおいて大切なこと」として主に伝えているのは下記のポイントです。

■ アライメント
■ 骨の強度
■ 相反する力や動きの利用
■ 柔軟性と強さの”バランス”
 
こうしたことについてご自分のクラスで触れていますか?ちなみに、ジュディ先生が近年これらに加えて指導に取り入れているのが「体のコアを鍛え、安定感を高めるための筋力をつけること」。とりわけ、骨盤底の筋肉に注目しているそうです。
 
 

マットの上だけじゃない!”日常生活における”体の動きはどうか?

歩く女性
 
ヨガによってポーズが上達することも重要ですが、それ以上に「ヨガによって私たちの日常における体の動きがどう変わるか?」が大切ではないでしょうか。ヨガの練習に真剣に取り組んだことのある方なら「立ったり、歩いたりといった基本動作がとても楽になった!」という経験をされたことが何度もあると思います。
 
合わない靴を履いている、いつも同じ肩にバッグをかけている、クラスで体の右側でばかりポーズのデモンストレーションをしている・・・こうしたことを通して私たちの体は常にアンバランスな状態に置かれています。
 
「ヨガとは体の不均衡をリセットし、バランスを整えるもの」とジュディ先生もおっしゃいます。また「日々の生活の中で自由に思うままに動くことができることが大切」とも。ヨガ歴は40年で現在60代のジュディ先生も、難しいポーズは取らずとも、ヨガによってしなやかで強い体を手に入れ、実に快適な日々を送っていると言います。
 
 

生徒に自分を労わるプラクティスを勧めよう

 
クラスで指導をする際、真面目で努力家な生徒ほどポーズの完成形を目指すあまり体を痛める可能性が高いでしょう。ですが、ただでさえストレスだらけの生活に支障をきたすようではあっては本末転倒です。
 
「流派に関係なく、全てのヨガプラクティスはセラピューティック(セラピー的)であるべき」とおっしゃるジュディ先生。指導者としてまずはご自分の体との向き合い方を見直し、生徒にもより自分を労わるようなヨガを伝えてはいかがでしょうか。

ジュディ・クラップ中上級者向けの継続学習!
ジュディ・クラップ先生による『ヨガセラピー指導者養成講座』(5日間)
多くの実践やワークでヨガセラピーを学ぶ

生徒の不調をケアし、怪我や痛みを予防したい指導者必見。ヨガセラピーを学ぶと、あなたのクラスが変わります。
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加