毒素排出に効果的!オススメの呼吸法『カパラバティ』

毒素排出に効果的!オススメの呼吸法『カパラバティ』

冬の間にあまり運動をせず、消化に負担のかかる食べ物や冷たいものを食べ過ぎていた方は、溜め込んだ毒素が流れでやすく、花粉症やアレルギー性鼻炎、身体がだるいなどの症状が出やすくなるのも春の訪れの象徴です。今日はこの季節におすすめの呼吸法をご紹介します。

春先こそリセットが必要

ベッドの上でクッションを抱えて横向きに横になっている女性
負のスパイラルになる前にスッキリしよう

冬の運動不足や食べ過ぎは、消化器官の働きもゆっくりなペースにしてしまうため、重めの食事を続けたり、春の眠気に任せたままダラダラとした生活をしていると、負のスパイラルに。呼吸法によってフレッシュな酸素を体内に効果的に取り入れ、体温を高め、血流を促し、身も心も清清しく軽い足取りで春のステップを踏みましょう。

カパラバティ呼吸法とは

ヨガクラスで生徒達が講師と一緒に呼吸法の練習をしているところ
ヨガのクラスでも実践されることが多いカパラバディ

カパラ(頭蓋骨)、バーティ(輝く、知識)という意味を表す言葉が組み合わさっています。直訳すると「輝く頭蓋骨」です。肺や横隔膜、腹筋を動かすため、血行がよくなり、気分がスッキリします。必ず空腹時に行います

※高血圧、心臓疾患、腰痛の酷い方は行わないで下さい。

カパラバティ呼吸のやり方:

  1. 両鼻から息を吸いお腹を膨らませます
  2. 両鼻から強く一気に吐く時に、横隔膜を引き上げ、お腹を凹ませます
  3. 1秒1回のペースを繰り返します。(肩の力を抜いて、吸う息は自然に行います)

カパラバティは、慣れるまでは慌てて行うと酸欠になりがちです。ゆっくりと自分のペースで、確実に行える範囲で実習します。寒さで固まった肩や背中の筋肉をほぐし、胸を広げ肩の力を抜き、気持ちよく新しい空気を全身に取り入れましょう。

内臓のマッサージやウエスト痩身効果もあり

お腹を出したシャツでスリムな腹筋をした女性
気になるウエストにも嬉しいことが

焚き火や暖炉の火や炭に酸素を送り込む時に使用する鞴(ふいご)をイメージするとわかりやすいですよね。身体の中に新しい空気、風の流れを生み出すのが、横隔膜であり、カパラバティ呼吸法です。横隔膜をしっかりと動かす事によって、横隔膜に接している臓器、胃、肝臓、脾臓、腎臓をマッサージし活性化させる効果もあります。腹横筋が鍛えられるのでウエストのスリミングも期待できます。

横隔膜を柔らかく保ち、酸素を多く取り入れ、脳や内臓、筋肉、細胞を活性化させ、生命力を引き上げてくれるカパラバティ。ボーっとした頭がスッキリし、直観力の向上にもなります。スタートの季節でもある春、心身ともにスッキリし、気持ちよく物事をクリアに進めていくためにも、ぜひ実践してみてください。

関連タグ