マダムYUKOと猫と数字と虫眼鏡

誕生日をヨガ数秘学で読み解く!1月生まれの取扱説明書

こんにちは。ヨガ数秘学のマダムYUKOです。

1月生まれの方へ

ヨガ数秘学は、誕生日から9つの数字を導き出し、自分という、わかるようでわからない人物の「正体を解き明かす」ためのツールです。今回の記事では、1月に生まれた方が生きやすくなるための、ヨガ数秘の教えをお届けします。

レッスンナンバー1

ヨガ数秘学では、生まれた月の数字は「レッスンナンバー」と呼ばれます。これは、課題と学びを示し、人生の中で頻繁に出てくる問題や悩みとして出てきやすい数字です。

1月に生まれた人は、レッスンナンバー1となり、1という数字に注意が必要。この記事では、何にどのように気をつけたらいいのかをお話しますね。

1ってどんな数字?

箱から飛び出す宝石とそれらを包み込むような手と眺める女性
1は、こういう数字です。

はじまり、可能性、種、独創性、独立、頑固、自分の世界、ひとり

1は、この世に最初に生まれた数字。はじまり、という意味があるのも納得ですよね。

ヨガ数秘学における1は、様々な可能性を持ち、独創性に溢れた数字。誕生日に1を持つのは、こういう性質を持っている人です。

ただ、1月生まれは、上にあげたような性質が、人生のマイナス要素となりやすいので要注意。今回は、3つの注意ポイントとしてお話します。

1月生まれの人の3つの注意ポイント

鳥籠の中に籠る人

その1:自分の世界にこもらない

1の特徴は、自分の内側に豊かな世界が広がっていること。ひとり遊びが得意で、ひとりの時間も苦になりません。ただ、こういう性質が強くなりすぎると、外の世界への興味を失ってしまうことも。

自分の世界を育み、豊かにしていくのはすてきなこと。でも、そこにこもってしまうと、あなた自身が持っている資質や強みが周囲に理解されず、もったいないことに。外の世界との関わりを、面倒がらずに楽しんで。

その2:可能性の開花

1は可能性に満ちた数字。あなた自身も、数字と同じように、さまざまな可能性に溢れています。そこで大事なのが、可能性を秘めた種のままでとどまらず、勇気を出して芽を出すこと。

1の悪い癖は、先延ばし。大事なことをすぐやらず「後でやればいいわ」と思うこと。ただ、後で。。。明日。。。来年。。。と待ってばかりだと、一生はあっという間に終わってしまいます。すべきことは今やるべし。あなたの種が芽吹き、可能性が花開くのも、そこからです。

その3:頑固に注意。

自分の主張や考えがあるのは、とてもいいこと。ただし、そこにこだわりすぎて、人の意見を受け付けなかったり、自分だけがあっていると思ったら、それはやっぱり… 困りますよね。

1は一途で一本気。まっすぐなところが魅力です。でも、時には柔らかく、折れたりしなったりするのも大事。「頑固な人」より「自分軸がしっかりある人」になりたいですよね?そのために必要なのが、こだわりをゆるめ、他者を受け入れるマインドの柔軟性です。

1はユニーク。個性的でどこかエキセントリックなのも、いいですよね!今回、お伝えした3つのポイントは、1月生まれが、1という数字の「よい面」を持ちながら生きていくためのヒントです。今月お誕生日を迎える1月生まれの人が、もっと幸せになれるよう、お祈りしています。

ヨガ数秘学の教えが役立ちますように!
マダムYUKO

関連タグ