女性ウエスト測定

くびれ美人は、内臓マッサージで叶う!慢性的な不調も改善!

キュッと引き締まったウエストライン、メリハリのある女性らしい体って、憧れますよね。でも、結局、腹筋や体幹トレーニングなどキツイ運動を続けないと無理かも・・・と諦めていませんか?

自分のウエスト、何センチか知っていますか?

40歳以上になると、健康診断の項目に追加される「メタボ診断」。日本では、ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm・女性90cm以上で、かつ血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れると、「メタボリックシンドローム」と診断されるそうです。

ですが、多くの女性は、メタボじゃないかどうかより、美しいウエストラインに憧れるのではないでしょうか。
一般的な女性のウエストの平均は60cm後半だそうですが、理想のウエストサイズは【身長×0.38】とも言われています。160㎝の女性ですと、60.8㎝となります。かなり細いですよね。

くびれの黄金比は、お尻に対してウエストが0.7が理想的とも言われています。ヒップが85㎝だと、ウエストは59.5㎝!これもかなり細い!

まずは、勇気を持って、ウエストを計ってみましょう♪

体重計に乗ってウエストを測定する女性
今の自分のことを知ることも大事!

そもそもお腹の贅肉の原因はどんな脂肪?

脂肪には、「内臓脂肪」と「皮下脂肪」があり、簡単な見分け方は「脂肪がつく場所」だそうです。おなかを中心に、内臓のまわりについた脂肪が「内臓脂肪」、腰まわり、おしり、太ももなど皮膚のすぐ下につく脂肪が「皮下脂肪」です。

生活習慣病と大きく関わっているのは「内臓脂肪」で日本人は、内臓脂肪がつきやすい方が多いそうです。そして、内蔵に張り付いているイメージですが、胃や腸の周り、腸間膜の周りに蓄積しやすく、腸間膜のまわりにつくと、落としにくいとも言われます。

つきやすく落としにくい・・・。
何かいい方法はないのでしょうか。

お腹マッサージのイラスト
食生活の改善と運動が大事!

お腹の内臓脂肪は「内臓マッサージ」で減らす!

内臓脂肪の減らし方と言えば、
・食生活の改善
・有酸素運動と筋トレ
ですが、一番効くのが、実は「内臓マッサージ」なんです!

無理な動きはなく毎日継続して続けられることにより、「ウエストが痩せた!」「1週間くらいはもつ!」と、今、話題のセルフプラクティス。マッサージと聞くと、人の手でしてもらい心と体の癒しの時間になりますが、これからの時代は、セルフプラクティス!自分の体は毎日、自分でしっかりケアすることが美容と健康に繋がってきます。

チネイザンとヨガを融合した「内臓マッサージ」

考案者の林美華先生は、チネイザンのこともしっかり学ばれています。古代中国で発祥した気功療法の一つ、チネイザン療法(氣内臓セラピー)とヨガを融合することにより、内臓を正しい位置へと誘導し活性化していく一人でできるマッサージを考案されました。
【動画はコチラをチェック!】

実際に、ウエストを参加者のみなさんに測っていただきますが、最初と最後では2~5㎝も変化が!加齢や不調で内臓が下がったりずれたりしやすいので、ヨガのポーズで正しい位置へと修正しているだけで、難しいポーズは一切していません。
これなら、くびれ美人も目指せますね!

そして、冷え性や肩こり、腰痛、生理痛、腹部の張りや浮腫み、慢性的な疲れも解消できるので、不調改善、肌ツヤもよくなってくるので美容にも効果的!

今年の夏は内臓マッサージで「くびれ美人」を目指しましょう♪
定期的に体験クラス開催しています。

【内臓マッサージの講座はコチラをチェック!】

関連タグ