マダムYUKOと猫のイラスト

実現へ向かって一歩踏み出す!ヨガ数秘学5月のマンスリーナンバー

数秘学マダムYUKOです。

生年月日の数字から導き出した9つの数字を使い、その人の性格、強み、注意ポイントなどを読み解くヨガ数秘学。パーソナルイヤーナンバーからはその年にすべきこと、パーソナルマンスリーナンバーからは、その月にすべきことがわかります。

ヨガ数秘学は万能なのか?そうかもしれません。

社会の様子を読み解くことができるのは、グローバルマンスリーナンバー。個人だけでなく、社会の動きまでわかるヨガ数秘学は、とにかく実践的で便利な教え。生活にすぐにいかせます。

今回は、2021年5月の月の数字、グローバルマンスリーナンバーについてお話ししますね。この数字は、わたしたちに何を伝えてくれているんでしょうか?

グローバルマンスリーナンバーの計算方法

まず、今月のマンスリーナンバーを計算します。

2021年5月
2+0+2+1+5→10
 
2021年5月のグローバルマンスリーナンバーは「1/10」です。

5月のグローバルマンスリーナンバーの1/10ってどんな数字?

5月のマンスリーナンバーの数字

ヨガ数秘学の特徴のひとつは、10という数字を使うこと。他の数秘学では10は1にすることが多いですが、ヨガ数秘学ではそのまま使います。ただ、イヤーナンバーやマンスリーナンバーは少しイレギュラー。1と10の両方のエネルギーを持つ、ということで1/10と表記します。

1/10の月である2021年5月は、1の「はじまり」と10の「実現」の両方のエネルギーを持っています。

何かをはじめるときには、フレッシュな気持ち「1」と、実現したときのイメージ「10」があった方がいいですよね?何もわからず手探りでやっていくにしても、先の方に、小さくても明かりが見えていた方が、勇気を持って進めます。1と10の関係って、こんな感じです。

2021年5月の社会の動向は?

人々とその頭上に浮かぶクエスチョンマーク

今後の社会と、わたしたちがどうありたいかの方向性を定めるべき月です。2021年の残り8ヵ月をどう過ごし、年の終わりに何を得るのか?その明確なヴィジョンを定め、実現へ向かって一歩踏み出す月。

そこで大切なのが、前月の4月までのエネルギーをいったんまとめ、終わりにすること。不必要なものは手放し、身軽になって、新しく10/1のサイクルをはじめていくこと、です。

ただ、そこで心配なのがコロナの状況。いまだ事態は収束せず、社会は落ち着いていませんよね。緊急事態宣言にしろ蔓延防止措置にしろ、政府が出した政策に、民がいまいち協力しない… という傾向も色濃く出ています。

何にでも言えることですが「はじめの一歩」はとても重要。あいさつが大事なのは「最初に」するものだから。スタート時のエネルギーは、後々まで続いてしまう。今月のつまづきは、今後の社会に大きな影響を及ぼしかねないのです。

数字の流れで行くと、7月に行われるオリンピックの月に、混迷を極めそうなのも気になるところ。一体どうなることなのやら… 。

ただし、わたしたちにできることは、はっきりしています。それは、未来を思い描き、それを実現するイメージを持つこと。イメージ通りの社会ができるよう、ひとりひとりが賢明な行動選択をすること。他人ごと、ではいけません。社会ごとは、自分ごと。どうすべきなのか、自分の頭で考えましょう。

またお会いしましょうね!
マダムYUKOより。

関連タグ