夢を叶える秘訣はこれだった!事業プランを立ててみよう!

【ヨガイントラ必読】夢を叶える秘訣はこれだった!事業プランを立ててみよう!

ヨガの情報番組『YOGI’s CHANNEL』を動画で見る

ヨガの情報番組『YOGI’s CHANNEL』をテキストで読む

税理士・公認会計士である、松田眞理先生をお招きし、「気になるお金のお話」をお聞きしている、このシリーズ。これまで、「まだ間に合う!確定申告!」「次の確定申告までにしておきたいこと」といった確定申告についてお聞きしてきましたが、最終話の今回は、ヨガインストラクターを仕事にしていくための夢の計画書「事業計画書」についてお話を伺いました!

ヨガインストラクターとして、叶えたい夢がある人は必読です!
 

女性はお金と向き合うのが苦手?!必要なのは事業計画

会社設立freee(フリー)の事業計画書
日本政策金融公庫の事業計画書
では、今年はどんなプランで動いていったら良いのでしょうか?
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
そうですね。私も今まで何百人、1000人近くの方の仕事を作って来たっていう経緯がありますが、特に女性の方はお金に向き合うことがちょっと苦手、想い先行型で起業して活動しているんですよね。
あはは、はい。心苦しい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
蓋を開けてみたら赤字だった、立ち行かなくなったというケースをたくさん見てきました。やっぱり自分がどこに行きたいかというプランニングをしていただきたいんですね。事業計画書って聞くと、ちょっと、皆さん。
うーん、難しそう。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
ね、難しそうだし、「私は借入れしないから必要ない」と思われがちなんです。でも、実は事業計画の中には宝物がすごくたくさん詰まっています。収支計算書といわれる、この先、例えば1年間、3年間、あなたが活動した結果、どういう数字で物語が書けますか?というプランニングしていただきたいんですね。
はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー

なりたい夢を描く!1年間の計画をしてみよう!

夢の300万円を実現するために事業計画書を作成しているヨガジェネレーション・エンジニア吉川祐生
夢の300万円を実現するために事業計画書を作成しているヨガジェネレーション・エンジニア吉川祐生
松田眞理先生
松田眞理先生
具体的には、この1年間、1月から12月まで、どれだけの売上でどのくらい経費がかかって、毎月々、いくら利益が出るのかっていうのをまず、書いていただく。
はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
これはその現実的なもので構いません。ヨガティーチャーをされている方は、1レッスンいくら、ひと月に何レッスンするから、お客様は何人、なので今月はいくら売上があがる。そして、借りているスタジオ代や諸経費を引いたら利益がいくら出るっていうのを積み上げていくと、1年間の計画が出ますよね。

そして、それが果たして皆さんの夢を描いているものなのか、っていうのをもう1回見ていただきたいんですね

はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
例えば年間に積み上げていったら、売上300万でした。諸経費引いたら、半分の150万円でした。それは私の描いた夢通りなのか。それでOKだったら、まずそこでOK。

もし、売上がもう少し低く、100万円、利益50万でした。という結果になったとします。これが私が描いた夢とはちょっと違うなということなら、そのギャップをどのように次の1年間のスケジュールの中に埋めていくかってことを再度やっていただきたいんですね。

はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
今2つのケースが出たので、夢のコースが300万売上コースで、現実が100万円コースだったら、その差200万円の売上を次の1年間、どこでどのように埋めていくか、中にはじゃあ1レッスンの金額を上げようっていうアイディアが出てくると思うんですね。
はい、そうですね。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
次のアイディアは、生徒さんの人数をもっと増やそうとなります。ただこれって、急に値段を上げて生徒さんがたくさん増えることは、現実的ではなかったりするんですよね。
そうですね。
kayaインタビュー
kayaインタビュー

収入の柱を増やす!ヨガクラス以外のアプローチ方法を考えよう!

夢を実現するためのアプローチ方法を考えながら事業計画書を作成
夢を実現するためのアプローチ方法を考えながら事業計画書を作成
松田眞理先生
松田眞理先生
なので、どういうプランニングをしていくかっていうと、その単価掛ける生徒さんっていう、その仕組み以外に何か別のアプローチで、例えばワークショップをするとかイベントをするとか、違う形の収入の柱を作るってこともブランディングの中に入れて欲しい。
はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
例えば、ワークショップ。私の実例を交えてお伝えすると、私は去年まで女性起業家向けの塾を開催していました。『私の仕事プランニング講座』といって4ヶ月間で仕事を作って、その仕事のプランニングをして、実行に回して、それをぐるぐる回すという講座。
はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
そこに、いらっしゃってたヨガの先生はすでに10年くらいされていた方だったので、ベースがあったんですね。そのベースに基づいて私が提案したことは、その方が伝えたいことを元に計画をしていったんです。

例えば、ミネラルがヨガの相乗効果を高められるということを彼女はお伝えしたいっていう想いがあったので、お塩を使ったワークショップをプラスしたり、あとは酵素ジュースのワークショップ。酵素を手作りし、自分で常在菌を入れ、愛おしみつつ作ることで瞑想の効果を得られるワークショップですね。そういったワークショップを付随的に付けていったんですね。

ヨガとは別にってことですね。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
えぇ。ヨガとは別に。プロモーションっていろいろな方法があると思うですが、ヨガを単純にそのまま宣伝するよりもワークショップをしていると新しい生徒さんが来てくれる。そこから関係性ができて、生徒さんが増えましたということに繋がるプランの立て方もできます。

目標設定期間はどれくらい?まずは1年で考えよう!

まずは1年間の目標を設定してみよう!
まずは1年間の目標を設定してみよう!
途中で1個気になったんですが、目標ってどのくらい(の時点)で決めるのが妥当なんですか?
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
そうですね、私たち人間の特性として、あまり長期だとやる気をなくなってしまうんですよ。
例えば、1年後の金額の目標の場合に、自分が設定している目標が高すぎるのか、低すぎるのかっていうのは皆さんどうやって決められているんですか?
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
私と接点がある方は、私にフィードバックをというケースもあるかと思うですけれども、そのご自身でプランニングを立てる場合は、ご自身のその使える経営資源っていうか、例えばその1年間で300万の目標が妥当かどうかって、その方によって異なるじゃないですか。
【経営資源】経営に必要と思われる資源
【経営資源】経営に必要と思われる資源
松田眞理先生
松田眞理先生
時間はたっぷりあるし、生徒さんの見込み客もたくさんいらっしゃる。だったら300万ってすぐ達成可能ですよね。本当に1年間で見込めるのかということです。
お子さんがまだ小さくて時間もそんなに割けない、でそんなに値段も急にあげられないし、ワークショップをするって言っても、まだそんなにプロモーションで伝えられるツールがないということであれば、やはり現実的なのは売上100万なんじゃないか?と考えられますよね。
じゃあ、現時点とこの1年間でどのくらい使える時間とか資源とかがあるかみたいなところを基準に考えていく感じですかね?
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
そうですね。あとはその自分がどのくらいの短期間で達成したいかっていうその想いも大きく影響はしてきますね。
はい、わかりました。ありがとうございます。
kayaインタビュー
kayaインタビュー

想いを形に。マネープランはヨガ講師活動の通信簿

夢を叶えて喜ぶ、ヨガジェネレーションのエンジニア吉川祐生
夢のコースを実現しビールで乾杯をする、ヨガジェネレーションのエンジニア吉川祐生
松田眞理先生
松田眞理先生
私がお伝えしたいのは、そのお金って、決して怖いものじゃない、味方につけて、味方についてもらってほしいもの、なんですね。
はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
具体的には、今日プランニングっていうところからお伝えしましたけれども、きちんと向き合う、そのために絵を描いていただく、お金についてプランニングという形でもいいですし、その自分が達成したいっていうところをお金で表現する、数字で表現するっていうところを続けていって欲しいんですね。

それは決してその数字が、独り歩きするものではなくて、皆さんの活動の結果がそこに集約される。

はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
だからあくまでお金というのは1つの言語であって、その裏には物語があるんだっていうことを常に意識してほしいんですね。で皆さんもそのヨガを生徒さんに、お伝えしたいという想いって、その自分のエネルギーだったり波動だったり、この想いを伝えたいというの原動力がもともとあったと思うんですね。

それと同じで皆さんの想いを、あくまでその数字という形でちゃんと表現してほしいんです。最終的には具体的には売上を伸ばす、生徒さんの数が増えるということにつながるので、そこは奥せずトライしていただきたいっていうか、まあまあ私はたくさんそういう方を見てきたので、きちっとお金で表現して向き合って、それをご自身の活動と合わせて、通信簿的なものとして。

通信簿!はい。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
そして、向き合うことを続けていただけたらなと思います。
はい、分かりました。
kayaインタビュー
kayaインタビュー

お知らせ:チャリティーイベントを開催します!

では、最後に何かお知らせはありますか?
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
5月19日(日)にチャリティーイベントを考えています。

場所はさいたま新都心というところになるんですけれども、もしよろしかったら皆さん、お問い合わせいただければと思います。

お金のセミナーですか?
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
お金も関係してきますが、いろんな方が参加して、とても面白いチャリティーイベントを考えておりますので、よろしければ。
はい、ありがとうございます。
kayaインタビュー
kayaインタビュー
松田眞理先生
松田眞理先生
ありがとうございました。
本日の『YOGI’s CHANNEL』は以上となります。最後にヨガジェネレーションからのお知らせがあります。

ヨガジェネレーションでは、LINE@をはじめました。

ID検索のところから@マークを付けて、ローマ字で「yogagene」で検索していただくと、お友達になってい ただけます。毎朝8時にヨガ占いとヨガの最新情報が送られてきます。

それでは、本日のゲストは、松田眞理先生でした。ありがとうございました。

kayaインタビュー
kayaインタビュー

関連タグ