1423502_59808811 (3).jpg

ヨガ中に水を飲むポイント(常温ヨガ編)

こんにちは!
水のプロ、Noriです☆

前回のvol.2のヨガ中に水を飲むポイント(ホットヨガ編)はいかがでしたか?

ちなみに私は毎日3リットルの水飲み健康法実践者です。
バッグの中には常に500mlのペットボトルが2本入っています。
抜き打ちチェックして頂いてもOKですよ!
朝のバッグは重いですが、帰りには飲み干して軽くなっているので大丈夫です。

さて、今回のvol.3のテーマはヨガ中に水を飲むポイント(常温ヨガ編)です。

ホットヨガでは汗を沢山かくので水が大切だということはどなたもわかると思いますが、
常温ヨガ中に水を飲むポイントとはなんでしょうか?

それはこちらの三つです。
①水はレッスン途中よりもレッスン前か、終了時に沢山飲む。
②水の種類は常温の軟水を選ぶ。
③一気にゴクゴク飲むより、こまめに何回も飲む。

まず一つめの理由として、
vol.2でも述べたように、汗をかきやすくするためにもレッスン前に水をとりましょう。

さらに、水は身体の熱を冷ましやすいです。

レッスン途中で水をゴクゴク飲むことで、
せっかく動いて身体の中に熱が生まれてきたのに、それを冷ましかねません。

レッスン途中で飲む水は、
ゴクゴク飲む必要がないように始まる前に十分な量をとり、レッスン途中に喉が乾いたときは喉の乾きを潤す程度に。

そしてレッスンが終わったあとにも沢山の水を飲んであげましょう.

1418961_49631052.jpg二つめの理由として、
飲む水は常温の軟水を選びましょう。

ダイエットには硬水がいいとか色々と聞きますが、私達日本人にとって一番飲みやすい水は軟水です。

後程水の種類について詳しく説明しますが、
私たちが暮らしている日本の水は、地域差もありますが、平均して軟水です。

小さいころからずっと慣れ親しんで飲んでいる水が一番自分の体になじみやすいのです。

身体に水を取り入れてあげるには、
やはり自分にとって一番飲みやすい水を選んであげたほうがスッと身体に入ってきて、吸収しやすいのです。

これまでに私も様々な種類の水を飲んできましたが、
飲みにくい水を無理して飲むのは・・・なかなか大変でした。

そして、身体の中を冷やさないためにも、
冷蔵庫の中でキンキンに冷えた水ではなく、常温の水を飲みましょう。

三つめの理由は、水はこまめに何回も飲むようにしましょう。

コップ一杯の水は30秒で血液に届き、
1分以内に身体の大切な脳組織や生殖器に運ばれ、
10分以内に身体の一番外側の皮膚組織に届きます。

一気に大量の水分を取り入れるよりも、
こまめにちょこちょこと水を身体に取り入れてあげることで、
常に身体を水で潤った状態にしてあげることができます。

また、一気にゴクゴク飲むよりも何回にもわけてこまめに飲むほうが無理なく水を飲めますよね!

身体になじみやすい水をいつでも飲める場所に置いてヨガを始めてみてください。

ヨガマットと水はセットですよ☆

次回は・・・
「身体の中での水の働き」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加