<東京>産後ヨガ指導者養成講座(4日間)開講!|講師:サントーシマ香

<東京>産後ヨガ指導者養成講座(4日間)開講!
講師:サントーシマ香

ヨガジェネレーション主催

日本人特有の産後の身体・心の悩みにヨガで寄り添う!
産後のリラクゼーションとリカバリー
講師:サントーシマ香

【2017年・東京】
3月13日(月)〜16日(木)の4日間 空き枠2名!
※2017年夏よりサントーシマ香先生が海外に引越されるため、上記以降の開催に関しては未定です。2017年内は上記が全ての予定です。

【場所】
東京・オハナスマイル ヨガスタジオ 祐天寺店
 
【受講料】
97,200円(税込)※事前お振込制
※この参加費には、トレーニング費、教材費、修了書発行費が含まれます。

2013年に第一子を、2016年夏に第二子を出産されたサントーシマ香先生による産後ヨガ指導者養成講座の開催が決定!

出産後、可愛い子どもが生まれ周りからは幸せ真っ只中に見える一方で、母親となった女性たちが想像以上に悩みを抱えている時期でもあります。産後クライシス、産後うつ、想像していたよりも子供は泣きやまない、パートナーは子育てを手伝ってくれないなどの悩みもよく聞きます。

事実、今まで当たり前のようにできていたことも子供がいるだけでできなくなり、自分のための時間をとることもできず神経を疲れさせてしまう方も多いのが、日本の産後ママたちの現状です。

生まれてきた赤ちゃんと、ゆっくりと時間を育みながらぎゅっと抱きしめて生活していく。そんなことを夢見ていたのに、1人の子育ては不安でいっぱい。ついイライラ、メソメソしてしまうことも。同時に「変わっていく身体もこのまま放っておいて良いのか心配」といった声も。

大切な赤ちゃんのためにも、忙しい中でも安心して、愛おしい気持ちを大切にできるママに増えていただきたいと想うからこそ、今、私たちはサントーシマ香先生の産後ヨガをより多くのかたに伝えていきたいと考えています。
 
※現在のところ定期開催の予定はありませんので、この貴重な機会をお見逃しなく!
※講座修了者には、修了書が授与されます。(ただし全日程の参加が必須となります)
※講座中の録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力お願いいたします。
※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
 
 

産後ママたちの悩み

<東京>産後ヨガ指導者養成講座(4日間)開講!|講師:サントーシマ香□おりものの生理についてこれで正常なのか心配
□抜け毛や尿もれなどカラダの変化や体型の変化が不安
□ストレス発散したいけれど時間がない
□産後にやっておくべきことがあれば知っておきたい
□2人目の子供を考えているので、産後の過ごし方を知っておきたい
□ママ友は作るべき?どうやって?
□胸のハリや眠気との戦いをどう乗り越えたら良いのかわからない
□食欲のコントロールがうまくできない
□もっと子供に優しく接したいのにイライラしてしまう
□初めての子育てで不安がいっぱい
□ずっと睡眠不足で神経がすり減ってしまう
□子供が可愛いよりも責任感で潰れてしまいそう
□1人で子育てしていると不安でついメソメソしてしまう
□夫がわかってくれない

などなど、産後は、出産前の”元の状態”に戻るわけではなく、”産後の身体”へと変化しています。

1人ひとり悩みは異なります。1人で悩みを抱えている女性には、ぜひこの4日間で産後の過ごし方を学び安心して過ごして欲しいと思うと共に、ヨガインストラクターさんには、こんな悩みを抱える女性に出逢った時、その不安を解消するアドバイスができる先生を目指していただきたいです。
 
 

産後ママに必要な2つのポイント

<東京>産後ヨガ指導者養成講座(4日間)開講!|講師:サントーシマ香
次の妊娠・出産を考えている場合や、子育てに必要な体力を養うため、またご自身の将来に備える意味でも、産後の時期をどう過ごすかは将来においてとても重大な意味を持ちます。そこで、この講座では下記の2つに焦点をあてて開催していきます。

「リラクゼーション(癒し)」「リカバリー(回復)」

慣れない環境の中ですり減っていく神経をリラックスさせながらも、産後で衰えがちな部位に対して必要な動きをおこない、必要な負荷をかけることで身体を回復させていきます。”妊娠前の心身”よりも、”妊娠・出産を経たからこそ得られる心身”へと母親となった心身を慈しむためのヨガを学んでいただけるプログラムとなっています。
 
ヨガのアサナ(ポーズ)に留まらず、インドの生命科学であるアーユルヴェーダの知識・実践も取り入れ、産後の生活に生かして頂く方法もお伝えしていきます。
 
 

講師は自身も2児の母であり、生後半年の子を抱えるサントーシマ香

<東京>産後ヨガ指導者養成講座(4日間)開講!|講師:サントーシマ香

講座を担当するのは、日本人独特の文化や子育ての環境を今まさにご自身も体験しているサントーシマ香先生。

香先生は「ムーンサイクルヨガ」という女性の月経やホルモンに寄り添うヨガを考案されております。本講座はムーンサイクルヨガの中でも特に「産後」に焦点をあてた内容となっており、「月経サイクル」や「生涯を通じてのホルモンバランス」についても学べる講座です。

「産後の子育てを楽しみたい」
「産後の疲れを残したくたい」
「まだまだ次の子も視野に入れている」
といったかた、またはそういった方に向けてヨガを指導できるヨガインストラクターを目指している方にオススメの講座です。
 
  

この講座だけ! 他の「産後ヨガ指導者養成講座」とは違う講座の特徴

「リラクゼーション(癒し)」「リカバリー(回復)」に加えて下記の特徴があります。これらは講師であるサントーシマ香先生がヨガニードラ指導者としても活躍されており、ご自身も2児の母だからこそ提案できること。日本の「産後ヨガ」をもっと身近に取り入れやすく、効果的におこなえるプログラムになるよう考えられています。

1.ヨガニードラやマインドフルネスでストレスマネジメントを実践

ホルモンバランスや生活が一変し、ストレスを感じやすくなる産後の時期だからこそ、ストレスマネジメントとしてヨガニードラやマインドフルネスを、いかに活用していくかをご紹介します。

2.自宅でもおこなえる短いシークエンスを提案

日本で開催されている産後ヨガのクラスは「赤ちゃん連れヨガ」になりがちです。クラスでは、あちらで赤ちゃんが泣いたり、こちらで授乳が始まったりとクラスの統一性を維持することが難しいことがあります。

本講座で提案するのは、クラスの中で短いシークエンスを繰り返し練習する方法。この方法であれば、赤ちゃんが落ちついたらまた練習に参加することができる上、学んだシークエンスを自宅でおこなってもらうことができます。朝、洗濯を干す時にベランダで、寝る前に布団の上で、授乳しながらできるリラクゼーションなど、いつでも取り入れることができ、隙間時間にセルフケアをしてもらうことが可能になります。

3.日本で「産後ヨガ」をおこなう環境に対応

日本での産後ヨガクラスの多くは、公民館や地区センターでサークルという形で実施されることも多くあります。その場合「プロップがない」「ヨガ自体が初めての方がほとんど」など、必ずしもヨガをおこなうためのベストな環境ではないことも。そんな環境でも、安心して同じような効果を感じてもらえる産後ヨガの指導法をお伝えしていきます。
  
  

4日間で開催する意味

この講座は20時間で開催されますが、通常20時間であれば3日間に凝縮して開催することも可能です。

ですが「一気に知識を詰め込むのではなく、ゆっくり考えて体験しながら学んで欲しい」との香先生の想いにより、1日あたりの時間数を短く、日数を4日と長めにとって開催いたします。ぜひその日に学んだ内容をご自宅に持ち帰り、ご自身の生活に取り入れながら身につける時間にしていただけけたら嬉しいです。
 

産前産後に! 著書:「おうちヨガプログラム」も好評発売中

おうちヨガプログラムマタニティから産後まで使える おうちヨガプログラム

・人気の「おうちヨガプログラム」シリーズ、待望のマタニティ&産後ヨガ
・おなかの赤ちゃんが見える:胎児の透過イラスト入りでポーズを紹介しています。おなかの赤ちゃんを感じながらやってみましょう。
・産後バージョンも紹介! もちろんDVDの動画入り:大仕事を終えた産後のからだをケアするのも大切。DVDで動きも確認できます。
・マタニティ&産後ママのためにつくった珠玉のプログラム:妊娠中でも産後でも、たっぷり使える5つのプログラム

■→Amazonにて購入

 
 

産後ヨガ指導者を目指す方、または受講を検討しているかたへのメッセージ

妊娠・出産というのは大きなライフイベントであり、その影響は一過性ではなく半恒久的に続きます。昨年オーストラリアの婦人科医であるOscar Serrallac医師が提唱し、オンラインで話題になったPostnatal Depletion(産後疲労)の概念は、出産とその後の育児で女性が心身ともに極度の疲労感に悩まされること ー それが産後1年の限定的なものではなく、人によっては7年から10年もの長期にわたる ー という例を取り上げており、これには個人的に深く考えさせられました。

少し自分の話になってしまうのですが、第一子の産後6週目、極度の疲労感とあちこちの痛みを抱えて出かけた産後検診で、医師から「問題ないですね。普通の生活に戻って良いですよ。」と言われ何とも言えない思いをしたことがあります。この時に感じた何とも言えない思い、が今回の産後ヨガ指導者養成講座を開催する動機の一つになっているような気もします。

産後の女性が置かれた状況はそれぞれ違います。ただ皆がこれまでない程、一生懸命頑張っていることは疑いようのない事実です。母性神話が根強い日本では、他の人に赤ちゃんを預けて自分が休むことを後ろめたく感じる風潮も諸外国より強く、ママというアイデンティティーが加わる産後は自分自身をケアすることまで手が回らないことも。

これまで産後ヨガを指導してきた経験、そして自分自身が二度目の「産後期」を過ごす中で理想の産後期について正解を出すことはできません。

ただ「今日の私は元気で、よく笑った。心を開き、きちんと『いる』ことができた。今日限定の赤ちゃんのとびきりの可愛らしさを見つめて過ごすことができた。思う通りにならないと思うこともあったけど、自分自身に対しても赤ちゃんや周囲の人に対しても、優しさと共にあれた良い一日だった」と寝る前にニッコリと思い返せるような日々を重ねていくことで、ふっと気づくと相対的に楽な日が増えてくるものなのではないかと思っています。

そのために産後ヨガができることは心身のコリをほぐす時間を提供すること。安心してもらうこと。

赤ちゃんばかりが話題の中心になってしまう産後期ですが、ママである女性自身も心柔らかくハッピーであることが長く続く家族の幸せの元であることは間違いありません。適度に力を抜いて、この特別な時期をゆるゆる楽しむことをクラスの中で生徒さんへ、そして指導者である自分のカラーパレットの中に足していただけたら、と願っています。

祐天寺近辺の託児所のご案内
kids_oasis(キッズオアシス)
スマイル保育園
※託児に関してはご案内のみとなりますので、弊社での責任は一切負いかねますのでご自身の判断の下でお願い致します。

講座内容

産後ヨガ指導者養成講座 2017年3月13日(月)〜16日(木)(4日間)

<講座内容>

この産後ヨガ講師養成講座では、赤ちゃんを産んだ後の特別な時間を過ごす女性にとって、安全で効果的で楽しんでもらえるヨガを指導できる産後ヨガ講師を育成することを目的とします。妊娠、出産、産後は一連の流れですが、現代日本では産後女性のケアはイマイチ不足している感が否めません。長時間労働のパートナーや高齢化する両親、バリアフリーとはほど遠いパブリック・スペースなどから、子育てはうっかりすると孤独なものになりがちです。都市部を中心に多くの女性が高齢で出産をしており、回復が十分で無いまま前更年期を迎えてしまうことも指摘されています。

ヨガは心身を調整し、内在する喜びに私たちを結びつける実用的な技法です。そして赤ちゃんは、男性の最も純粋なエッセンスと女性の最も純粋なエッセンスが融合して生まれた、最も尊く美しいもの。赤ちゃんと共に過ごす産後の時間が、リラックスした幸せなものであるように、心身をサポートする様々なヨガの技法(ポーズ、呼吸法、瞑想、リラクゼーション)とアーユルヴェーダの知恵(セルフケアと食事)を学び、産後ヨガの指導に活かしましょう。
 
 
<講座プログラム>

理論:
・産後の女性が迎える解剖学的、生理学的な変化
(A:産褥期 B:産褥期明け~6ヶ月 C:6ヶ月以降)
・産後ヨガができること、できないこと
・産後ヨガ指導法:クラスの構成立て、空間や時間への配慮、禁忌について

実技:
・産後女性のヨガセラピー(乳腺炎の予防と授乳サポート、仙腸関節痛、座骨神経痛、首肩のコリ、コアの回復(骨盤底筋群、腹筋群)、冷え、免疫の低下、慢性疲労、気持ちの落ち込み、体型の戻りが悪い、自律神経のバランスなど)
・プラナーヤマ(呼吸法)とバンダの活用術
・帝王切開術後の心身のケア
・産後ヨガニードラ、赤ちゃんと一緒にできる瞑想

Off the mat:
・アーユルヴェーダ的な産後の食事とセルフケア
・マインドフルネスな育児について
・産後クライシスについての考察

※本講座はサントーシマ香先生によるオリジナルの内容となっております

講座概要

日程

2017年
3月13日(月)〜16日(木)の4日間
※2017年夏よりサントーシマ香先生が海外に引越されるため、上記以降の開催に関しては未定です。2017年内は上記が全ての予定です。

時間

9:30〜15:30(途中休憩1時間、合計20時間)

講師

サントーシマ香

定員

24名

会場

オハナスマイル ヨガスタジオ 祐天寺店
東京都目黒区祐天寺2-9-4 虎ノ門ビル2F
■→アクセスはこちら

受講費

97,200円(税込)
※この参加費には、トレーニング費、教材費、修了書発行費が含まれます。

参加対象

・ご自身の産後期の過ごし方を知りたいかた
・産後期でお困りのママたちをサポートできるヨガを学びたいヨガインストラクターのかた
・助産師さんなど産後の女性をサポートするヨガを学びたいかた

※大変恐れ入りますが、本講座は女性のみとさせていただいております。

持ち物

動きやすい格好、ヨガマット(レンタルは300円 ※要予約)、筆記用具
※ヨガマットをレンタル希望の方は通信欄に「ヨガマットレンタル」とご記入ください。

【ご予約・お問い合わせ】
この講座のご予約・お問い合わせは下記フォームよりへお進み下さい。
<お申込み時の注意事項>

お申込み時のメールアドレスが、携帯電話アドレスの場合、お申込み後の自動送信メールが届いていないケースがございます。申込み後「ご予約・ご入金受付の完了メール」が届いていない場合は、迷惑メール対策設定にて、「yoyaku@yoga-gene.com」からのメールを受信許可に設定の上、「yoyaku@yoga-gene.com」までご連絡ください。

※ご登録はYahoo!メールやhotmail、gmailなどのフリーメールアドレスをおすすめいたします。

講師紹介

講師

サントーシマ香 プロフィール
Kaori Santosima
サントーシマ香

ヨガ講師/アーユルヴェーダ・セラピスト2005年、バークレーYoga Mandala Studio
にて全米ヨガアライアンス認定インストラクター講座を修了、同スタジオにてインストラクターの活動を開始する。その後インドに渡り、「ティラック・アーユルヴェーダ大学」にて医療従事者向けアーユルヴェーダ・コース修了。2008年に拠点を日本に移してから現在に至るまで、各地でヨガとアーユルヴェーダのワークショップを開催。コンテンツ執筆や、書籍/雑誌の監修、ラジオでのヨガ番組制作、外国人ヨガ講師の来日企画およびコーディネイト、通訳/翻訳、ヨガウェアのプロデュース、オーガニック製品のモデルなど幅広い分野におよぶ。「ヨガピープルアワード2014」女性インストラクター部門受賞。著書「カラダがかわる
たのしい おうちヨガプログラム」シリーズ(高橋書店)は20万部を突破し、現在最も売れているヨガ本となっている。近著に「サントーシマ香のやさしいムーンサイクルヨガ」(主婦の友社)。

2013年に第一子、2016年に第二子を出産。命そのままの持つ素晴らしさに触れたことから、現在はヨガとアーユルヴェーダの恩恵を生活に統合すること、スローダウンすることをテーマに日々を過ごしている。
ウェブサイト:サントーシマ香

お申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加