ママと添い寝している赤ちゃん

ママイントラへの道 Vol.5 -涙、涙の初上京-

初めての上京になぜか晴れない心

家族に温かく見送られ、直感で決めたクリパルヨガの土日集中コースを受講しに、いよいよ初めて1人で東京へ学びに行くことになりました。しかしこの10年間、ずっと専業主婦で1人で出かけたことなどなく、いつも赤ちゃんを抱っこしているか、小さな子の手を引いていた私。

新幹線に乗っても、スタジオに着いても、講義が始まっても、心の中では家族のことが気になって気になって仕方ありません。講義はとても素晴らしく、私がさまよい求めていた答えをいただいたようでとても満足していましたが、これは私のワガママじゃないのかな?とか本当にここへ来てよかったのかな?など、ずっと考えていました。

堰をきったように止まらない涙!

それがきっと表情に出ていたのでしょう。休憩時間に何の前振りもなく、突然先生が「大丈夫?」と声をかけてくださいました(よほど大丈夫ではなさそうに見えていたんですね。。。)

「あ、はい、だいじょうぶです・・・」と答えたその瞬間に涙がボロボロボロッとこぼれ落ちました。。。せき止めていたものがあふれてきて、もう止まりません。

私のワガママを許し、笑顔で送り出してくれた夫への感謝。
きっと頑張ってご飯作りのお手伝いをしてくれてる愛しい子ども達。
いつも添い寝をしないと眠れない可愛い小さな娘。
そして、そんなにいとおしい家族を残してまでここにいる自分。

いろいろな思いが頭の中を駆け巡り、そして涙となってあとから あとから こぼれてきます。。。

添い寝しないと寝られなかったのは自分だった!?

ホテルの部屋に入っても、がらーんとして寂しく、やかましいぐらいににぎやかな家が恋しくて、ずっと ずっと 泣いていました。そんな状態ですから当然眠れません。。。。添い寝をしないと眠れないのは娘じゃなくて私のほうでした。。。

1ヵ月の合宿でもなんでもなく、たった土日の集中コースでいつまでもいつまでも泣いている私を何も言わず見守ってくださった先生と受講生のみなさん、本当にありがとうございました。

そして私にとっては大きな挑戦でもあり、苦しみでもあった東京行き。もう2度と行かないのかと思いきや・・・はずみがついてしまってその後、何度も上京することに!

学びたい向上心と家族とのバランス

でもその頃から今もずっと気にかけているのは、学びたいという思いと、家族に対する思いがどちらもいい状態でバランスがとれているように気を配ることです。

家族がいつも笑顔で支えてくれていることに感謝をしながら、学ばせていただいたことを生徒さんと分かち合い、そして人生、日常へと活かしていくことでまた家族とも分かち合う。そんなふうに、いい状態を循環させていけたらいいなと思っています。これからもぼちぼち、のんびりとママイントラの道を歩いていきたいです。

『ママイントラへの道』は今回で最終回です!次回は「番外編」をお届けします。

文・eiko

関連タグ