マダムYUKOと猫と数字の4

ヨガ数秘学の数字の特質を知る!4ってどんな数字?

誕生日には意味があります。生年月日から導き出した9つの数字を使って、自分という「謎の存在」を読み解くのがヨガ数秘学。性格や課題、強みや才能、人生の流れまで、あなたのすべてがわかります。

数秘学は数秘術とも呼ばれ、さまざまな流派がありますが、こちらでお伝えしているのは「ヨガ数秘学」。ヨガのコミュニティで発展した、誕生日の数の教えです。

ヨガ数秘学では1から11までの数字を用いますが、それぞれの数字に固有の性質があります。今回は「4」についてお話します。

4ってどんな数字?

人の横顔のシルエットを梯子をかけて登ろうとする男性のイラスト
ニュートラル/公平なマインド、秩序、計画、理論、観察、瞑想

4は穏やかで落ち着いたマインドの数字。選り好みせず、善悪をつけずに、ものごとをありのままに見つめる、公平な目線が特徴です。

まじめで几帳面なところがあり、計画立ててものごとを進めます。変化はやや苦手で、保守的なところも。その分、安定感があります。

自分を観察している「もうひとりの自分」がいて、自分の行動や思考、周囲の状況につねに気づいています。楽しんでいる時も遊んでいる時も、どこか冷静。はめをはずしません。

4を持つ人の特徴とは?

その1:考える。
その2:ルールを守る。
その3:瞑想

その1:よく考える。

4はとにかく、よく考えます。頭の中は、つねに思考がめぐっていて、朝起きた瞬間から夜眠りに落ちるまでずっと頭が働いている、ということも。理論的に考えたり、筋道立てて思考を組み立てるのが得意です。

同じことを考え続ける「ぐるぐる思考」と「考えすぎ」には注意。ずっと肩が凝っていたり、ヨガの練習中、シャヴァーサナになっても頭がゆるまないようなら、かなり重症ですよ。

その2:ルールを守る

4は秩序の数字。カオスは苦手。しかるべきことが、しかるべく行われ、落ち着いている状態が心地いいのですね。なので、人にも同じように「きちんとする」ことを求めます。

ただし、世の中は、そんな人ばかりではありません(残念ながら)。決まりを破るのが快感だという人も、ルールが「ゆるい」人もたくさんいます。そこでイライラしない、批判的にならない、というのが4のチャレンジ。

その3:瞑想

4におすすめなのは瞑想。気分が穏やかな時はマインドもクリアですが、一度考えが回りだすと頭の中は一気に混沌とします。

瞑想は、マインドの思考の渦に巻き込まれずに、少し離れたところから客観的に観察すること。どんな考えが浮かんできても、いい悪いの判断をせずに、ありのままに見つめることです。瞑想を日々の習慣にしてくださいね。

4を持つ人へ

森の中で安楽座で座る女性のイラスト
考えすぎないで!

状況を客観的に見つめる、というマインドのプラクティスをしてください。いやだな… 困ったな…大変だな… というような、ネガティブ感情が生まれてきたら、そこから少し、離れてみましょう。5メートルぐらい離れたところから、自分を見るようなイメージです。

同じことをずっと考え続けたり、一度決めたことを何度も考えなおしたりしている時は、4のバランスが崩れているサイン。思考の渦の真ん中にいると全体が見えませんが、少し離れたところからだと、状況がすべて見渡せますよ。

まじめで「ちゃんとした」性格は、時には「きゅうくつ」にもなるので、遊んだり、楽しんだりするのも忘れずに。カオスや喧騒から生まれてくるものもあります。いつも、しっかり者でいなくてもいいのです。

マダムYUKO(ソウルナンバー4。4な方、ともに参りましょう!)

関連タグ