マダムYUKOと猫と数字の10

誕生日をヨガ数秘学で読み解く!10月生まれの取扱説明書

こんにちは。ヨガ数秘学のマダムYUKOです。

10月生まれの方へ

誕生日のから9つの数字を導き出して、自分という「よくわからない存在」の正体を暴く(!?)ヨガ数秘学。今月は、ヨガ数秘学の教えが伝える10月生まれの方の取扱説明書をお届けします。

レッスンナンバー10

ヨガ数秘学はとてもポジティブな教えで、基本的に、悪い数字はありません。ただ、生まれ月の数字=レッスンナンバーだけは別。この数字の持つエネルギーは、人生の中で「問題」「課題」として出てきやすいので、要注意なのです。

生まれ月の数字の性質や意味を知った時「なんとなくわかっていた」「やっぱりね」と感じる人はとても多いのですよね。これまでの人生の問題はこの数字が原因だったのね!と腑に落ちる人も。

10月に生まれた人(レッスンナンバー10)は、10という数字に気をつけて、というのがヨガ数秘学が伝えること。この記事では、具体的に「何に」「どのように」気をつけるのかを解説していきますね。

10ってどんな数字?

山の頂上で旗を持つ女性
10は、こういう数字です。

リーダーシップ、可能性の実現、勇気、自信、母親、女性エネルギー、存在感/カリスマ性

10月生まれ(レッスンナンバー10)の人は、10という数字の性質が、人生の課題や問題となりやすいので要注意。こんなことに気をつけてください。

  • 自信がない
  • 自分を肯定できない
  • 人目を避けたい
  • ヴィジョンがない
  • 母親との確執

10月生まれの人が気をつけるべき3つのポイント

頭の中で自問自答する女性

その1:自分を信じる。

人生の主人公は自分。「自分が自分を信じられなくてどうするのっ!」これは10という数字が強烈に発するメッセージ。自分を信頼できない人は、まわりからも信頼されないんです。するともっと自分がダメに見えてくる… こういう悪循環にはまってませんか?

自分の考えや思い、志すもの、進みたい道。それは全部あなたそのもの。それを丸ごと認めましょうよ。自信というのは、文字通り、自分を信じることなんです。

その2:ダメ出し禁止。

何をやっても「もっとうまくできたのに」「これじゃあダメじゃないか」と、自分にダメ出しする癖がないですか?無意識のうちに1日中、自分に対して「ダメ、ダメ」と言ってる、ということがないですか?

もしそうなら、今の瞬間から改めます。まずは「ダメ出し」の瞬間を、現行犯で捉えましょう。いかに、意味なく、習慣的に自分を虐げる態度をとっているのかが、わかってきますよ。ダメ出しは自分へのいじめ、とも言えます。いじめ禁止。

その3:母との関係

この世に生んでくれた母。仲がよくても悪くても、しょっちゅう会っていても音信不通でも、大事な存在であることに変わりはありません。

大人になってわかるのは、母もひとりの人間だということ。母親として、ではなく、ひとりの大人として「彼女」を見て、「彼女」について考えてみると、わかってくることがたくさんあります

毒母の記憶や、母からの呪縛に苦しんでいる人は、誰かにその思いを話してみたり、気持ちをノートに書き出してみるといいですよ。

この3つのポイントに気をつけると、人生は楽に、より充実したものになる、とヨガ数秘学は伝えています。ここでお話ししたことが、10月に生まれた人がハッピーに生きるためのヒントとなるようお祈りしています。

10月生まれの人の幸せを願って。
マダムYUKO

関連タグ