調理台の上でエコバッグからリンゴを取り出している女性の腕

時代はエコ!どこまでできる?エコ・クッキング!

身近なことから始めたいエコ生活

ヨギー&ヨギーニの間ではすでに浸透しているかもしれないエコな生活ですが、2020年7月1日より、プラスチックの買い物袋が全国で有料になるなど、一般的にも徐々に自然を敬い、自然を意識した生活が広がりを見せています。

エコというと身近なことから取り組むのが一番簡単ですね。そんな中でも今回は、生活の中で誰もが関わる「食」でのエコについて、考えていきたいと思います。

「食」にまつわるエコな話

コンポストの入れ物に野菜の切れ端などを入れている女性の手元
コンポストを活用するなど食事にまつわる様々なエコが可能です

料理をしている間は、

  • 食べ物を無駄なく使いきる
  • コンポスト(生ごみや落ち葉、雑草などを処理して堆肥として使うこと)を活用する
  • ガスや電気・水を大切にする
  • 意識してゴミを減らす

など、「食は環境問題の縮図」ともいわれています。だからこそ、取り組めるエコがたくさんあるのではないでしょうか。

それらをまとめてエコ・クッキングと呼ぶ運動が生まれています。地球に暮らすひとりひとりが環境のことを考えて「買い物」「料理」「片づけ」をし、生活を見直し、限りある地球の資源を大切に使っていこうとする取り組みです。

東京ガスでは、この一連の流れを通して、環境に優しい食生活を送ることを「エコ・クッキング推進委員会」として提唱しています。運動の一環として定期的にエコ・クッキング講座も開催中です。(※2020年7月現在、新型コロナウィルス拡大防止の観点からすべてのイベント講座の開催は中止されています)

環境問題への気づきの場として、「食」を通して、「身近な題材で、体験的に楽しく考える」というコンセプトのもと、エコ・クッキングを考えてみてはいかがでしょうか。

エコ・クッキングの具体的な実践方法

エコ・クッキングで考えることはとてもシンプル。

買い物の時

メモを片手に食材の買い物をしている女性の手元
冷蔵庫の中をチェックしてから必要な物だけを購入するのもエコ
  • エコバッグを持参する
  • 冷蔵庫の中を点検してから出かけ、余分に買うのを防ぐ
  • 詰め替え用や簡易包装の物を購入するように心がける

素材について

色つやのいい葉付きのビーツや人参を手にしている黄色いワンピース着た女性
旬の食材を選ぶのもエコにつながります
  • 買った食品の期限表示を確認し無駄なく使う
  • 鮮度保持も工夫をする
  • 旬の食材は栽培などにかかるエネルギーが少なくエコに繋がる
  • 野菜の皮など、旨味や栄養素がたっぷり入っているところも無駄なく使いきる

調理中にできること

  • 鍋にフタをする
  • 盛り付けを工夫して食べ残しが少なくなるようにする
  • 食べる分だけを盛り付けるようにする

後片付けの時

  • 料理に使う油は温度、量、順序に注意して使い過ぎないようにする
  • 余った食べ物は別の料理にアレンジする
  • 食器や調理器具は古布やハケなどで一度汚れを拭き取り、洗う水を節約する

小さな努力の積み重ねが大きな変化を生む

木製まな板の上でトマトやブロッコリーを切っている女性の手元
キッチンから見るトータルなエコ、一度考えてみませんか?

どれも小さなエコですが、料理を作るというその工程の中だけでも、これだけエコに貢献することができるのです。

東京ガスが中心になったエコ・クッキング推進委員会の講座やイベントでは、楽しく料理を作ったり、試食したりしながら、エコ・クッキングの具体的な方法を学べます。キッチンから見るトータルなエコ。一度考えてみませんか?

関連タグ