Macrobiotic:春の陰陽五行

Macrobiotic:春の陰陽五行

陰陽五行に基づいたマクロビオティックがおすすめする春の食材、調理法です。

<春の陰陽五行>

・エネルギー・・・上昇のエネルギー(五行:木のエネルギー)
太陽に向かってまっすぐ上に育つエネルギーの動きです。

・食べ物
穀物・・・大麦、小麦、ライ麦、丸麦、ハト麦(玄米に混ぜて炊いて軽さをだします)
*ハト麦には美肌効果も♪
野菜・・・芽野菜類(もやし、カイワレ大根など)
     上伸野菜(ネギ類、セロリ、菜の花、水菜など)
     キノコ、山菜、タケノコなど上に伸びていく野菜
豆・・・レンズ豆、スプリットピー、発行豆製品(納豆、テンぺ)
*日本古来からの発酵食品(味噌、醤油、納豆、漬物など)には腸の働きを整えてくれる作用があります。
海藻・・・わかめ
魚介類・・・貝類(ほたてなど)
果物・・・レモン、ライム、梅干し

・調理のポイント
味付け・・・冬よりも薄味に
調理法・・・ゆでる、蒸す、さっと炒めるなどの軽い調理法、プレスサラダ
調味料・・・梅酢やレモン汁で酸味をとる(肝臓を養う)

*肝臓・・・木のエネルギーの臓器。酸味を好む。
      春は排泄の季節。
      肝臓は中毒性物質の解毒、分解、排泄などの役割をもつ。

春は冬にため込んだ脂肪や毒素の排出、排泄を助けてくれる季節です。
全体的に軽い調理法、食材で体も心も軽くアクティブに!
マクロビオティックやヨガを通じてデトックス効果を狙うにはピッタリ♪

春の穏やかなエネルギーを味わうようによく噛んでいただきましょう。

 

-masami-