ヨガマットやヨガブロックなどのプロップスが並べられている

初心者だけじゃない!ヨガプロップスはヨギーの救世主なのです!

ヨギー&ヨギーニの方なら一度は耳にしたことがあるヨガプロップス。皆さん練習に活用していますか?「プロップスを使っていると何だか初心者みたいで恥ずかしい」「使い方がよくわからないし、難しそう・・・」なんて思っている方もいるのではないでしょうか?しかし、練習を続けている方、難しいチャレンジポーズを練習されている方はどなたも使っていただきたいのがヨガプロップスなんです!今日はそんなプロップスについてお話しします。

ヨガプロップスとは?

ヨガプロップスとはブロック、ベルト、ボール、ボルスター、椅子、または今話題のヨガ棒など、主にヨガなどで使用される補助具の総称のことをさします。補助具という定義付けをするのであれば、壁やブランケットなども立派なヨガプロップスになります。昔のヨギー達は、丸太や石、ロープなどを使っていたのだとか。なんともワイルドですね。また、プロップスは単体で使うだけでなく、複数の種類を組み合わせてその人の体型や熟練度によって微調整が可能なのも特徴の1つ。リストラティブヨガやアイアンガーヨガなどはヨガプロップスを活用するスタイルのヨガとしてご存知の方も多いのではないでしょうか。リストラティブヨガでは1人でいくつものボルスターやブランケットを使用して快適な姿勢へと整えていきます。

ヨガプロップスの目的と効果

ヨガプロップスを使用するする目的は、ポーズを快適かつ安全に行うことです。私たちの身体は、骨格や筋肉の付き方など1人1人違います。そのため、どうしても取りづらいポーズや、体に負担をかけやすいポーズがあります。ヨガプロップスを使用することで個人個人の体型の違いを補助具によってサポートし、体のバランスや軸を整えることで、ヨガのポーズを無理なく長時間行えるようになります。その結果、

  • 身体の可動性を広げる
  • 身体のバランスや軸を整える
  • 身体の負担を軽減する

といった効果が得られます。

おすすめプロップス

今や多くのヨガウエアやマットブランドが、様々なプロップスを取り扱っています。そこで、使うのが楽しくるようなオシャレで高機能なプロップスをご紹介したいと思います!

ヨガベルト

ゴムカーサナの腕だけをベルトを使って練習している女性の後ろ姿
過度な緊張を開放してより安全に

ポーズを補助し、柔軟性が必要な難しいアーサナの練習にも活用します。無理なく練習をすることで、過度な緊張を取り除くことができます。

カラフルで気分も上がるテジャス

テジャスのカラフルなヨガベルト
【テジャス】ヨガベルト 2,700円(税込)

ヨガの時間が楽しみになりそうなtejasオリジナルのカラフルなヨガベルト。豊富なカラーバリエーションなのでウエアやマットの色と合わせたコーディネートも。適度な太さと丈夫な作りは安定したヨガの練習をサポートします。

素材も作る過程もとにかくエコなプラナ

プラナのヨガベルト4色
【プラナ】Raja Yoga Strap 2,376円(税込)

オシャレで個性的なグラデーションストライプ。「PRANA」は、地球に優しく、情熱と活力のあるモノ作りをコンセプトに、生産過程には、フェアトレードや風力発電も取り入れ、オーガニックコットン、ヘンプ、また再生可能な素材の使用にこだわっています。

ブロック

パリブリッタトリコナーサナをブロックを使って練習している女性
ブロックは土台を安定させる

上虚下実の状態をサポートするプロップス(補助具)で、ポーズを土台から安定させます。

超軽量で環境にもやさしいマンドゥカ

マンドゥカのヨガブロック
【マンドゥカ】リサイクルフォームブロック 2,700円(税込)

超軽量ながら、しっかりとした耐久性。程良くやわらかなグリップで快適な使用感も好評です。リサイクル可能で地球に優しい素材ですので、安心して使用することができます。製造の段階で有毒化学物質を出したり、使用したりすることは一切していません。

安定感・グリップ力もバッチリ!マンドゥカのコルク

マンドゥカのコルクブロック
【マンドゥカ】 コルクブロック 3,240円(税込)

コルク製なので体重をかけた時にも手首にかかる負荷もしっかりと吸収。もちろん平らな床で使うことで接地面もしっかりとグリップ。角も丸みのあるつかみやすい加工が施され、床やマットを傷つけることがありません。

ヨガプロップスは個人個人の体型の違いを補助し、誰もが快適かつ安全にポーズを行うことを可能にしてくれます。更に、体のバランスや軸を整えることで、普段以上に深いポーズをとることで効果的な練習を行える、まさにヨギー&ヨギーニの救世主となる魔法のアイテム。ヨガを始めたばかりで柔軟性や体の使い方に不安があるという初心者の方はもとより、難しいポーズの練習をされる熟練者の方もプロップスを使わない手はないですよね。

関連タグ