リストラティブヨガとは?

リストラティブヨガの歴史

アメリカの理学療法士でありアイアンガーヨガの正式認定指導者のジュディス・ラサター(Judith Lasater)氏によって1990年代に考案されたヨガ。

リストラティブ=心身回復を目指し、ブランケット、ボルスター、ベルトなど身体を支えるプロップス(補助用具)をふんだんに使用して無理のない姿勢でゆっくりとポーズを取ることにより、深い休息感を得て、緊張の緩和、エネルギーの回復へと導くリラックス系のヨガスタイルである。

リストラティブヨガの特徴

アイアンガーヨガがルーツで、身体と心と精神を本来のバランスの取れた状態に戻し、セラピー要素がとても高い。

ボルスター、ブランケット、サンドバッグ、ストラップ、アイピロウなどのプロップで体をサポートし、横たわったときに身体を完全にゆるめられるプロップスの組み合わせを作る。

このことで安定した状態でポーズをより長く保つことが可能になり、ゆったりとした質の高いリラックス状態を確保することができる。

ヨガクラスでは主に横になった仰向けのアサナを、1ポーズにつき通常約20分ほどのホールドしながら4〜6ポーズ行う。

常に心地よさが最優先され、「積極的なリラクゼーション」とも呼ばれる。

身体に深い休息を与え、筋肉を伸ばし、心拍数と血圧を低下させ、神経系を鎮めることは、血圧や心拍数、血糖値などが下げ、副交感神経を優位にし、心身を安らかで完全なリラックス状態へと導いてくれる。
なお、完全なリラックス状態でも、意識はおだやかに働いているため、自分自身の内側にフォーカスしていくことができる。

激しい動きを必要としないため、ケガのリスクがないのもポイントである。その安全性により、高齢者や更年期障害の方々に対してや、セラピーとして、そして最近ではマタニティヨガとしても活用されている。

ヨガのポイント

restorative_01.jpgプロップスを使用するのは、身体を様々な道具で支えることにより、関節の屈曲が可能にするためである。

膝や足首などすべての関節を屈曲させると、関節を真っすぐにしている時より副交換神経系が刺激されて神経系がリラックスし、深いリラクセーションが起こるのだ。

ただこういった受け身的な姿勢は、身体が完全に無防備な状態であるとも言えるため、時には安心して身をその場にゆだねられなかったり、不安や恐怖を感じてしまうこともある。
その際は、ブランケットで温かく身体を保護する層をつくったり、アイピローを手のひらに置いて「手をつないでいる」という安心感を生むことも大切である。

時には目を開けて行うこともある。

一番大事なのは、呼吸とのつながりをより深め、つながりを感じる感覚を芽生えさせることである。

プロップスに全身をゆだね、静かに目を閉じ、20分の間、自分とつながるすべてから離れることで、深い休息を体験でき、再び外の世界と積極的につながってゆける活力や喜びを感じることができるようになる。

ただのリラクセーションではなく、効果的な筋肉の伸縮、圧迫、ねじりなども行うため、筋肉と心のこりをほぐし、緊張状態の緩和も促すことも可能である。

こんな人に向いている

●年齢、性別、そしてヨガの経験も問わず、どんな人でも行うことができるセラピーである。

●妊婦、シニア世代、更年期障害、術後のリハビリ、慢性的な腰痛の痛み緩和などに効果が高い。

川原朋子先生による『リストラティブヨガ集中講座<2日間>』【リストラティブヨガを深めたい!という方に】
川原朋子先生による『リストラティブヨガ集中講座<2日間>』
東京・大阪にて開催中!

究極の癒しを味わいつくす2日間!
講座の詳細はコチラ⇒⇒


川原朋子先生によるリストラティブヨガ体験クラス【疲れやストレスでお悩みの方に】
川原朋子先生による『リストラティブヨガ体験クラス』
東京・大阪にて開催中!

究極の癒しを一度体験してみませんか?
講座の詳細はコチラ⇒⇒


川原朋子先生による『リストラティブヨガワークショップ』【もっと深くリストラティブヨガを学んでみたい方に】
川原朋子先生による『リストラティブヨガワークショップ』
東京・大阪にて開催中!

リラクゼーションのメカニズムを学んでみませんか?
講座の詳細はコチラ⇒⇒



マリ・ノタラス先生による「心の断捨離」集中講座【不要なものを手放し、心をクリアにしたい方に】
マリ・ノタラス先生による『リストラティブヨガで見直す!女性のための「心の断捨離」集中講座』
年に1回、東京にて開催中!

究極の癒しの中でこそわかる「自分らしい生き方」を見つけに来ませんか?
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加