クンダリーニヨガとは?

クンダリーニヨガの歴史

北インドのパンジャーブ地方に生まれ、幼い頃からヨガを学び、16歳でクンダリーニヨガマスターになったヨギ・バジャン師(Yogi Bhajan / 1929~2004)が1969年カナダにわたり、全米にクンダリーニヨガを広めていった。

目的に応じたヨガや瞑想を通したクリヤ(浄化法)を行っていくメソッドで、一般的なクリヤはアサナや繰り返しの動作、呼吸法、マントラなどを組み合わせた構成となっている。

数あるヨガの流派の中でも、最もパワフルなヨガスタイルのひとつである。

クンダリーニヨガの特徴

kundalini_01.jpg
クンダリーニとは、尾てい骨付近に存在するとされる「へびのようにとぐろを巻いた」、人間の根源的エネルギーのこと。

このエネルギーを目覚めさせ、背骨の下に位置するムーラダーラチャクラから順にチャクラを開放し、頭頂部のサハスラーラチャクラの開放(=解脱)を目指してシークエンスを行っていく。

 また「火の呼吸」という独自の呼吸法を修練する、エネルギッシュでパワフルなヨガであり、精神力と身体能力も養われ、ストレスや急激な変化に対しても柔軟に向き合えるようになる。

ヨガのポイント

ほかの流派と異なる点は、アサナだけでなく特徴的な繰り返しの動き(腕を上下に揺らすetc)を一定の時間続けたり、パワフルな独自の呼吸法「火の呼吸」を行うヨガスタイルでクンダリーニ・エネルギーの解放を目指しているところである。

 「火の呼吸」は短時間に早いペースの腹式呼吸を多く行うことで、毛細血管まで血液を循環させ、有酸素運動に値するほどエネルギーを全身にいきわたらせる方法である。

このため、格闘家やアスリートにも人気が高まっている。
「気づきのヨガ」とも呼ばれ、マントラを使った瞑想では、高い波動で心身を浄化していくことが可能となる。

 持続的にこのヨガのプラクティスを取り入れることで、心・体・魂の調和を整えていくことができるため、自分を限りなく高めていくことができる。

こんな人に向いている

チャクラを活性化させることや、、背骨の基底に眠っているクンダリーニ・エネルギーを目覚めさせること、瞑想やキルタン音楽、エネルギーワークに興味のある方。

有名講師や認定指導者

小山一夫

(※あいうえお順)

このヨガが受けられるスタジオ

[yoga-style-guide]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加