Masami*Willowのマクロビンディ紀行(マクロビオティック+インド食事情) Vol.14

インドで食べられるインド料理以外のおいしいご飯

「インドに行ってました」
と話をすると、
「毎日カレーなんでしょ?!」
と大概の方に聞かれます。

実際、インドの方はほぼ毎日、毎食いわゆるカレーと言われるものを食べています。
(インドではカレーという言葉でなくサブジ、ダールと言います。)

身土不二なのでインドの方は昔からサブジ、ダール、チャパティ、インディカ米(この組み合わせが日本のご飯とお味噌汁のような定番食)が日常だしそれが好き!という方がほとんど。
なので飽きることなくそれを楽しんでいますが(サブジ、ダールもたくさんバリエーションあります!)、やっぱり外国人はどんなにおいしくても、どんなにバリエーションがあっても滞在が長いと毎日カレーははっきしいって飽きてきます・・・

インドはツーリストの多い国柄だからか、実はインド料理以外のものが食べられる場所がたくさんあります。しかもリシケシは禁酒、禁肉の街。どのレストランに行ってもメニューを悩むことなくいろんなものを好きなものをチョイスできます。
中でもツーリストだけでなく、インド人も結構好きなのが、チベット料理やチャイニーズ料理。といってもチャイニーズは私たちがイメージしているのとは違ってインド風にアレンジされているチャイニーズ料理が多いです。

写真はスプリングロール=春巻き です。
これもいろんなバリエーションがあり、ベジ、ベジチーズ、マッシュルーム入りなどなど・・・
しかも日本にあるような春巻きよりかなり大きくて食べ応えがかなりあります。
世界のいろんな国のお料理がベジメニューで楽しめるので、たまにはインド料理だけでなく、いろいろ楽しんでみるのもインドを旅する中でもおススメです。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加