Masami*Willowのマクロビンディ紀行(マクロビオティック+インド食事情) Vol.11

南インド料理 ドサ

インド料理、北と南で少し特徴が違います。
北インド料理は以前にもご紹介しましたがチャパティ、ライス、サブジ、ダールのセットが主流だったりParanthaのように粉を使ったお料理が多い粉文化ですが、南インド料理は発酵させた米とレンズ豆をのドウから作るお料理が主流の米文化のようです。
とはいっても、北インドでも南インド料理も食べることができます。
その中でも個人的に大好きなのがドサ。
発酵させた米&レンズ豆を水と一緒にミキサーにかけて作ったドウを鉄板でクレープのように薄く焼き、その中にマサラで味付けしたジャガイモやパニール(インドのカッテージチーズ)を包んで、手でちぎりながらココナッツで作った辛くないチャツネとサンバーという辛い野菜スープと一緒にいただく一品。

このココナッツチャツネが大好き。
だいたいどこのお店もチャツネとサンバーはおかわり自由なのでいつもココナッツチャツネはお代りしていました・・・

日本ではメニューのあるお店は少ないようですが、ぜひおススメです。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加