Masami*Willowのマクロビンディ紀行(マクロビオティック+インド食事情) Vol.9 メイン画像

『食べること、生きること』

このリシケシの滞在ではいつもステキなメンバーで楽しいお食事の時間をシェアさせていただいています。
もちろん私が作ることも多いのですが、いつもお世話になっているGupta家では愛情のこもったステキなインド料理と暖かい空気をいただいたり、ヨガとマントラの先生Mukesh先生がイ腕をふるってインド料理やイタリアンを作ってくれたり、いつも作ってもらっているから、とイスラエル人の男の子がお母様が良く作ってくださっていたのイスラエル料理をふるまってくれたり・・・

こんなにおいしいものを、ステキな仲間とシェアできていることが本当に本当に幸せ。

Masami*Willowのマクロビンディ紀行(マクロビオティック+インド食事情) Vol.9 画像1

私、本当に食べることが大好きです。

でも、一人で食べたり、何かをしながら食べること、インスタントフードは好きじゃありません。

心休まる仲間と、気持ちのこもった手作りのものを頂いているときが本当に幸せ。
いつも旅の中でこうした暖かい仲間にたくさん出会わせていただけていることも幸せなこと。

食べたもので私たちは作られます。

それは食べているものはもちろん、その食べている時のシチュエーションも重要です。
マクロビオティック食を始めたりベジタリアン食へシフトしていくと、食べる物の内容にこだわるようになりますが、それだけでなくどんなシチュエーション、誰とどう食べるかということも「食事」の一部です。

どんなにクオリティの高いものを食べていても、目の前にいる人との時間を楽しめなければせっかくのお料理の味もエネルギーも半減してしまいます。

「食事」という時間と行為は私たちにとって大きなエネルギーをもたらしてくれます。

しかし、その逆もあり得ます。
「食事」をおろそかにすることは、自分の人生もおろそかにすること。

食べたものように私たちの心と体は作られます。

食べることは生きること。
1日に数回しかとることのないこの貴重な時間をいかにしていただくか、
毎回の食事を楽しんでよく噛みしめていただくことができれば、
心も体もエネルギーに満たされ、日々がより美しいものになるでしょう。



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加