インドがエジプトにて初となるヨガ選手権を開催!

エジプトにおけるヨガ人口の増加から開催されたヨガ選手権。

エジプトではヨガに取り組む人口がここ数年間で急速に増加していることから、古代インドにおけるヨガの教えをさらに拡散させるため、インド主催のもと、エジプトにて初となるヨガ選手権が開催されました。

インドのアンバサダー、サンジャイ・バタチャリヤは、ヨガの実践者が増加したことを讃え、今回のヨガ選手権がエジプトにとって歴史的なイベントになることを指摘しました。

バタチャリヤはエジプトにおけるヨガ人口の急増について、「ここ数年間、私たちはエジプトにおいてヨガに関心を持つ人たちが急激に増加していることに気づきました。昨年、カイロでは14つものヨガスクールが創設され、今ではその数が40を超えるほど拡大しています」と述べています。

6歳から71歳までの幅広い年齢層の人々が集結。

このヨガ選手権では35人もの熟達した技能を持ち合わせたエジプト人に加え、国外からは6歳から71歳までの幅広い年齢層の人々が集結し、18歳未満、18歳から30歳、30歳から45歳、45歳以上の4つのカテゴリーに分かれ、10種類のベーシックアサナに加え、5種類の上級者向けアサナに取り組みました。

「今回、ラマダンの聖なる月の前夜に開催したエジプトにとって初となるヨガ選手権が収めた成功は、普遍的な愛、平和、調和を大切な要素として考え、自然で健康的な生活を送るインドそのものに感謝の意を示し、理解しようとする傾向があることを証明しました」と、ヨガ選手権の審査員は語りました。

ヨガに取り組む子どもや年長者たちの存在がエジプトの新たな歴史を創り出す。

別の審査員は、「このヨガ選手権はエジプトで新たな歴史を作りはじめました。ヨガに取り組む子どもや年長者たちの存在こそが、このヨガ選手権が秘める大きな可能性を見出しました」と、続けました。

エジプトでは1990年代にヨガの正式な教育を開始されましたが、ヨガを熱心に練習する人口は昨年から約3倍にも拡大しています。国内だけに留まらず、国外でもヨガに関する活動を積極的に取り組んでいるインドの姿勢も後押しして、エジプトにおけるさらなるヨガ人口の拡大が見込めそうです。

参考記事
>>India organises 1st Yoga Championship in Egypt
>>For the First Time, Indian Embassy in Cairo organises Yoga Championship in Egypt

  • このエントリーをはてなブックマークに追加