uchida te-ma 800-510

内田かつのり ヨガ解剖学講座
テーマ別に学ぶ3時間ワークショップ&1日集中講座

ヨガジェネレーション主催
カラダの基礎を学んだ後は、さらに深める!
ヨガ解剖学をテーマ別に学ぶステップアップ講座

【開催日程】
1日集中講座~テーマを設けて徹底的に学ぶ!~
2017年日程公開!!
肩甲骨セラピー
3月25日(土)10:30~17:30 NEW!!
大阪|スタジオグリーン
  
ストレッチ1day集中講座
<フィジカルとメンタル編>
4月7日(金)10:30~17:30
浜松|ヨガスタジオ サマティヤ
 
5月5日(金祝)10:30~17:30
東京|オハナスマイル祐天寺店
 
アーサナ別1day集中講座
<鳩の王様のポーズ編>
5月6日(土)10:30~17:30
東京|オハナスマイル祐天寺店

3時間ワークショップ~大事なところだけ凝縮!学びやすいピックアップ講座~

2017年日程公開!!
< 東京 >
3月31日(金)10:30~13:30
<膝関節セラピー>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
3月31日(金)14:30~17:30
<足裏アーチ>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
5月26日(金)9:30~12:30
<バランスアーサナクリニック>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
5月27日(土)9:30~12:30
<肩・股関節の連動>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
6月3日(土)14:00~17:00
<足裏アーチ>NEW!!
東京|オハナスマイル祐天寺店
 
< 大阪 >
3月24日(金)09:30~12:30
<膝関節セラピー>NEW!!
大阪|スタジオグリーン
 
4月14日(金)14:00~17:00
<肩・股関節の連動>NEW!!
大阪|スタジオグリーン
 
5月19日(金)10:30~13:30
<足裏アーチ>NEW!!
大阪|ヨガアカデミー大阪
 
5月19日(金)15:00~18:00
<バランスアーサナクリニック>NEW!!
大阪|ヨガアカデミー大阪
 
< 浜松 >
4月9日(日)10:30~13:30
<膝関節セラピー>NEW!!
浜松|ヨガスタジオ サマティヤ

   
【受講料】
1日集中講座 1クラス 14,580円(事前お振込み制)
3時間ワークショップ 1クラス 7,560円(事前お振込み制)

 

“頭と体に残るヨガ解剖学” でお馴染の、内田かつのり先生。

「解剖学は座って話を聞く難しいもの」という概念を崩し、
身体を使って楽しく学んでいくスタイルで好評を頂いている先生です。

その内田先生による、ワークショップの開催が決定しました!!

ヨガのアサナを絡めながら骨盤、肩甲骨など毎回異なるテーマで行なっていくので、
気になるテーマを選んでご参加いただくことができます。

インストラクターの方は、カラダに対する知識を得ることで、
生徒さんが抱えている悩みや不調を解決し、
より安全にポーズを深めるお手伝いをすることが可能になります。

もちろん、インストラクターの方でなくても、ヨガを練習する中で感じる、
身体の不調や疑問を解決できる内容になっています。
一度身に付けた知識は一生ものです。

生まれてからずーっと付き合っていく、カラダ。

痛みや不調なく、身体を動かし生活するためにも、
カラダを知って、ヨガをさらに楽しんでいきませんか?

みなさまのお越しをお待ちしております。

※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
※録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。

TOP第2案793-510 テーマ別まとめ
えっ!?まだ受けてない?
ヨガ解剖学をさらに深める6つのテーマ特集!

テーマに分けて一つ一つをより細かく、より詳しく学べる講座の一覧です☆
■→詳細はコチラ

 

講座内容

【1日集中講座】肩甲骨セラピー

クラスの中で肩甲骨についてはよく語られます。
骨盤の悩みと同じ位聞かれる回数が多いのも肩甲骨。
背中側についているので、感覚でしかとらえられないのに、アーサナとは切り離せない肩甲骨
また、マッサージなどでは、肩甲骨の内側がコリコリで~などと表現されたりもします。

この講座では肩関節セラピーではカバーしきれない、肩甲骨というパーツに深くフォーカスしていきます。
解剖学的には、肩甲胸郭関節などと、小難しい表現をする肩甲骨。
腕の動きには、絶対的に欠かせないため、アーサナへの影響は大変大きなウェートをしめるのです。

前半では、骨の模型を使って肩甲骨の構造を確認しながら自分の肩甲骨をきちんと理解、体感していきましょう。
また、仲間の身体に触れる事で、実際には見る事が不可能な肩甲骨をよりリアルに想像し体感していきましょう。
身体を触れる技術を磨く事で、必ずアジャストや自身のアーサナにも役立つはずです。
三次元の感覚を養い、指先で、身体で、五感で記憶しスキルをあげていきます。

そこから、一歩踏み込んで…
・肩甲骨の複雑多岐な動きはどのような動きなの?
・肩甲骨が関係する整形外科的なケガや疾患ってどのようなもの?
・ヨガやピラティスで対応可能な痛みやケガはどのようなもの?

などを紐解いていきましょう。

また、肩こりの殆どに共通する肩甲骨周りの痛みやコリがあるのですが、
それらを緩和させるツボを使って実際に身体への変化を感じていきましょう。

後半では、肩甲骨周りの筋肉について扱っていきます。
僕の講座で筋肉を単体で扱うときは、6日間の集中トレーニングになってくるのですが、
肩甲骨周りに関しては特別です。
見えない分、ある程度の意識化をする為に、時間の許す限り肩甲骨に関連する筋肉を触察したり、
マッサージしたりしていきましょう。
その中で、最低限の筋肉を記憶していただきます。
例えば、回旋腱板(ローテイタカフ)って何?
など、明確にし、ご自分の抱えている課題をクリアにしていきましょう。

一つずつ、ダマを解く事で、諦めていたアーサナが、案外近くにある事に気が付くかもしれません。
この機会にセルフプラクティス、セルフチェックなどの方法をしっかりと身に着けてください。

【1日集中講座】骨盤セラピー

前半では、骨の模型を使って骨盤の構造を確認しながら、自分の身体に触れたり、
仲間の身体に触れる事で、実際には見る事が不可能な骨盤をよりリアルに想像し体感していきましょう。
身体を触れる技術を磨く事で、必ずアジャストや自身のアーサナにも役立つはずです。

そこから、一歩踏み込んで…
・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛など、整形外科的なケガってどのようなもの?
・腰痛と骨盤の関係って?
・痛みと痺れの違いは何?
・医学的治療が必要な痛みってどんな種類?
・ヨガやピラティスで対応可能な痛みやケガはどのようなもの?

など知っているようで知らない医学用語の素朴な疑問を紐解いていきましょう。

また、腰痛の殆どに共通するお尻の痛みがあるのですが、
その痛みを緩和させるツボを使って実際に身体への変化を感じていきましょう。

後半では、巷に溢れる情報の“骨盤の歪み”について扱っていきます。
結論から言うと本来、骨盤は歪みません。

医学では骨と骨とを繋ぐ場所を関節という定義をしているのですが、骨盤にある関節は二つです。
仙骨と腸骨という骨を結ぶ仙腸関節と、左右の恥骨を結ぶ恥骨結合といわれる場所です。
この二つの関節は、あまり動かない関節というジャンルに定義され半関節・不動関節というような
扱いになっているのが解剖学のスタンダードな定義なのです。

それでは何故“骨盤の歪み”“骨盤の開閉”などというような事が巷では言われているのでしょうか?
骨盤の男女差や、筋肉の緊張など知っているようで知らない医学用語の素朴な疑問を紐解いていきましょう。

また、アーサナや、競技での痛みについて、その痛みを緩和させるためには?
トリガーポイントという概念を使い実際に身体への変化を感じていきましょう。

【1日集中講座】アーサナ別1day集中講座<鳩の王様のポーズ編>

鳩の王様(エーカパーダラージャカポタアーサナ)と徹底的に向かいあう

この講座に参加したなら!
・誰もが憧れのポーズに無理なく近づける
・ヨガ解剖学的理論を知る事でアーサナのバリエーションが増える
・痛いポーズの代名詞からサヨナラ出来る
・正しいプラクティスが可能になる
・後屈、前屈が安全、心地よく可能になる
・肩凝り、腰痛からの解放が見込まれる
  
このアーサナは幾つかのバージョンがありますが、そのどれもが難易度の高いものです。また、ヨガのイメージ画像や広告では決まってこのアーサナを意識した写真が使用されているので、ご存知の方も沢山いるかと思います。
  
失礼を承知の上で言わせて頂くと、実はその殆どがミスアライメントだと知っていますか?広告に限ったことではありませんが、正しいアライメントを指導できる講師の数は少なく、腰痛を引き起こしてしまう方を何人も見てきました。
だからこそ、解剖学の視点から見た正しい鳩の王様と、そして個々のレベルに合ったアライメントと向き合い知って欲しいと思うのです。
 
今回の講座では【徹底的に向かいあう】をキーワードに、ヨガ解剖学だからこそ観えてくる、聴こえてくる、身体の神秘に迫りながら、貴方に必要な改善方法を探っていきましょう。
 
何処の関節が硬いのか?
又、それはいったい何て名前の筋肉なの?
 
何処の筋力が必要なのか?
又、それはいったい何て名前の筋肉なの?
 
このポーズの本来のアライメントとは?
個体差、個人差からくるアライメントの違いとは?

  
このあたりをしっかりと押さえながら、1人1人にあった、鳩の王様のポーズを手に入れていきましょう。

【1日集中講座】ストレッチ1day集中講座<フィジカルとメンタル編>

『心と身体に効くストレッチ』で自律神経の調整を!
~クラスの満足度を高め本当の『イタ気持ち~い』を体感~
(対象 アーサナが好きな方全て)
  
================================
◆この講座に参加したなら
①フィジカルストレッチ(能動的)
【アーサナを輝かせる】
→効果的ストレッチを自ら出来るようになる
→身体が硬くとも、無理やり・怪我することなく効果を上げられる
→ただ伸ばすだけでない驚きの解剖学理論で柔軟性up
→体幹力の向上により、安定性のある柔軟性の獲得
 
②メンタルストレッチ(受動的)
【心の棘を抜く】
→正常な脊柱の可動域を確保し(ヨガのアーサナには意外に少ない)自律神経の調整と安定が図れる
→気がつかない心の疲れを取り除き、貴方の背中の強張りを解くアプローチ
→能動的ストレッチがあるからこその効果を実感する
 
③60分の模擬クラス実践
→自分のプラクティスやクラスに取りいれるシークエンスを考えられるようになる
→1日学んでいただいた”知識”を身を持って体験し”記憶・経験”としてご自身の中に落としこんで頂けます。
※皆さんにリードをしてもらうわけではなく、内田先生のクラスを体験して頂くお時間となります。
================================
  
今回は、アーサナをより深めていく能動的ストレッチと、心そのものに働きかけをしていく受動的ストレッチの2つを軸に、正しく身体に効かせたストレッチがヨガのクラスにいかに有効的かを実践検証していきます。
ラスト60分は実践的なアーサナクラスで本当の「イタ気持ちいい」を感じて下さい。
 
=================================
『ヨガはただのストレッチとは違う!』と良く聞きますが…「その違いを答えて下さい」と言われると、自信をなくしてしまう方もいるのではないでしょうか?
 
『ストレッチ』と言う言葉。今では、何処でも誰にでも通用する単語ですが、果たしてその意味、定義を含め、ヨガとの違いを明確に説明する事は出来ますか?まず区分けをしなくてはならないのは、どちらが凄いというような上下関係がある訳でなく、キチンとしたストレッチ、これはアーサナを深めていくには必須の要素になり、更に言うならば、ストレッチは筋肉を正しく使ってこそ成立するのです。
   
また、自分の体重を使ったストレッチは、スタンディングポーズのあと、シッティングの時間から最高のシャバアーサナへと向かう為の、心の安静をより深めてくれるものです。
  
しかしフィジカルストレッチ(能動)・メンタルストレッチ(受動)共に『効くストレッチ』と言うのは、思う以上に誘導・リードは簡単でなく、また、自身自らが効かせに行く事は、余程の身体感覚を持たない限り、可能性と言う名の身体のスペースは余ったままの状態にあり、ただ持て余してしまう事がわかっています。
 
そららの問題をいかにしたら解決出来るのか?
幾つかの筋肉をベースしながら実践形式にて、フィジカルストレッチ(能動)とメンタルストレッチ(受動)を体感し、アーサナの質を上げ、貴方のクラス作りにお役立て下さい。

今回のワークショップでは足裏に注目していきます。
僕たちの身体と地面を、唯一結びつけているのが足の裏です。
足の裏は常に地面からの衝撃と、自分の体重を支える為に、四六時中酷使された状態にあります。
そんな過酷な働きをしているにもかかわらず、僕たちは、意外に足の裏の構造を知りません。

例えば、バランス系のアーサナでグラつかないためには、身体における中心軸が、
大切になるのはアライメントの鉄則ではありますが、残念ながら、
そのアライメントを徹底しても、グラグラとグラついてしまう方が割といるようです。
その原因の一つに足裏アーチがあります。

今回は身体の中では忘れがちなパーツである足の裏に感謝をこめて、ヨガ解剖学の視点から
足裏アーチを分析していきましょう。
 
また、足裏アーチに欠かせないのは、外反母趾と扁平足の問題です。
これらの原因と対処を含めて、日常の中での歩き方のクセや、改善策も同時に探していきましょう。

ここ数年、治療の現場で、“筋連結”なとどいう言葉が良く使われています。
電車でいう所の他線どうしのクロスする駅を、イメージして頂けたらよいかと思います。
違う筋肉どうしが交わる場所では、いったいどのような事が起き、
身体に対してどのような影響があるのか…。

その概念を用いて治療していくと、治療効果が上がるという声も聞いています。
解剖学的な考え方を用いながら、たどり着いたら、経絡の概念へ…
なんて捉える先生も沢山いられるようです。

このワークショップでは、その筋連結にフォーカスし、
アーサナとの結びつきを身体で感じていきませんか?

肩周りを効率よく使っていくと、骨盤周り、股関節周りが使いやすくなったり、
逆に、骨盤周りを効率よく使っていくと、肩周りが使いやすくなったりという効果が
期待できます。

前半はヨガ解剖学の理論を頭に落とし込み、後半、その知識を実践していく事で、
アーサナを深めていくヒントが見つかったりと、必ず皆さんのプラクティスのお手伝いになると思います。

【3時間ワークショップ】膝関節セラピー

膝ほど過酷な運命にある関節はありません。
関節の中で最も大きく、ある意味複雑な構造をしています。
ヨガをしていて一番怪我をしやすい場所かもしれません。

また、日常生活での怪我も多く、一度痛めると負担がかかり易い場所でもあるため、
長引きやすくまた、構造や性質上、怪我が治りにくい関節でもあります。

そんな膝関節を私たちはどのくらい知っているでしょうか?身近だけど、
意外と構造は理解していないのでは?このワークショップでは、まず、
膝関節の構造や性質、怪我について学んでいきます。

また、今の自分の膝関節の状態を観察し、知る事でケアする方法を学びます。
ペアワークで触ったり観察するだけでなくアサナを通して膝関節を、観察していきましょう。
二足歩行という足かせの中で、他の関節のように、あまり筋肉にも守られずに働いてくれる
膝関節に、感謝を持ってその仕組みをシェアしていきます。

バランス系アーサナは、アームバランス、逆転系の2つに分類でき、
そこから更に無数の個別アーサナへと繋がります。

ヨガ解剖学から、バランス系アーサナを紐解くと、無数のアーサナが、幾つかの接点を持ち、
やがて統合し始め、最後には、よりシンプルなアーサナへと収束していきます。

このバランスアーサナクリニックでは、今の私に必要なヨガ解剖学的エッセンスを自ら探しだし、
効率良く、痛みや怪我等からかけ離れた身体の使い方を頭に残し、身体で実践していきます。

前半はアームバランス系、後半は逆転系を中心に、確実に「私のバランス力」を
上げていく時間にしましょう。

講座概要

日時

1日集中講座~テーマを設けて徹底的に学ぶ!~

2017年日程公開!!
肩甲骨セラピー
3月25日(土)10:30~17:30 NEW!!
大阪|スタジオグリーン
  
ストレッチ1day集中講座
<フィジカルとメンタル編>
4月7日(金)10:30~17:30
浜松|ヨガスタジオ サマティヤ
 
5月5日(金祝)10:30~17:30
東京|オハナスマイル祐天寺店
 
アーサナ別1day集中講座
<鳩の王様のポーズ編>
5月6日(土)10:30~17:30
東京|オハナスマイル祐天寺店

3時間ワークショップ~大事なところだけ凝縮!学びやすいピックアップ講座~

2017年日程公開!!
< 東京 >
3月31日(金)10:30~13:30
<膝関節セラピー>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
3月31日(金)14:30~17:30
<足裏アーチ>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
5月26日(金)9:30~12:30
<バランスアーサナクリニック>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
5月27日(土)9:30~12:30
<肩・股関節の連動>NEW!!
東京|オハナスマイル駒沢大学店
 
6月3日(土)14:00~17:00
<足裏アーチ>NEW!!
東京|オハナスマイル祐天寺店
 
< 大阪 >
3月24日(金)09:30~12:30
<膝関節セラピー>NEW!!
大阪|スタジオグリーン
 
4月14日(金)14:00~17:00
<肩・股関節の連動>NEW!!
大阪|スタジオグリーン
 
5月19日(金)10:30~13:30
<足裏アーチ>NEW!!
大阪|ヨガアカデミー大阪
 
5月19日(金)15:00~18:00
<バランスアーサナクリニック>NEW!!
大阪|ヨガアカデミー大阪
 
< 浜松 >
4月9日(日)10:30~13:30
<膝関節セラピー>NEW!!
浜松|ヨガスタジオ サマティヤ

講師

内田かつのり

場所

<東京>
オハナスマイル ヨガスタジオ 祐天寺店
東京都目黒区祐天寺2-9-4 虎ノ門ビル2F
■→アクセスはこちら
 
オハナスマイル ヨガスタジオ 駒沢大学店
東京都世田谷区野沢4-21-13 KOMAZAWA STUDIO 2F
■→アクセスはこちら
 
< 大阪 >
ヨガスタジオグリーン
大阪府大阪市天王寺区逢坂2丁目3-2 リンクハウス天王寺ビル2F
■→アクセスはこちら
※スタジオグリーンでの受付は講座開始20分前からとなりますのでご注意ください。
 
YOGA ACADEMY OSAKA|ヨガアカデミーOSAKA
大阪府大阪市中央区安土町2-2-15 ハウザー堺筋本町駅前ビル6F
■→アクセスはこちら
 
< 浜松 >
Samatya|サマティヤ
静岡県浜松市西区入野町1082-1
■→アクセスはこちら

受講料

1日集中講座 1クラス 14,580円(事前お振込み制)
3時間ワークショップ 1クラス 7,560円(事前お振込み制)

定員

20~30名
※会場によって多少前後することがありますが何卒ご了承ください。

参加対象

ヨガ解剖学に興味のある方、身体について学びたい方

※内田かつのり先生の『実践ヨガ解剖学講座 基礎編』等、その他のヨガ解剖学講座を受講されていなくても受講は可能です。

持ち物

ヨガのできる動きやすい格好、ヨガマット(レンタル300円)、筆記用具、汗ふきタオルなど

※ヨガマットをレンタル希望の方は通信欄に「ヨガマットレンタル」とご記入ください。

※多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。
各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。

【ご予約・お問い合わせ】
この講座のご予約・お問い合わせは下記フォームよりへお進み下さい。
<お申込み時の注意事項>

お申込み時のメールアドレスが、携帯電話アドレスの場合、お申込み後の自動送信メールが届いていないケースがございます。申込み後「ご予約・ご入金受付の完了メール」が届いていない場合は、迷惑メール対策設定にて、「yoyaku@yoga-gene.com」からのメールを受信許可に設定の上、「yoyaku@yoga-gene.com」までご連絡ください。

※ご登録はYahoo!メールやhotmail、gmailなどのフリーメールアドレスをおすすめいたします。

講師紹介

contents_ws_and_etc_upload_face
Katsunori Uchida
内田かつのり

ヨガインストラクターであり、鍼灸師。漢方や整体術を実践し、“薬だけでは治らない病気も沢山ある”という現実を身を持って体験した事をきっかけに、アメリカの栄養学である分子矯正医学という栄養療法を深めながら、ファスティング、酵素栄養学、ゲルソン療法(コーヒーエネマ)、漢方や整体術などを実践。
更に、本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、ヨガそのものが暮らしの中に在るようになる。上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っている。アヌサラヨガのマスターイマージョン、アヌサラ・インテンシヴコースⅠ・Ⅱ修了、UTLでのAMC/AMIC修了。

現在、都内ヨガスタジオにて、解剖学短期集中講座やティーチャートレーニングに携わり、インストラクター養成にも力を注いでいる。

座右の銘:陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる

【ヨガ解剖学アカデミー】 http://www.anatomy.jp/
【内田かつのりブログ:ヨガと鍼】 http://ameblo.jp/yogahari
【内田鍼灸院/Yoga Anatomy Lob.】http://www.yogahari.com/

過去のクラスレポート

お申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加