ヨガ指導者スキルアップ講座:ヨーガ療法×食で心と体の不調を改善!2日間でメソッドを取得

ロータスエイト・ヨガジェネレーション共催
個人セッションにもヨガクラスにも!
生徒さん1人1人にヨガと食の両面からより適したアドバイスを!

講師:日本ヨーガ療法学会認定療法士 野口秀樹・みどり夫妻

【日程】
2017年6月29日(木)30日(金)
※講座修了者には、修了書が授与されます。(全日程の参加が必須となります)

【時間】
10:00~17:00

【場所】
Studio+Lotus8 東日本橋スタジオ ハスハチキッチンスタジオ
 
【参加費】
48,600円(税込)※事前お振込制

 

  • ヨガの指導をしていて、もっと相談にのりたいけれど持っているアプローチが少ない
  • 不調がある生徒さんに対して、思った以上に体が固い生徒さんに対して、対応方法がわからない
  • ヨガをライフスタイルにして欲しいのにポーズとしてしか伝わっていない気がする
  • ヨガはポーズだけではないけれど、クラスでポーズしか教えらない
  • 生徒さんになかなか変化が見られないで悩んでいる

既にヨガの講座は多種多様。解剖学からアジャストメント、哲学など様々なヨガ指導者向けの講座がありますが、「いくらヨガを学んでも何か足りない気がする」と言った現役ヨガインストラクターさんからの悩みや声がヨガジェネレーションに集まっていました。
 
 
そこで、「ヨガの効果をより高めてくれる、ヨガに留まらないアプローチはないか?」と探し続け、私たちはついに見つけました。ヨガクラス、つまりアサナは体を使う外側からのアプローチで心と体に影響を与えるものですが、内側からは何かできないか? 内側からも体と心に影響を与えることができれば、ヨガと相乗効果が出せるのではないか?!

そこで出会ったのが、「ヨーガ療法」と「食」とを掛け合わせたメソッド。
 
 
ヨガは「体だけでなくマインドが変わる」と言われていますが、同様に食も「マインドを変える」と言われています。また、本来ヨーガ療法とは正式な認定を受けた講師しか指導できないメソッドですが、この講座では「指導者が明日から使える」をテーマに、すぐに役立つ内容を厳選してお伝えしていきます。

体の内側、外側の両面からのアプローチを学び取得することで、より生徒さんにヨガを楽しみ、効果を感じていただける指導者を目指す講座です。

※講座中の録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力お願いいたします。
※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
 
 

講座の目的:ヨーガ療法と食のアドバイスを取り入れたクラスが開催可能に

野口夫妻講座風景
 
本講座2日間を受講いただくことで、下記を目指していただくプログラムです。

  • ヨガのクラスで食の話やアドバイスができるようになる
  • ご自身のクラスにヨーガ療法のメソッドを取り入れてもらうことが可能になる
  • ヨガクラスでアサナにとどまらず呼吸法、瞑想のトータルケアができるようになる
  • 体の不調に合わせてヨガと食の面から適したアドバイスが可能になる

こんな生徒さんに喜ばれます

  • よりヨガの効果を高め、早く感じたいと考えている方
  • 食に関するアドバイスをしてほしいと考えている方
  • ヨガクラス以外でもアドバイスを求めてくる方
  • 簡単な動きであれば自宅でもやりたいと思っている方
  • 体に不調があり、通常のヨガクラスになかなか参加できない方
  • 個人セッションでよりオリジナルなヨガやライフスタイルのアドバイスを求められている方
  • 車椅子で生活されている方や、椅子に座った状態でしか運動ができない方
  • 肩こり・腰痛・膝の痛みや頭痛など慢性的な痛みに悩んでいる方

このメソッドは、もちろんご自身のために使用していただくこともできますので、ヨガ指導者以外の方でもご参加可能です。また、ご家族のために食とヨガを学びたいという方にもオススメの講座です。
 
 

ヨガに”食”を加えることで起きる相乗効果

ヨーガ療法お料理
ヨガのクラス(アサナ)は心と体を変える外側からのアプローチ、同様に食は内側から心と体を変えるアプローチです。2つを同時に行うからこそ、相乗効果を感じてもらうことができるとこのメソッドでは考えています。

“食”のポイント1:食に対する考え方、向き合い方

そもそもなぜ食事の改善が必要なのか、食を意識することでどのように体が変わるのかといった基礎から始まり、分子正常栄養学や千坂式食事といった様々な角度から、食の考え方をご紹介していきます。

“食”のポイント2:簡単!栄養たっぷりの無水鍋

無水鍋は調理法がとても簡単な上、体の状態をごそっと改善できる料理です。手軽であるにも関わらず水をほとんど使用しない無水鍋料理は、水に溶けやすいビタミンやミネラルの損失を最小限に抑え、栄養素を最大限に摂取することが可能になり、余分な調味料、塩分を使わないところもオススメの理由です。

“食”のポイント3:マインドを変えるための学びの実践

講座内では、実際に「煮る・焼く・蒸す・炊く」の実演調理を行い、講師が作った料理を食べていただく時間を設けています。2017年2月開催においては2日目、30日(金)のお昼に「ごはん、けんちん汁、サラダ、お浸し、根菜の煮物、ゆで卵、焼き魚、お芋の天ぷら、バナナケーキ」を予定しております。

 

ヨーガ療法が考えるヨガクラスの特徴は”トータルケア”

野口夫妻講座風景

ヨーガ療法とは…
伝統的なヨーガを科学的な研究をもとに、体力のない人や疾患を持つ人でも安全にできるように改良して作られたヨガです。身体の不調の回復を図るだけでなく、心の落ち着きや睡眠など精神的な健康を向上させる方法としても効果のある健康法です。生活習慣の改善や病気の予防、人間関係改善など、日常生活にも応用ができます。最近では、ストレス性の疾患、生活習慣病、介護予防や心の病への効果が実証されています。

ヨーガ療法では、まずは生徒さんを観るところから始めます。その後、まずは「関節を緩める」ところから動き始め、「誰にでもできる」ことを大切に不調がある方や椅子に座ったままでないと動けない方にでも楽しんでもらえるアサナを提案しています。また、ヨガクラスをアサナだけでなく呼吸法や瞑想法まで含めてトータルケアすることも大切にしています。

本講座修了後に開催できるクラスの構成

1.生徒の不調の症状と原因を探るためのヒアリング
2.すべての方にまず必要な関節を緩める動きの紹介
3.生徒の不調や症状に合わせ自宅でもできる運動法やアサナの紹介
4.体質改善に有効な呼吸法や、体調を客観視するために瞑想法の紹介
※個人セッション、またはヨガクラス内に上記を取り入れていただくことが可能になります。
 
 

講師はヨーガ療法認定療法士

野口夫妻
講師である野口秀樹、みどり夫妻はお二人とも一般社団法人日本ヨーガ療法学会から認定を受けられています。認定療法士になるまでには専門コースを計30回以上受講する必要がある他、認定を受けるためには4年ごとに更新の審査が設けられています。その学びを経たお二人が「ヨーガ療法の特徴や必要な内容」を2日間で学べる内容に厳選し、お二人の経験や学びから得られた「食の知識と実践」を掛け合わせてお届けするオリジナルメソッドです。

※詳しいプロフィールは下記の講師紹介をご確認ください。

講師からのメッセージ

私達は、自分達の病気や様々な問題を自ら解決しようと、様々な学びをしてきました。そんな中で木村慧心先生に出会い、ラージャヨーガ、ヨーガ療法を学ばせて頂き大きく人生が変容してきました。アイソメトリック、アイソトニックでアーサナを行うことで、しなやかな筋肉を手にいれ、肉体の内観から、身体の声をきくことが出来るようになりました。熟考型の瞑想をする事で行動の奥にある自分の考え方の癖を玉ねぎの皮をむくように、自分で気付き認知を変えることが出来ました。

ヨーガ療法の効果は、ヨーガを行うことで単に身体が気持ち良い、リラックス出来る、だけではありません。 毎日の生活に便利な身体を手に入れる事、なにより行動の変容を伴う思考の変化を目指し、ヨーガをやっている時だけではなく、普段の生活にヨーガの智慧を生かせるようになっていく事です。先ずはご自身で心身の健康を手に入れ、それを生徒さん達に伝えられるようになるお手伝いをさせていただきたいと思います。

講座内容

明日から使える「ヨーガ療法」:プログラム 2017年6月29日(木)30日(金)
野口夫妻講座風景

・野口夫妻によるヨーガ療法クラス体験
・アサナ:姿勢、立ちポーズ、座るポーズ、寝るポーズ、症状別のアサナと応用
・呼吸法:完全呼吸、片鼻呼吸、1:2、ブラーマリー
・瞑想法:マインドフルネス瞑想、考える瞑想
・座学:運動の特性、見立て、食事
・無水鍋料理の実演調理・試食:「煮る、焼く、蒸す、炊く」調理法(メニュー:ごはん、けんちん汁、サラダ、お浸し、根菜の煮物、ゆで卵、焼き魚、お芋の天ぷら、バナナケーキ)
・組み立て型実践:症状に合わせたアサナ、呼吸法、瞑想のプログラムを作る
・実技試験:1人10分程度(参加者には修了証が与えられ、講座で学んだ内容を指導いただけます)

ヨーガ療法について学ぶ内容
ヨーガ療法野口先生

【アーサナ】
・運動生理学に基づく体の動かし方
・アイソメトリック(等尺性運動)、アイソトニック(等張性運動)で行うアーサナ
・立位、坐位、伏・仰臥位、椅子を使ったアーサナ

【呼吸法】
・呼吸法、呼吸法の効果、自分で行う呼吸法、生徒さんに教える呼吸法
・禁忌

【瞑想】
・人間五臓説
・人間馬車説などヨーガの知慧を通しての健康観
・瞑想の効果
・心理教育としての瞑想(熟考型瞑想)の実習

講座概要

日時

2017年
<東京>
6月29日(木)30日(金)
10:00~17:00

講師

日本ヨーガ療法認定療法士
野口秀樹
野口みどり

定員

12名(最小催行人数:4名)

参加費

48,600円(税込)
※事前お振込制
※この参加費には、トレーニング費、教材費、修了書発行費が含まれます。/p>

会場

東京都中央区東日本橋3-3-17 Re-Know 5B
Studio+Lotus8 東日本橋スタジオ ハスハチキッチンスタジオ
※詳しい地図はコチラ

 

【最寄駅のご案内】
(各駅より徒歩5分前後)
都営浅草線 東日本橋駅A3出口
都営新宿線 馬喰横山駅A2出口
JR総武快速線 馬喰町駅1番出口
東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅A1出口

参加対象

・食を取り入れてヨガの指導をおこなっていきたいヨガ指導者
・60〜90分のヨーガ療法のクラスを開催したいヨガ指導者
・ヨガクラスでアサナにとどまらず呼吸法、瞑想のトータルケアを行いたいヨガ指導者
・体の不調に合わせて食とヨガの面から適したアドバイスをおこないたいヨガ指導者
・ご自身のために、ご家族のためにヨガと食を両面から学びたい方

※指導歴や資格など、ご参加における参加条件は特にございません。

持ち物

・ヨガマット(レンタルあり:300円)
・動きやすい服装(レンタルあり:300円)
・筆記用具

【ご予約・お問い合わせ】
この講座のご予約・お問い合わせは下記フォームよりへお進み下さい。
<お申込み時の注意事項>

お申込み時のメールアドレスが、携帯電話アドレスの場合、お申込み後の自動送信メールが届いていないケースがございます。申込み後「ご予約・ご入金受付の完了メール」が届いていない場合は、迷惑メール対策設定にて、「yoyaku@yoga-gene.com」からのメールを受信許可に設定の上、「yoyaku@yoga-gene.com」までご連絡ください。

※ご登録はYahoo!メールやhotmail、gmailなどのフリーメールアドレスをおすすめいたします。

講師紹介

野口秀樹
野口秀樹
20代に難病を患い、健康を取り戻すために正常分子栄養学、レイキ、操体法、断食、自然療法などを実践。クラスに出ている時だけではなく、日常生活の中にヨーガの学びを役立ててもらい生徒の健康の向上を目指す。2007年よりヨーガ療法学会の木村慧心師に師事。2011年にインド政府公認「ヨーガティーチャー」「ヨーガセラピスト」および「日本ヨーガ療法士学会会員」取得。その他「森林セラピスト」や「国際姿勢ドクター」も取得。現在Studio+Lotus8 ナチュラルメディカルスクール プロフェッショナル臨床コースのヨーガ部門に講師として参加。GREENDOOR YOGA代表。
野口みどり
野口みどり
幼少期より家族や身近な人間の病気を目の当たりにし「人はなぜ病気になるのか」に関心を持つ。エアロビクスインストラクターとして活動をしながら、運動と食の側面から健康を追求していたところ、ヨーガ療法学会の木村慧心先生に出会い師事。心の側面からのケアも不可欠であることを学ぶ。2011年にインド政府公認「ヨーガセラピスト」および「日本ヨーガ療法士学会会員」の資格を取得。現在Studio+Lotus8 ナチュラルメディカルスクール プロフェッショナル臨床コースのヨーガ部門に講師として参加。

過去のクラスレポート

お申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加