newbby-1

初開催!月経ケア:月経〜更年期〜閉経に寄り添うためのヨガ指導者養成講座(3日間)

ブリスベイビーヨガ創始者 アナ・デイビス先生に学ぶ
月経ケア
月経〜更年期〜閉経に寄り添うためのヨガ指導者養成講座(3日間)

【開催日程・場所】
2017年
<東京>
3月3日(金)、4日(土)、5日(日)
オハナスマイル ヨガスタジオ祐天寺店

【受講料】
113,400円(税込)

ヨガ講師やヨガを実践する人の大半が女性であるにも関わらず、未だに男性と同じような練習法を続ける人が多いのが現状です。

この画期的な指導者養成講座では、そうした男性的なヨガの実践に取って代わる方法、「女性による女性のためのヨガ」 を提案します。
アナ・デイビス先生が教えるユニークな女性的アプローチ、「月と共に動くヨガ(Moving with the Moon Yoga)」を深く理解し、学ぶことができる充実の特別講座です。

p2470361-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc常に同じアプローチをする直線的な考え方ではなく、女性ならではの周期による変化を反映させた、心地よく行なえる女性的ヨガの練習法、指導法を学びます。女性が抱えるニーズに合わせたヨガ、女性の身体、そして感情や精神面をより繊細に優しく受け止め、受け入れるヨガのあり方を学ぶことが出来るでしょう。

健やかな月経サイクル、妊娠力、更年期など、「女性としての一生における重要な転換期をサポートするためにどうヨガを役立てていくことが出来るのか?」を追求し続けるブリスベイビーヨガの創始者/ディレクターであるアナ・デイビス先生が講師をつとめます。

p2470394-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc「その時々で心身の変化があるため、女性へのヨガ指導には複数のツールを統合的に用いると良い」とするアナ先生。この分野での指導経験が豊富な彼女だからこそ、女性的なフローヨガ、リストラティブヨガ、特別な呼吸法、瞑想法など様々な手法を提案してくれます。

この「月と共に動く」女性的なスタイルのヨガを学ぶトレーニングは、男性的な「陽」のアプローチをするこれまでのヨガへのアンチテーゼといえるでしょう。世界中で注目され、需要が高まりつつあるこのニッチなスタイルのヨガを教える指導者の仲間入りをしませんか。

目指すはホーム・プラクティスの充実

ana-pose-sその時々の心と体の状態やライフステージに合わせたヨガのバリエーションを知り、実践できることは大きな安心感と助けとなるでしょう。アナ先生は本講座をとおして「Big tool box=(ヨガの)大きな道具箱」を提供したいのだと話してくださいました。

やさしいヨガだけでなく、月経サイクルの中でもエネルギッシュなフェーズのための負荷が強めのフローヨガも提案しますが、リストラティブヨガとアーユルヴェーダが主要な構成要素となります。

初潮から閉経まで。女性の一生のサイクルを網羅する実践的な内容

女性の一生のライフサイクルという大きなテーマを扱いますが、各ライフステージに合わせた非常に具体的かつ実践的なヨガをしっかりと学べます。

また、閉経とは全ての女性がいつかは迎えるもの。その転換期へ向けて、いかにヨガ・アーユルヴェーダの知識や実践をもって準備ができるかは、能動的で主体的な試みといえるでしょう。

ヨガ指導歴は20年以上。「女性の為のヨガ」への強い思い

ana-flower-sマタニティ産後ヨガの指導者養成講座をアジア太平洋地域やヨーロッパ等国際的に展開するブリスベイビーヨガ協会以前に運営していたヨガスタジオでもマタニティヨガやベビーヨガクラスを担当していたアナ先生。

女性の生き方への強い関心は学生時代にまで遡り、日本に留学していた際は「第二次世界大戦から現代のメディアにおける女性像」を論文のテーマにしていた程。現在の女性の為のヨガを次世代のフェミニズム運動の大きなうねりの1つとして捉えています。

このテーマを追求してきた彼女だからこそ提唱できる、「女性の為のヨガの5原則」も登場します。現在、本テーマの書籍も執筆中ですのでどうぞお楽しみに!

※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。

アナ先生が長年あたためてきた講座が実現
『ミスキャリッジをケアするためのヨガ』流産、中絶、死産を経験した女性をヨガでケア
2017年3月6日(月)・東京

講座の詳細はコチラ⇒⇒
<アナ・デイビスが考案!ブリスベイビーヨガの3つの指導者養成講座>
※いずれも全米ヨガアライアンスRPYT85認定講座

xljpmis9短期集中で“安全な”産前ヨガを学びたい方は!
『マタニティヨガ 指導者養成講座』
講座の詳細はコチラ
 
 
postnatalyoga336_145
短期集中で産後の女性・赤ちゃんのためのヨガを学びたい方は!
『産後ヨガ 指導者養成講座』
講座の詳細はコチラ
 
xljpmis9より産前産後ヨガ指導の実践を積み、スキルアップしたい方は!
『産前・産後ヨガ指導者養成講座<実践編>』
講座の詳細はコチラ

講座内容

女性に特化したヨガ指導者養成講座(3日間) 2017年3月3日(金)~5日(日)の計3日間

・ 子宮と共に動く:女性的なアプローチで行なうヨガの原則や実践法
・ 月経と更年期・女性のライフステージを敬う:女性としての重要な転換期に対する様々な文化的アプローチへの理解、ヨガ・アーユルヴェーダの観点からの考察
・ 女性の為のヨガの5原則
・ 女性的フローヨガ
・ 年代に合わせた女性のためのリストラティブヨガ
・ 様々な月経異常(例: 子宮内膜症や無月経など)への対応を含む、月経サイクルのあらゆる段階におけるヨガ(神経システムやホルモンバランスの調整)
・ 不妊治療のためのヨガ入門
・ 閉経周辺期および更年期のためのヨガ

講座概要

日程

<東京>
2017年3月3日(金)~5日(日)の計3日間

 

時間

1日目 9:00~18:00
2日目 9:30~18:30
3日目 9:45~18:45

(※途中1時間のお昼休憩あり。1日8時間)

講師

アナ・デイビス|Ana Davis
通訳:飯塚エミ

定員

24名

場所

オハナスマイル ヨガスタジオ 祐天寺店
東急東横線「祐天寺駅」東口下車、徒歩1分
■→ アクセスはこちら

受講費

113,400円 (税込・事前お振込制)
※受講料にはトレーニング費、教材費、修了証発行費のすべてが含まれます。

参加対象

・最低6ヶ月のヨガ経験がある方(ヨガ指導者である必要はありません)
・本講座のテーマに関心があり、自分自身や身近な女性の健康に役立てたい方、ヨガ指導に活かしたい方
・現在妊娠されている方のご参加も可。ただし、安定期に入ってる方で主治医の許可を得た方のみ。また、妊娠期に適さないポーズが多いためアサナのセッションは見学いただくことが多くなります。予めご了承ください。

持ち物

・ヨガのできる動きやすい格好
・ヨガマット
・筆記用具

【ご予約・お問い合わせ】
この講座のご予約・お問い合わせは下記フォームよりへお進み下さい。
<お申込み時の注意事項>

お申込み時のメールアドレスが、携帯電話アドレスの場合、お申込み後の自動送信メールが届いていないケースがございます。申込み後「ご予約・ご入金受付の完了メール」が届いていない場合は、迷惑メール対策設定にて、「yoyaku@yoga-gene.com」からのメールを受信許可に設定の上、「yoyaku@yoga-gene.com」までご連絡ください。

※ご登録はYahoo!メールやhotmail、gmailなどのフリーメールアドレスをおすすめいたします。

講師紹介

講師

anadavis_new_s
Ana Davis
アナ・デイビス

RYT, E-RYT, RPYT認定。 ドゥーラの資格も持つ、国際的に活躍するシニア講師。

25年以上のヨガ歴、20年以上のヨガ指導歴をもつアナ・デイビスは、女性のためのヨガを専門とするヨガティーチャーおよびティーチャー・トレーナーとして国際的に活躍しています。産前・産後ヨガの指導者養成機関である「Bliss Baby Yoga」を立ち上げ、日本でも過去7年に渡って数多くのマタニティーヨガ/産後ヨガ指導者養成講座を提供してきました。

2013年には、「月と共に動く」という意味の”Moving with the Moon”というヨガのスタイルを提唱。月経サイクルや更年期、不妊治療のためのヨガに関するワークショップやクラスを提供しています。月経サイクルのあらゆる段階に適したヨガ、動き、瞑想法を提案する『月と共に動く』(“Moving with the Moon – Nurturing Yoga, Movement and Meditation for Every Phase of your Menstrual Cycle”)という本も現在執筆中。

お申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加