【ヨガと瞑想の効果】なりたい自分になるための方法

masa-tylar

なりたい自分はありますか?
ヨガや瞑想でなりたい自分になれたら、使わない手はない!?

ヨガを好きでプラクティスしているみなさん。瞑想を好んで行っているみなさん。その大好きな”ヨガや瞑想を通じて、なりたい自分になれる”と聞いたらどう思いますか?信じますか?信じられないですか?

私は、昨今、書店に多数置かれている、人生の質を上げるための、仕事のパフォーマンスを上げるための”マインドフルネス”や”瞑想”、”ヨガ”が書かれた本。そんな本を買いはしなくても、気になっていました。

先日、オハナスマイル祐天寺店で開催された、ヨガ・瞑想講師:中島正明先生とヨガマインドラボ考案者:タイラー・モンガン先生のコラボレーション講座。これはいかにヨガや瞑想が”自己実現に有効なのか”を科学的に(心理学・人間発達学・脳科学・量子論などの根拠を元に)分かりやすく解説し、実際にタイラー先生の誘導で、自己実現に有効なヨガのアーサナや瞑想を実践する講座でした。

お二人はヨガや瞑想に深く深く精通し、しかも、二人とも徹底的に勉強するタイプ。この二人からこの分野を勉強できる機会は、本当に稀で、貴重な機会。

7月に初開催されてあっという間にキャンセル待ちとなった3時間のワークショップ。今回は1DAY集中講座として、更に詳しく解説、そして、様々なワークを通して体で体感できる講座でした。

見ようとすると見えない?

masa-taylar01
みなさん、私達の身体って、実はすごい力を持っているのをご存知でしょうか?

私は今回の講座を通じて、身体の可能性を活かしきれてないな。”身体よ、ごめんね・・・。”という気持ちになりました。現代社会では頭(=脳)で考えすぎて、体が本来持つポテンシャルを発揮できていないのです。

例えば、二人の人が向き合って、両手を重ねます。一人の人は自由に手を動かし、もう一人の人はそれについていこうとします。これが不思議と目を開けて『やろう』とすると、なかなか追いついていくのは難しいのです。でも、目を閉じて行うとお互いの手と手は一緒に動かすことができるのです。目を開けて行うと、脳の視神経の回路を通してから、手を動かす指令が出るので、なかなか追いつけない。でも、目を閉じると、脳を使わないからできる。

日常の生活で私達は頭を使いすぎてしまっているのかもしれませんね。

いろんな科学的な証明から、ヨガや瞑想は現代の”考える”ということから離れて、身体・そしてハートのポテンシャルを引き出すものなのだと確信することができました。

過去の記憶を消す太陽礼拝!?

masa-tylar02
そして、脳科学・心理学・人間発達学・量子論などから証明されているヨガや瞑想の効果を理解した後は、実際に”自己実現”に有効なアーサナや瞑想を実践。

タイラー先生がリードしてくれた太陽礼拝では、自分が過去の”忘れたい”と思っている出来事が身体の外に出ていくイメージをしながら1回目は行い、2回目はそれがなくなって明るくなっている自分を想像しながら行いました。イメージングすることも非常に大切なことなんだそうです。

仏教の言葉で『身口意』という言葉があります。身は行動、口は言葉、意は意志。この3つが合致した時、同じ方向を向いた時に人間の可能性は最大限に発揮できるそうです。私も、そんな風になって、なりたい自分を実現しようと、心に決めました。そのために、毎日ヨガしようと固く心に決めた1日になりました。

masa_tyler自分の中の”越えられない”壁を突破するために!
タイラー・モンガンx中島正明による『ヨガと瞑想でなりたい自分になる!コラボワークショップ』
東京にて開催!

大好きなヨガと瞑想で夢を叶える
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加