bby_new_top

初開催!産前・産後ヨガ指導者養成講座 実践編(3日間)

ブリスベイビーヨガ協会ファン 待望の新講座!

全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85
取得のための3日間!
産前・産後ヨガ指導者養成講座 <実践編>

※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。

【開催日程・場所】
2016年
<東京>
12月2日(金)、3日(土)、4日(日)
オハナスマイル ヨガスタジオ祐天寺店

【受講料】
113,400円(税込)

 
P2300884この冬、マタニティヨガ・産後ヨガを指導されている皆さま待望の指導者養成講座がいよいよ初開催されます!それはずばり、産前および産後に特化したヨガの指導者としての最高レベルの資格である、「全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85」(以下RPYT85)を取得することができる講座です。
 
なお、本講座はブリスベイビーヨガ協会(以下ブリスベイビー)の創始者であるアナ・デイビス先生が担当します。20年以上の指導経験をもつアナ先生は、女性の健康に特化したヨガのスペシャリストとして国際的に知られています。11才の息子を持つ母でもあるアナ先生は、過去9年に渡って何度も日本を訪れ、ブリスベイビーの指導者養成講座を教えてきました。
 
さらに、今回はブリスベイビーの講座のシニアティーチャーであり日本を拠点に活躍するプレーマ佳菜子氏をゲスト講師に迎え、”日本で”ママ&ベビーヨガを教えるにあたって大切なことなどをお伝えします。
 
  

ブリスベイビーの講座の中で最も”実践”に重きを置いた講座

P2310102本講座は模擬クラスやペアワーク等、指導の練習に多くの時間を割きます。すでに産前・産後ヨガを教えていらっしゃるみなさんの知識と経験の強化をはかることで、より安心・安全な指導ができるようになっていただくことが目的です。

これまでに開催してきたブリスベイビーヨガ協会(以下ブリスベイビー)のマタニティヨガ指導者養成講座(3日間)と産後ヨガ指導者養成講座(3日間)”両方”を受講した方は、本講座を受けることでRPYT85に申請する資格が得られます。
 
資格取得といった意味でのステップアップに加え、妊婦さんや産後のママに合わせたヨガを効果的に教えられるようになることは、大いなる自信につながるでしょう。

※注:申請にあたっては次の条件を満たしていることが必要となります。
・同講座を修了後30時間以上の指導経験があること 
・RYT200を修了していること(2016年11月更新)

 
 

本講座の参加資格について

本講座は下記の方を対象としています。お申込みいただく前に、ご自分がいずれかに該当するか否かをご確認ください。また、お申込み時にこれまでの受講歴(産前・産後ヨガの指導者養成講座に限る)をご明記ください。


*以下全てブリスベイビー主催 講座*
 
・現在開催中の「マタニティヨガ指導者養成講座(3日間)」「産後ヨガ指導者養成講座(3日間)」のいずれか、あるいは両方を修了している方

(※受講前に両方を修了していることが望ましい。2016年10月開催のお申込みはコチラ>>

・2009〜2014年に開催された「マタニティ・産後ヨガ指導者養成講座(3日間)」を修了された方

・2012〜2014年に開催された「RPYT指導者養成講座(6日間)」を修了された方
(※東京およびバイロンベイ開催いずれも対象です ※リテイク価格にて受講いただけます。受講料はメールにてご案内いたします)

RPYT85の資格を取得するには?

 
以下を修了することで、RPYT85の登録申請をする権利が得られます(登録の際は別途登録料がかかります)
 
<パターン1:現在開催中の、3つのブリスベイビーの指導者養成講座>
・「マタニティヨガ指導者養成講座(3日間)」
・「産後ヨガ指導者養成講座(3日間)」
・「産前産後ヨガ指導者養成講座<実践編>(3日間)」
 
<パターン2:過去に開催されたものを含む、3つのブリスベイビーの指導者養成講座>
・「マタニティ・産後ヨガ指導者養成講座(3日間)」(2009~2014年開催)
・「産後ヨガ指導者養成講座(3日間)」
・「産前産後ヨガ指導者養成講座<実践編>(3日間)」

※注:申請にあたっては次の条件を満たしていることも必要となります。(2016年11月更新)
 ・同講座を修了後30時間以上の指導経験があること 
 ・RYT200を修了していること

 
 

講師からのメッセージ

 
○ アナ・デイビス

いよいよ日本でもRPYT85の取得に必要な3つ目の講座を開催できることをとても嬉しく思っています。
初開催となる本講座は”実践”に重きを置き、具体的にはより綿密なシークエンスづくりに取り組む他、出産準備のためのパートナーヨガ、ベビーヨガ、マタニティ向けのヨガニードラ、産後向けのプラナヤマやリストラティブヨガを取り上げます。

また、ゲスト講師として日本で活躍するブリスベイビーヨガ講師、プレーマ佳菜子氏を迎えます!最終日はプレーマ氏が楽しくインタラクティブな産後ママ&ベビー向けのクラスを行います。(日本語の歌やゲーマも沢山取り入れたアイディア満載!)

さらに、ヨガのアサナをしていない時間に心にとめておきたい、伝統的なヨガの思想をどのように現代における母親業に活かすことができるのかについても触れます。つまり本講座はヨガの身体的側面だけでなく、精神的、心理的な側面のケアも含め、ママ達を総合的にケアできるようになる講座なのです。
 
○ プレーマ佳菜子

実際に産婦人科等、産前・産後Yogaを指導してきた経験や、指導する中での問題提起をすることによって、これから指導をされて行く一人一人の不安を払拭し、産前・産後Yoga講師として、必要な知識だけでなく、自信をもって指導ができるようになっていただくことを目的としています。

これから出産を控える女性にとってYogaの側面から何を伝えることができるのか、出産に向けての体、心、認知、スピリットをどうしたら整えてあげることができるのか、何が実際に役に立ち、恐怖や不安をなくし勇気を与えることができるのか。また、産後の女性の体の回復、産後のメンタルケア、お母さんが知っておくべき赤ちゃんの成長にとっての大切な知識や、ストレスを抱えやすい産後の女性にとってのYogaクラスを楽しく充実させるにはどうしたらよいのかを学ぶことができます。

加えて、お母さん同士のつながりの場所として指導者ができること、ビジネスとして成り立たせていくためのメソッドを総合的に学べる講座です。
 
 
※ブリスベイビーヨガ協会は全米ヨガアライアンスのマタニティヨガ認定校です。講座修了後、ブリスベイビー協会から修了書が授与され、各自それをもって全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格(RPYT)に登録申し込みをすることが可能です。

※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。

rosie-b1マタニティ・産後ヨガのプロフェッショナルを目指すかたは必読!
オススメ記事

RPYT85とは?
全米ヨガアライアンス認定の注目資格
xljpmis9短期集中で“産前”ヨガを学びたいという方は!
ブリスベイビーヨガ協会による
『マタニティヨガ 指導者養成講座』

この講座の詳細はコチラ
※RPYT85認定講座

postnatalyoga336_145短期集中で産後の女性・赤ちゃんのためのヨガを学びたい方は!
ブリスベイビーヨガ協会による
『産後ヨガ 指導者養成講座』

この講座の詳細はコチラ
※RPYT85認定講座
 
 
月経ケアアナ先生のライフワークを3日に凝縮!
日本初開催!『月経ケア:月経〜更年期〜閉経に寄り添うためのヨガ指導者養成講座(3日間)』
2017年、東京にて3月3日、4日、5日の3日間開催!

講座の詳細はコチラ⇒⇒

講座内容

産前・産後ヨガ指導者養成講座 <実践編> 2016年12月2日(金)~4日(日)の計3日間
  • マタニティヨガのサンプルクラスと実践(プラーナヤマ含む)およびブリスベイビーシークエンスの指導練習
  • 産後ヨガのサンプルクラスと実践(プラーナヤマ含む)およびブリスベイビーシークエンスの指導練習
  • ママ&ベイビーヨガのサンプルクラスと実践および指導練習
  • マタニティヨガ:カップルで行う – パートナーヨガ、マッサージ、アクティブバースの姿勢
  • ヨガニードラ:主な構成要素と自分なりのヨガニードラを作る実践
  • マタニティヨガ:太陽礼拝の指導練習

【注】全米ヨガアライアンスRPYT85の認定に必要な時間数には、コース受講前の事前準備時間やコース中に行うべき宿題などのノンコンタクト時間も含まれています。

講座概要

日程

<東京>
2016年12月2日(金)~4日(日)の計3日間
※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。

時間

1日目 9:00~18:00
2日目 9:30~18:30
3日目 9:45~18:45

(※途中1時間のお昼休憩あり。1日8時間)

講師

アナ・デイビス Ana Davis
プレーマ佳菜子 Kanako Premma

通訳:矢島佳奈子

 

定員

24名

場所
受講費

113,400円 (税込・事前お振込制)
※受講料にはトレーニング費、教材費、修了証発行費のすべてが含まれます。

参加対象

現在開催中の「マタニティヨガ指導者養成講座(3日間)」「産後ヨガ指導者養成講座(3日間)」のいずれか、あるいは両方を修了している方
(※受講前に両方を修了していることが望ましい)

2009~2014年に開催された「産前産後ヨガ指導者養成講座(3日間)」を修了された方

・2012~2014年に開催された「RPYT指導者養成講座(6日間)」を修了された方
(※リテイク価格にて受講いただけます。受講料はメールにてご案内いたします)

※現在妊娠されている方のご参加も可能です (ただし、安定期に入ってる方で主治医の許可を得た方のみ)

持ち物

・ヨガのできる動きやすい格好
・ヨガマット
・筆記用具
・クラスの中で赤ちゃんの代わりとして使う手足の動く人形
※ヨガブロック、ヨガベルトをお持ちの方はご持参下さい。
※マタニティヨガ、産後ヨガ指導者養成講座で配布した教材の持参は不要です。新しい教材を当日お渡しします

事前課題(※必須)

・産後ヨガ指導者養成講座で配布している産後ヨガ模擬クラスのDVDを視聴すること。
※産後ヨガ指導者養成講座を受講せずに参加される方は初日にDVDを配布しますので講座期間中に視聴ください

・サントーシマ香先生のヨガニードラCD(マタニティ用)を入手し、4回練習すること。
※CDはコチラからオンラインでご購入いただけます:http://www.tokyo-yogawear.jp/fs/ty20/cd_dvd/YGT-0022

【ご予約・お問い合わせ】
この講座のご予約・お問い合わせは下記フォームよりへお進み下さい。
<お申込み時の注意事項>

お申込み時のメールアドレスが、携帯電話アドレスの場合、お申込み後の自動送信メールが届いていないケースがございます。申込み後「ご予約・ご入金受付の完了メール」が届いていない場合は、迷惑メール対策設定にて、「yoyaku@yoga-gene.com」からのメールを受信許可に設定の上、「yoyaku@yoga-gene.com」までご連絡ください。

※ご登録はYahoo!メールやhotmail、gmailなどのフリーメールアドレスをおすすめいたします。

講師紹介

workshop_wp-content_uploads_Ana-photo22
Ana Davis
アナ・デイビス

アナ・デイビスは20年以上に渡りヨガを教えており、シドニーにボンダイブリスヨガを設立。出産前・産後のヨガ講師育成コースを専門的に教えている。アナは’Australian Yoga Life’、また女性の健康に特化した雑誌に定期的に記事を書いている他、バイロンヨガセンター講師養成コースレベル1&2で教えている。彼女はさらにレメディアルマッサージのディプロマを持つ。11歳の息子を持つ母親として、アナは妊娠中、そして母親になったばかりの段階でのヨガから得る利益と喜びをシェアしていくことに情熱的である。彼女はセンターのリトリート・講師養成コースで、ヨガと女性の健康について教えており、また定期的に、マタニティーヨガの短期集中講師養成コースを行っている。アナは日本語をオーストラリア、日本の大学で何年も勉強しており、日本語で日常会話を話すことが出来る。

kanakoprema_small
Kanako Premma
プレーマ佳菜子

2013年9月にオーストラリアに渡り、創始者Ana Davis, Bliss Baby YogaのTTCにて産前・産後Yogaを学ぶ。現在、産婦人科等でマタニティYoga、ママ&ベビーYoga、女性のためのYogaを伝えている。また、水戸メンタルクリニックでは、ディケアのためのYogaセラピー講師を担当し、メンタルヘルスケアにも力を注いでいる。2016年1月にサントーシマ香メインティーチャーによる全米Yogaアライアンス認定200時間 RYTを修了し、茨城県ひたちなか市にRasa YogaプライベートサロンをOpen。一人一人に合わせたYogaを届けている。
http://kanako5.wixsite.com/yoga

通訳

kanakoyajima_small
Kanako Yajima
矢島佳奈子

オーストラリア在住。フリーランスでヨガの通訳、翻訳者として活躍する一方、自らのヨガクラス指導や様々なスクールの指導者養成講座にも講師として関わっている。マタニティヨガの指導資格も持ち、妊娠を機に7年前から妊婦さんを対象にした指導も始める。肩の力を抜いた自然体のヨガ、日常生活の一部としてのヨガの実践を心がけている。www.kanashakti.com

お申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加