マタニティTT

マタニティヨガ 指導者養成講座(3日間)、東京・大阪にて開催!

※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。

【開催日程・場所】
2017年
<東京>
2月17日(金)、18日(土)、19日(日)
4月14日(金)、15日(土)、16日(日)
6月23日(金)、24日(土)、25日(日)
オハナスマイル ヨガスタジオ駒沢大学店

<大阪>
4月21日(金)、22日(土)、23日(日)
ヨガアカデミー大阪

【受講料】
113,400円(税込み)

0906_maternity-tt-2「妊娠中の女性のケアができるヨガを学びたい!」という多くのリクエストに応えるべく、ヨガジェネレーションでは2009年より本講座を開催しています。

講師はオーストラリアからのアナ・デイビス先生、マリ・ノタラス先生、エマ・グラント先生、またドゥーラ(出産前後の女性の心身や生活のケアする専門家)の資格保持者であるロージー・マダソン先生。彼女たちは10数年を超えるヨガ指導キャリアをもち、オーストラリアのヨガの聖地、バイロンベイにてブリスベイビーヨガ協会を設立。産前・産後ヨガの指導者養成講座を専門とする、マタニティヨガのスペシャリスト集団なのです。

彼女たちが指導するマタニティヨガは、妊娠中の全ての段階にある女性を自信を持ってガイドできるようになるものです。ブリスベイビーヨガオリジナルのマタニティヨガシークエンスを学び、講座の中でも模擬レッスンやケーススタディを行うことで、参加者は安全に十分に配慮したヨガの指導法を身に付けられるようにデザインされています。

妊娠中の女性に向けたヨガクラスを専門的に行いたいと考えている講師やトレイナー、助産師、そして妊娠中におけるヨガの活用と効果について詳しく知りたい人に理想的な講座です。

また、妊娠中だからこそ、自らマタニティヨガの効果を実感し、出産後のヨガキャリアに活かしたいというかたも毎回数名いらっしゃいます。さらに、男性のヨガ指導者も大歓迎です!

ぜひこの機会にトレーニングを受けてマタニティヨガの知識を身につけませんか?

修了後の学びもサポート!

<リテイク制度>
修了いただいた後、「現場に出てみたが対応できないケースが多く学び直したい」「もう一度復習したい」という方のために、リテイク制度を用意。最低1日から、大変お得に再受講いただけます。

<アシスタント制度>
講座を開催する度にアシスタントを募集しています。講座のスムーズな運営のサポートをしながら、後輩たちの指導に携わりませんか?とくに妊娠中の生徒さんがご参加の際は講師とともにその方のケアをしていただくことがあります。

アシスタントをつとめてくださった方の声

img_7878受講した当初一番驚いたのは、女性でありながら女性の身体のこと、そして生命の神秘についてあまりにも知らないことが多すぎた点でした。
安全な身体の動かし方、浮き沈みの多い妊娠期に必要なマインドコントロール方法、呼吸法などを学び、より多くの女性にマタニティヨガを、そして産後ヨガを取り入れてほしいと思います。
ヨガのインストラクター、助産師、会社員と様々なバックグラウンドの仲間と学んだ時間は、とても濃厚でかけがえのないものとなりました。先生の指導は明確で理解しやすく、何度ででも受けたい講義でした。
そして今年、念願のアシスタントとして参加することができました。卒業後に何度も見返しているテキストも、一新されより明確で理解しやすい内容になっていました。
妊娠されている方、妊婦さんと接することのある方のみならず、すべての女性に学んでほしい講座です。

※講座修了後、ブリスベイビーヨガ協会が発行する修了証が授与されます。
※レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。

rosie-b1
マタニティ・産後ヨガのプロフェッショナルを目指すかたは必読!
オススメ記事

RPYT85とは?
全米ヨガアライアンス認定の注目資格
postnatalyoga336_145産後のママと赤ちゃんのためのヨガを学びたいという方は!
ブリスベイビーヨガ協会による
『産後ヨガ 指導者養成講座』
産後ヨガ、ベビーヨガ(乳児)や親子ヨガ(幼児)を短期集中で学びたい方に。◆この講座の詳細はコチラ
※RPYT85認定講座
 
xljpmis9マタニティ・産後ヨガのプロを目指す方に!
ブリスベイビーヨガ協会による
産前・産後ヨガ指導者養成講座<実践編>
指導練習や実践を通して様々なケースに対応できる指導者に。

この講座の詳細はコチラ
※RPYT85認定講座
 
 
月経ケアアナ先生のライフワークを3日に凝縮!
日本初開催!『月経ケア:月経〜更年期〜閉経に寄り添うためのヨガ指導者養成講座(3日間)』
2017年、東京にて3月3日、4日、5日の3日間開催!

講座の詳細はコチラ⇒⇒

講座内容

マタニティヨガの基礎理論や実践、応用など

<1日目>
・マタニティヨガの鉄則や禁忌事項(妊娠3期:初期・中期・後期)
・妊婦のための太陽礼拝
・グループワーク:妊娠期の心身の変化について
・パートナーヨガ
・マタニティ用ヨガニードラ

<2日目>
・プロップを使ったマタニティヨガ
・マタニティヨガの5つのポーズ群
・妊娠期の背中・腰のトラブルとケア法(仙腸関節痛、恥骨結合離解など)
・スクワットの練習法と効果、禁忌事項(アクティブバースの概要含む)
・骨盤底筋について
・リストラティブ・ヨガとチャンティング

<3日目>
・陣痛と出産の各ステージとイメージトレーニング
・ホルモンの変動について
・産後6週間の生活サイクル(母乳、寝不足、不安感、悪露、子宮の収縮)
・ヨガを再開するタイミング
・産後ヨガのポーズ群
・グループワーク:マタニティヨガクラスのケース・スタディ、指導練習

※上記はあくまで予定であり、順番や内容が変更となることがあります

講座概要

日程

<東京>
2017年
2月17日(金)、18日(土)、19日(日)
4月14日(金)、15日(土)、16日(日)

6月23日(金)、24日(土)、25日(日)
オハナスマイル ヨガスタジオ駒沢大学店

<大阪>
2017年
4月21日(金)、22日(土)、23日(日)
ヨガアカデミー大阪

※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。

時間
<東京
1日目:9:00~18:00
2・3日目:9:45〜18:45
(※途中1時間のお昼休憩あり。1日8時間)
<大阪
全日:9:30~18:30
(※途中1時間のお昼休憩あり。1日8時間)
 

講師

2017年2月・6月開催分
エマ・グラント|Emma Grant 
通訳:徳本陽子

2017年4月開催分
ロージー・マダソン|Rosie Matheson 
通訳:徳本陽子

 

 

場所
<東京>
オハナスマイル ヨガスタジオ駒沢大学店
世田谷区野沢4-21-13 KOMAZAWA STUDIO2F
東急田園都市線「駒沢大学駅」東口下車、徒歩5分
アクセスはコチラ

 

<大阪>
ヨガアカデミー大阪
大阪府大阪市中央区安土町2-2-15 ハウザー堺筋本町駅前ビル6F

■→アクセスはこちら
受講料

113,400円 (事前お振込制)
※受講料にはトレーニング費、教材費、修了証発行費のすべてが含まれます。

定員

<東京>
オハナスマイル ヨガスタジオ 駒沢大学店 24名

<大阪>
ヨガアカデミー大阪 24名

課題図書

最推奨 『ニュー・アクティブ・バース
(出版)現代書館、 (著)ジャネット バラスカス  2,940円

ナチュラルな出産のためのガイド
(出版)産調出版、(著)ジャネット バラスカス 2,310円

バース・リボーン―よみがえる出産
(出版)現代書館、(著)ミシェル・オダン 1,827円

上記3冊のうち1冊を各自ご購入の上、トレーニング当日までにお読みください。

参加対象

以下のご経験をお持ちの方のご参加が望ましいです。
・ヨガを1年以上練習されている方、もしくは看護師・助産師のとして働いておられる方
・ヨガ講師もしくは、ヨガ講師になる為にトレーニングをされている方

※現在妊婦されている方のご参加も可能です (ただし、安定期に入ってる方で主治医の許可を得た方のみ) ご予約・お問い合わせ:この講座へご参加希望の方は下記フォームよりお申し込みください。

持ち物

ヨガのできる動きやすい格好、ヨガマット、筆記用具
※ヨガブロック、ヨガベルトをお持ちの方はご持参下さい。

【ご予約・お問い合わせ】
この講座のご予約・お問い合わせは下記フォームよりへお進み下さい。
<お申込み時の注意事項>

お申込み時のメールアドレスが、携帯電話アドレスの場合、お申込み後の自動送信メールが届いていないケースがございます。申込み後「ご予約・ご入金受付の完了メール」が届いていない場合は、迷惑メール対策設定にて、「yoyaku@yoga-gene.com」からのメールを受信許可に設定の上、「yoyaku@yoga-gene.com」までご連絡ください。

※ご登録はYahoo!メールやhotmail、gmailなどのフリーメールアドレスをおすすめいたします。

講師紹介

アナデイビス
Ana Davis
アナ・デイビス

アナ・デイビスは20年以上に渡りヨガを教えており、シドニーにボンダイブリスヨガを設立。出産前・産後のヨガ講師育成コースを専門的に教えている。

アナは’Australian Yoga Life’、また女性の健康に特化した雑誌に定期的に記事を書いている他、バイロンヨガセンター講師養成コースレベル1&2で教えている。彼女はさらにレメディアルマッサージのディプロマを持つ。

11歳の息子を持つ母親として、アナは妊娠中、そして母親になったばかりの段階でのヨガから得る利益と喜びをシェアしていくことに情熱的である。彼女はセンターのリトリート・講師養成コースで、ヨガと女性の健康について教えており、また定期的に、マタニティーヨガの短期集中講師養成コースを行っている。

アナは日本語をオーストラリア、日本の大学で何年も勉強しており、日本語で日常会話を話すことが出来る。

エマ・グラント
Emma Grant
エマ・グラント

エマ・グラントは1996年からヨガのプラクティスを始め、2001年より指導をしています。
米国のスワミ・サッチダナンダ師によるインテグラールヨガ、インドではパタッビジョイス師によるアシュタンガビンヤサヨガ、そしてデシカチャー師(クリシュナマチャリヤ師の息子)によるヨガを学びました。
また、自身の妊娠期間中、そして育児を通じて、ヨガ、瞑想、アーユルヴェーダを実践し、役立てました。これまで、エマは産前・産後ヨガの研修を受け、シドニーのネイチャーケアカレッジとインドでアーユルヴェーダを学びました。2009年にはオーストラリア・バイロンベイに自身のスタジオとなるレッド・テント・ヨガを設立し、女性のためのヨガに特化したスタジオとして運営しています。

エマは、自身の人生経験と妊娠・出産体験を通じて得た気づきを産前・産後ヨガを教えることで伝えています。特に女性らしさを大切にすること、身体・心・呼吸・感情・エネルギー・魂の調和を妊娠期・出産時・その先においても保つ持続的な助けとなるような指導を心掛けています。
エマは、知識を生徒に分け与える事に情熱を抱いており、これまでの自身の経験から、定期的なヨガ練習こそが、調和、慈しみの心、喜びを暮らしの中で見つけやすくなるコツだと感じています。

ロージー・マダソン
Rosie Matheson
ロージー・マダソン

ブリスべイビー産前 & 受胎ヨガコースのファシリテーター / 進行役
ロージー ・マダソンとヨガとの運命的な出会いは、なんと彼女が10歳の時!現在、彼女は主ににチャクラ・ヨガとビラジャティ・ヨガで、教えています。
「タントリック ・ママ」の共同創立者で、ドゥーラ(出産に関するアドバイスやサポートを行う女性)の資格保持者であり、産前&受胎ヨガを専門としています。
2009 年から、主にタントラと神聖なる女性らしさの探求を続けて、ヨガとワークショップを通して、タイ、インド、オーストラリア、アメリカでその知識を伝達する活動を行なっています。
ブリスべイビーヨガ100時間RPYT(全米ヨガアライアンスが認定する産前ヨガコース)を、修了し、昨年は、ブリスべイビーヨガコースのファシリテーター(進行役) も務めました。

優しく、女性らしい彼女の教え方は、 洞察力に富んでいる、どんな女性も虜にし、内に秘められた女神を、熱情を注いで育んでくれる先生です。

マリ・ノタラス
Mari Notaras
マリ・ノタラス

マリは15年以上にわたるヨガの練習及び指導の経験をもつ。第一子を授かったことをきっかけに、自然とマタニティヨガに興味もち情熱を注ぐようになった。彼女は、妊娠期のヨガが、すばらしい心の平穏、強さ、そして深く内在する女性のエネルギーとの強いつながりを見出す強力なツールになることを発見した。マリは9年以上にわたり産前・産後女性への指導にあたり、またオーストラリアやその他海外の多くの素晴らしいマタニティヨガの指導者たちと産前・産後ヨガの分野で広く研究を行ってきた。

彼女はとても人気のあるブリス・ベイビーの指導者であり、生徒たちからは、マタニティヨガの分野で広い専門知識と情熱を持ち、かつフレンドリーで接しやすい先生と評判である。

emi4
Emi Iizuka
飯塚えみ 

2005年よりオーストラリア/バイロンベイへ移住。その哲学に惹かれ、渡豪前より始めたヨガを更に追求しようと2007年にバイロンベイのByron Yoga Centreにて全米ヨガアライアンス資格の200hを取得。その後同ヨガスクールで通訳として働く他、通常のヨガクラス、「女性のためのヨガ」等のワークショップを国内外で開催。2008年にはBliss Baby Yogaにてマタニティヨガ講師の資格を得、更に同マタニティヨガ講師養成講座でも通訳として従事。
現在もMaria Kirstin (Yoga for Grownups)の解剖学をベースとしたヨガセラピー講師養成講座、シニアヨガ講師養成講座、Judy Krupp(Yoga Room)のヨガセラピー講師養成講座で通訳として働く。2014年Emil Wendel主催の哲学リトリートに参加、2015年の出産を経て、オーストラリア/日本で通常クラス、Mum & Baby Yogaクラス等を開催している。

過去のクラスレポート

お申し込みはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加