【ヨガ解剖学】腰椎骨盤リズムを理解して指導の幅を広げよう

【ヨガ解剖学】腰椎骨盤リズムを理解して指導の幅を広げよう

みなさんは、立って前屈して手が床に届きますか?

恐らくヨガを現場で指導されている方々がこの記事を読まれていると思うので手が届く方も多いはずです。その時に背骨や骨盤がどのように動いているかイメージできるでしょうか?

今回は、このように身体を動かす時に起きる身体のメカニズムについて解説します。

身体はつながっている。腰椎骨盤リズムという考え方

長年自分の身体と向き合ってきたみなさんなので、なんとなくイメージできるかもしれませんが、前屈した時には、背骨の上側から順番に頸椎、胸椎、腰椎と身体を丸めていき、続いて骨盤が前傾して手が床に届くという動きのプロセスがあります。

これが骨盤は動かさずに脊柱の動きだけで前屈しても手は床に届きませんし、逆も同じで骨盤の動きだけでも手は床に届きません。脊柱や骨盤を単独で動かしても身体は十分に動かすことができないのです。

脊柱と連動して骨盤が動くこの動きを「腰椎骨盤リズム」と言います。

腰椎骨盤リズムは2種類あります。

まず脊柱の屈曲、骨盤の前傾の組み合わせと脊柱の伸展、骨盤の後傾の組み合わせと脊柱と骨盤の運動方向が一緒の「同側性腰椎骨盤リズム」です。

もう1つが脊柱の屈曲と骨盤の後傾の組み合わせと脊柱の伸展と骨盤の前傾を組み合わせた「対側性腰椎骨盤リズム」です。

屈伸の時に注目「同側性腰椎骨盤リズム」

同側性腰椎骨盤リズムは脊柱と骨盤の運動方向が同じことが特徴です。「脊柱と骨盤の運動方向が同じ」というのは身体を真横から見た時に同じ方向に向かって動くということです。

例えば、立位前屈をする時に脊柱は前方に向かって屈曲し、骨盤は前方に向かって前傾します。また、後屈をする時に脊柱は後方に向かって伸展し、骨盤は後方に向かって後傾します。

このように脊柱と骨盤の運動方向が一緒なのが、同側性腰椎骨盤リズムです。

ではこれを理解すると、指導の現場でどのように活かすことができるのでしょうか?参加者の方が深い前屈のポーズをした時にこのような姿勢になるのを見かけますよね。

ヨガの指導現場で、参加者が前屈をした時によく見かける状況
ヨガの指導現場で、参加者が前屈をした時によく見かける状況

左側の人はしっかり前屈ができていますが、真ん中の人と右側の人は深く前屈ができていません。同じ前屈ができていない人でも2人の姿勢は少し違うようです。

真ん中の人は脊柱は曲がりますが骨盤は動いていません。右側の人は骨盤は動いていますが脊柱はまっすぐのままで動いていません。

つまり、同じ前屈ができていない人でも「脊柱が動いていないのか」「骨盤が動いていないのか」で変わってきます(もちろんそれ以外の要素もあります)。

真ん中の人は骨盤が動かず、脊柱が過剰に動いているので、無理な前屈をすると腰を痛めるリスクがあります。また右側の人は脊柱が動かず、骨盤が過剰に動いているので股関節を痛める可能性があります。

前屈をアシストをする時には参加者のアライメントを見て、どこからアシストすれば良いのかを判断します。その際に腰椎骨盤リズムを判断基準の1つにしても良いでしょう。

坐位姿勢でわかる「対側性腰椎骨盤リズム」

対側性腰椎骨盤リズムは、脊柱と骨盤の運動方向が反対になる動きのことです。この動きでは、骨盤が前傾すれば脊柱は伸展方向に動き、骨盤が後傾すれば脊柱は屈曲方向に動きます。

これは立位や坐位姿勢を思い浮かべたらイメージしやすいかもしれません。

例えば、骨盤が後傾してダラっとなった坐位姿勢を思い浮かべてください。この時、骨盤が後傾しているのに対して脊柱は前方方向に屈曲していますよね?

では骨盤を前傾してみてください。そうすると脊柱は後方方向に伸展しているのがわかりますか?

このように、対側腰椎骨盤リズムのおかげで静姿勢のバランスが取れています。先程の例でいうと、骨盤が後傾するだけだと頭から後ろに倒れてしまい、骨盤が前傾するだけだと頭から前に倒れてしまいます。

これだとまっすぐ座ったり、立ったりできませんよね?この時自然に、脊柱が骨盤の運動方向に対して対側方向へ動き、静姿勢のバランスを取っているのです。

また、坐位姿勢でも対側性腰椎骨盤リズムを感じられます。イスから立ち上がる時は脊柱屈曲骨盤後傾位では動作が行いにくいです。

実際にイスに座って立ち上がればわかると思いますが、身体を前に倒して足に体重を乗せてお尻を浮かせる時、に骨盤前傾と脊柱伸展の動きが出てきます。

高齢者の方の中には、この動きが出にくく、立ち上がる時に足に体重が乗らずに立ち上がるのが難しい人もいます。

シニア対象のチェアヨガのメニューに、このような骨盤前傾と脊柱伸展の動きを入れると、腰痛予防にもなりますし、立ち上がりの動作もスムーズに行えるようになりますので取り入れてみてもいいでしょう。

腰椎骨盤リズムを促通するポーズ

腰椎骨盤リズムについて解説しましたが、このリズムを促通するアーサナがあります。

それは「猫と牛のポーズ(キャット&カウ)」です。猫のポーズと牛のポーズを繰り返すことで、骨盤の前後傾と脊柱の屈曲伸展の動きを促通することが可能です。

猫と牛のポーズ(キャット&カウ)
猫と牛のポーズ(キャット&カウ)

ポイントは、骨盤と脊柱がそれぞれの運動方向に動いているかを確認することです。

例えば、反り腰の人は骨盤後傾と脊柱屈曲の動きが出にくいかもしれません。そういうポイントを意識して見てあげて、そこからポーズの修正をするとより効果的なポーズになるはずです。

先程、チェアヨガの話をしましたが理論は同じです。骨盤と脊柱の動きを見てあげてから修正しましょう。

今回は腰椎骨盤リズムについて解説しました。指導の時に骨盤と脊柱がどのように動いているのかイメージすると良いでしょう。

監修理学療法士 奥悠輝

関連タグ