アグニを高めるトリカトゥMix

アグニを高めるトリカトゥMix

Text & Recipe:サントーシマ香

<アーユルヴェーダ特別企画>
アグニを高めるトリカトゥMix

アグニとは、食べたものを消化する能力のこと。
火の神さまにも例えられ、13種類のアグニがある中で
とくに胃のアグニが健康を維持する上で大切だといわれています。

口にしたものは、歯で磨り潰され、唾液と混ざり消化器官へ送られます。
酸性の胃液でさらにミクロに分解される作業が行われ、
下方部へすすむわけですが、味が良いからと言って消化能力を超えた食べ物を
詰め込みすぎてしまったり、歯で噛まずに流し込んでしまうと、いつまでも胸の辺りが重い・・・
なんてことになり、負担をかけることになります。

お酒を飲みに行って 何件かハシゴし、夜中にラーメンを食べても
次の日すっきりした朝を迎えられる人と、そうではない人がいるように
消化能力に個人差は否めませんが、
どのように食べるか、ということは、消化しきれなかったアーマ
(未消化物・老廃物/管にこびりついて病気のもととなる)を持ち越さないためにも
アーユルヴェーダで特に強調される点です。

胃のサイズの1/2を固形+1/4をスープなどの液体+1/4を空にしておくように
そして、食事と食事の間に十分時間をとり、空腹を感じてから食べること
が元気なアグニを育てるために、強調されます。

ここでは、簡単にできる、アグニを高めるトリカトゥというレメディーをつくります。
トリカトゥ (Trikatu) トリは3つの、カトゥは六味の一つで辛味のこと。

材料:
黒粒コショウ 長コショウ 乾燥生姜 いずれも粉末 を 大さじ2ずつ

長コショウはフィファチ、ロングペッパー、ピパリという名前で知られています。
沖縄産物産展やスパイス屋さんでも購入可能です。
消化を助け、一緒にとるハーブの効果をアップさせるものとして使われており、
ラサーヤナ(若返り効果のある)として、またヴァータ とカファ ドーシャを落ち着かせて、
質の良い睡眠を促すために温かい牛乳に混ぜて摂取される
非常に人気の高いものです。

黒粒コショウ、長コショウ、乾燥生姜の粉末
黒粒コショウ、長コショウ、乾燥生姜の粉末

3つのスパイスを混ぜます。

器の中で粉末をスプーンで混ぜる
器の中で粉末をスプーンで混ぜる

小瓶に移して、湿気と熱の少ない場所で保存しましょう。

小瓶に移す
小瓶に移す

レメディーのとり方:

・食事の前30分前に コップ一杯のお湯に小さじ1を溶かして飲む
(ヴァータの人はギーを加えても良し)

・myゆるヴェーダ vol.2 アマランサスのキチャリ粥で紹介したように、
調理用スパイスとしてピリッとした辛味を加えたいときに使用しても○

・ピッタ ドーシャの人は、とりすぎに注意してください。

・身体があたたかくなるので、冷え性の人や新陳代謝を良くしたい人におすすめです。