女の子の気分が上がる!は、オシャレをすることから

女の子の気分が上がる!は、オシャレをすることから

女の子の気分が上がる!は、オシャレをすることから

とある平日。ヨガのレッスンスタジオにて、興味深い光景を目の当たりにしました。
スタート直前に慌てて駆け込む女性が1人。
そして彼女の右手には、世界的に有名なメゾンブランドのバッグが1つ。

それ以外には何も荷物がないところを見ると、恐らくヨガのウエアもお水もタオルも全部そのバッグに入っているのでしょう。

なぜそれが興味深い光景だったかと言うと、それは「ヨガ=高価なバッグ」の繋がりに興味を抱いたからなんです。

「ヨガ」と聞くと、インドのアクセサリーを身につけたり、布のバッグといったエコ的な要素を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
個性やおしゃれな雰囲気のバッグならヨガウエアのブランドから続々とラインナップされていますよね。
例えば、オーガニックコットンやナチュラル素材、スポーティーなデザインなど。
しかし、その中に数十万円する上質な皮素材のバッグというのは見たことがありません。

更には、イメージ以外にも根本的な部分においてこんなことも。
ヨガの教えの中には「ブラフマチャリヤ(禁欲)」というものが存在します。
そのため、もしかしたら「欲を慎むべきどころか物欲満載では?!」なんてブランドバッグを買うことに対して控えたりする人も中にはいるかもしれませんね。

しかし、誰が何を持つかは自由だと思うんです。
そのため、私は彼女のその潔さにとても好感を持つほどでした。

数十万円するブランドのバッグも、機能的で持ちやすく自分のワードローブに合うと知る「自分らしさ」があれば、ヨガをしようがインドに行こうが「自分の心地良さ」を知っている証。

もしかしたら、レッスン前に仕事の打ち合わせがあったのかもしれません。
または、レッスン後にデートの約束があるのかもしれません。

ポーズをとる女性
ポーズをとる女性
私は彼女のライフスタイルを思い浮かべながら、恐らく自分のスタイルをしっかりと持って入る人なのだろうと思いました。
ヨガは彼女にとって生活の中の1コマで、流れる時間の中に心地よく存在する一部であればいいな、とさえも。

ヨガをするにあたって、形から入るも良し。かわいいウエアも世界中からをセレクトすることができる世の中です。
また前述した女性のように「自分スタイル」が明確にあってヨガをするも良し。

どちらにせよ女性である以上、おしゃれを楽しむ気持ちは永遠にあり続けたいもの。
これを着たり持ったりすると「気分が上がる!」なんてことも、ヨガを楽しむツールなんですね。