ヨガジェネ手芸部VOL.1 【余った毛糸で、あったかエコ♪】

ヨガジェネ手芸部VOL.1 【余った毛糸で、あったかエコ♪】

ヨガジェネ手芸部VOL.1
余った毛糸で、あったかエコ♪

寒くなると、編み物をしたくなります。

マフラーや手袋、帽子、セーター…

手編みで世界にひとつだけのニットを作るのは

大量生産の安価なアイテムを買うよりも価値あるもの。

誰かのために編むのもよし、自分のために編むのもよし。

編んでいると、心までポカポカあったかくなります♪

まるで暖房要らず!? 

手編みエコはとっても仲良しなんです。

そんな冬の編み物を生活していると、つい増えてしまうのが余り糸。

余った糸を有効活用して、もっとエコにつなげよう!

その1
余った毛糸で湯たんぽカバーを作ろう♪

毛糸でできた湯たんぽカバー
毛糸でできた湯たんぽカバー

冬のエコ生活で欠かせないのが、湯たんぽ

この湯たんぽのカバーを、毛糸で手作りしてみませんか?

余った毛糸を適当に使って、ひたすら棒針のメリヤス編みをまっすぐ編むだけ。

湯たんぽのサイズまで編んだら、両端をはぎ合わせて、くさり編みのひもで結べばできあがりです。

毛糸のカバーを付けると、湯たんぽの暖かさがより伝わります

半端な糸を組み合わせてボーダー柄にすれば、余った糸には見えないくらいおしゃれ☆

お家でくつろぐ時に、ひざ掛けの下に入れたらこたつも不要。

そのまま寝る時にふとんの中に入れると、寝ている間もずっとあったか♪


その2
余った毛糸でエコたわしを作ろう♪

エコな編み物といえば、エコたわし

アクリル製の毛糸が余っていたら、ぜひ作りたいアイテムです。

ぐるぐる編めば丸く、まっすぐ編めば四角く。

かぎ針の細編みや長編みができれば、初心者の人にもトライしやすいです。

これがあると油汚れもきれいに落とせるので、洗剤の無駄遣いが減ります!

上の写真は、お友達からプレゼントにいただいたもの。

使うのがもったいないくらい、かわいいでしょ?

お金を使わずにちょっとした贈り物にもできるし、女子力もアップした気分に。

さらに余った糸も活用できて…いいことづくめですよね♪


その3
余った毛糸でヨガマットのカバーを作ろう♪

毛糸でできたヨガマットカバー
毛糸でできたヨガマットカバー

ヨギーニなら、ヨガマットのカバーも手作りしたいもの。

冬はニットのカバーで衣替えしませんか?

これもひたすらまっすぐに編むだけなのですが…

ちょっと長いので根気が要るかもしれませんね。

でも、太い糸でざっくり編むなら、マフラーを編むのと同じくらいの時間でできそうです。

お揃いの帽子やマフラーを編んで、ヨガレッスンに行くのも素敵。

レッスン中に冷える足を温めるルーズソックスも、まっすぐ編むだけでふくらはぎをカバーできます。

*          *      *      *

まずは買う前に、自分で手作りできないかな?と考えるのがエコの第一歩かもしれません。

100円ショップに行ったら、完成された製品よりも材料を探すことから始めてみては?

手作りをしていると、自然と節約ができ、知らず知らずのうちにエコにつながります。

そして、本当の豊かさとは何かを、気づかせてくれるかもしれませんよ。