瞑想は禁煙への近道!? |喫煙者の62%がヨガで禁煙に成功

瞑想は禁煙への近道!? |喫煙者の62%がヨガで禁煙に成功

健康志向の風潮から生活習慣の見直しを図る人々が急激に増加

新年、この1年間の抱負や目標は決まりましたか? 健康志向の風潮が後押ししてか、近年は女性だけでなく、ダイエットや食生活の見直しなど生活習慣を見直したいと考える男性も増加しています。一言で生活習慣の見直しと言っても、食事やエクササイズなど明日からすぐにでも取り組むことができるものとそうでないものがあります。簡単に見直しが効かないもののひとつが禁煙です。

 

タバコの煙が人体に悪影響を及ぼすことは誰もが知っている

煙草をくわえる頭蓋骨
煙草をくわえる頭蓋骨

タバコの煙には4000種類もの化学物質が含まれており、内250種類は人体に悪影響を及ぼし、内50種類は癌を発症させる作用があるとも言われています。世界では年間600万人以上もの人がタバコによって死に至っており、内500万人は能動喫煙、60万人は受動喫煙によって命を落としています。

 

ストレス軽減が禁煙への第一歩

芝生でヨガをする人たち
芝生でヨガをする人たち

このようにタバコの煙が人体に悪影響を及ぼすという事実が様々なメディアで発表されているにも関わらず、喫煙者の減少には繋がっていません。それはニコチンの中毒性の高さ以上に、現代人が日々の生活の中で感じるストレス量が大きく関係しているからです。実際、ストレスを軽減させることで禁煙成功率が高まるということも、世界最大級のタバコに関するカンファレンス、ワールド・ヘルス・オーガニゼーション(WHO)でも発表されています。

1021人の喫煙者に瞑想を含むヨガのクラスを受講させたところ、全体の約85%が禁煙に成功したという研究結果が発表されました。定期的にヨガクラスを受講した内62%は1カ月以内に禁煙に成功し、定期的にヨガクラスを受講しなかった23%は1カ月以上もの期間を要したものの、禁煙に成功。同研究で禁煙に成功した対象者が再び喫煙したいという欲望にかられることはなかったと言います。

 

瞑想によってニコチン摂取量をコントロール

安楽座で座る女性
安楽座で座る女性

「62%は1カ月で禁煙に成功し、7.49%は2カ月から6カ月で禁煙に成功、15.47%は禁煙までに12カ月を要しました」と、研究を実施したブラハム・クマリス氏は説明し、「この研究結果から、ヨガは喫煙者のニコチン摂取量をコントロールすることが可能となり、結果、摂取量の制限に繋がることが証明されました」と述べています。

ヨガや瞑想は健康維持のためだけでなく、自身を見つめ直すことでマインドをリセットすることができます。目には見えない内面的な部分から変化することができるからこそ、禁煙には最適で最短の方法なのかもしれません。

 
参考記事
>>62% tobacco addicts quit smoking within one month through yoga
>>Overcome Smoking with Yoga
>>Smoking Cessation Health Center

瞑想が学べる講座はこちら

瞑想を知る。自分に合った瞑想法が見つかる瞑想をもっと知りたい!というかたへ
中島正明先生による『メディテーション集中講座』
東京・大阪にて開催中!


この講座では瞑想にはどんな効果があるのか、身体・脳・心にはどんな変化がどうして起こるのかを理解し、さまざまな瞑想を中島正明先生と実践していきます。
講座の詳細はコチラ⇒⇒

中島正明先生による『瞑想指導者養成講座』
追加開催決定!

瞑想を学び・実践し、そして”伝える”ための80時間。
講座の詳細はコチラ⇒⇒