ホワイトボードを使って説明する渡辺純子先生

渡辺純子先生による~春に取り入れたい陰ヨガ~

渡辺純子先生による~春に取り入れたい陰ヨガ~

こんにちは、fumiです。

みなさんゴールデンウィークが明け、気候の変わりやすい時期ですが、

みなさん体調崩していませんか?

今の時期、体調だけでなく自律神経系を崩しやすく、気分的にも不安定になりやすいです。

『5月病』と呼ばれるような症状でしょうか。

私もヨガのプラクティスを定期的にやるようになってから、落ち着いてきたような気がしますが、

朝からドヨーンと空が暗いとテンションが低くなったり、雲ひとつないお天気だと「イェ~イ♪」みたいな

感じで、かなり感情が天候に左右されやすいです。

今日は、一日中雨・・・  油断すると背中が丸まっちゃったりするので、気合いれて仕事しましょ!

そんな中、今日はたくさんの人たちが純子先生の陰ヨガWSに集まってくれました♪

テーマは、『春に取り入れたい陰ヨガ』

渡辺純子先生の陰ヨガWS講座風景
渡辺純子先生の陰ヨガWS講座風景

プラクティスの前に、春と五行説のエネルギーについての講義がありました。

陰・陽に加えて五行説のエネルギーのバランスを取っていく陰ヨガですが、

春は、五行説でいうと『木』に当たり、肝・胆のう系に当たります。

肝臓は自律神経系を司っていて、東洋医学的にも春は肝臓や自律神経系が乱れやすく、

免疫力が落ちやすいため、気持が不安定になったり、イライラしたり、風邪を引きやすいそうです。

もう一つ、とっても気になったのが、春はデトックスにいい季節だということです。

デトックスを担う肝臓や胆のうは、『美の器官』とも言われます。

東洋医学的にも成長ホルモンが活発になる夜の11時~3時に美が作られます。

この時間にしっかりと睡眠を取ったほうがいいんですって~ メモメモ

ということで、今日のプラクティスは、肝・胆のう系の経絡を刺激してくれる経絡ヨガをやりました。

渡辺純子先生の陰ヨガWS受講生
渡辺純子先生の陰ヨガWS受講生


肝臓の経絡、太ももの内側を刺激します。

渡辺純子先生の陰ヨガWS講座風景
渡辺純子先生の陰ヨガWS講座風景


カラダのサイドは胆のうの経絡なので、ツイストで刺激していきます。

渡辺純子先生の陰ヨガWS集合写真
渡辺純子先生の陰ヨガWS集合写真

最後にみんなでパチリッ みなさん表情がスッキリした気がします~

みなさん、お疲れ様でした~

今晩からは11時までに寝ましょうね!

私も帰ったら、せっせと太ももの内側とカラダの外側を刺激して美の器官を整えなければっ