『ダイアモンドの知恵』の著者 ゲシェ・マイケル・ローチ氏によるセミナーに参加してきました

『ダイアモンドの知恵』の著者 ゲシェ・マイケル・ローチ氏によるセミナーに参加してきました

『思い通りの収入と思い通りのパートナー 古代チベットの知恵に学ぶほしいものを手に入れる秘法』とは

こんにちはふなもんです。

台風が近づいてきているので、今日は久々に涼しい日ですね!
真夏日が続いていたので、まさに恵みの雨だなとしみじみ感じてしまいます。
たまにはこんな週末もいいですね ^ ^

さて、こんな涼やかな週末の昨日、主催者の方のご厚意でゲシェ・マイケル・ローチによるセミナー
『思い通りの収入と思い通りのパートナー 古代チベットの知恵に学ぶほしいものを手に入れる秘法』
に参加させて頂きました。本日はその内容をご紹介しようと思います。

既にご存じの方も多いと思いますが、レポートの前に少しゲシェ・マイケル・ローチ氏に
ついてご紹介したいと思います。
ゲシェ・マイケル・ローチ氏はプリンストン大学を首席で卒業した後、インド・セラメイ僧院大学で
チベット人のラマ僧から教えを受け、22年間の修行の末、アメリカ人として初めて仏教学の
最高学位である『ゲシェ』という称号を取得した人物です。

彼は習得した仏教の教えを、ニュヨークにて実際のビジネスの現場で使えるかどうかを試す
という課題を出され、ビジネスのいろはを全く知らずして、ダイアモンド企業の取締役として、
見事、年商2,5億ドルの企業にまでに発展させました。

このチベット仏教の考え方を用いて、ビジネスの分野でも成功を収めた
彼の理論をまとめた著書、『ダイアモンドの知恵』は日本語をはじめ、
現在24カ国語に訳され世界的はベストセラーとなっています。

チェロを弾くゲシェ・マイケル・ローチ氏
チェロを弾くゲシェ・マイケル・ローチ氏

講演の冒頭ではゲシェ・マイケル・ローチ氏自らチェロを奏で、参加者を迎え入れてくださいました。
仏教学、ビジネス、そして芸術分野と多彩な才能に引き込まれます。

「思い通りの収入と思い通りのパートナー ほしいものを手に入れる秘法」という今回のテーマ、
ヨガをしていらっしゃる方には少し違和感を覚えるかもしれません。
仏教学を用いてほしいものを手に入れる、しかもそのほしいものは至って物質的な収入やパートナー…
何だか仏教学とは真逆のイメージですよね。

笑顔で話すゲシェ・マイケル・ローチ氏
笑顔で話すゲシェ・マイケル・ローチ氏

そんな思いの中スタートした講演の中で、何度も出てきたキーワードが2つ。
「誰もがスパイダーマンやヒーローに憧れている」
「自らで種まきをする」

講演が進めにつれ、この2つについてもう少し具体的なお話がなされました。

まず「誰もがスパイダーマンやヒーローに憧れている」について。
アメリカならスパイダーマン、日本ならウルトラマンや仮面ライダー、なぜ人々は
世代を超えてこのようなヒーローに魅了され、憧れるのでしょうか。
それは世界中の誰もがこれらのヒーローのように「誰かを助けたい」という思いを
胸の内に持っているからなのだそうです。
しかし、人は大人になると、自分はもう30代だから、40代だから、50代だから…と
そのような気持ちから目を背けてしまいがちです。
でもその本質的な思いに自ら蓋をするのではなく、それをうまく昇華させるのを
助けるのが仏教学なのだと講演を聞き感じました。

ではどうやって?そのヒントとなるのが「自らで種まきをする」ことだと
ゲシェ・マイケル・ローチ氏はおっしゃっていました。

私たちがモノ、コトに対して認識を持つとき、本当にその認識は普遍の共通の認識なのでしょうか。
例えば、1本のペンを私たちは「ペン」と認識しますが、子犬がそのペンを見たとき
それを「おもちゃ」と認識するかもしれません。
つまり私たちの認識は、主観的に私たちの内側で生み出されているものに過ぎないのです。
そしてこの認識を生み出すのが「心の種」なのだそうです。何かを目にしたとき瞬間的に
心の種が芽を出し、認識が生まれているのです。

ただただその心の種が芽を出すのを受け取るだけではなく、自ら種まきをしていく方法を
講演の中でゲシェ・マイケル・ローチ氏は具体的に4つのステップに分けてお話しされました。

1.何をあなたは手に入れたいのかを明確にしましょう

2.同じものを手に入れたいと思っている誰かを見つけましょう

3.その人を誘ってお茶に行き、その人のためにアドバイスや手助けをしてあげましょう

4.寝る前に自分がその人にしてあげたことを思い出しましょう

以上の4つです。
「2.同じものを手に入れたいと思っている誰かを見つける」これは同じものを求めていなくても
困っている人、孤独な人、経済的に苦しい人でも構わないそうです。
問題はその人の為に何かをしてあげることなんだとか。

ここで1つの疑問が私は湧きました。
自分の目的の為に、誰かの手助けをする…エゴではないのか。
その疑問にもゲシェ・マイケル・ローチ氏は答えてくださいました。
「自分のためなのか、そうではないのかそんなことは考えなくていいのです。
結果的に相手は幸せになっているのならば。」と。

自分が他人にしたことはきっと自分に返ってくるのだそうです。
そして、もしあなたが手に入れたいものをその方法で手にしたならばそれを周りの人に
教えてあげることが大切だそうです。そうすれば、あなたの友達や家族も同じように
困っている人を助けようと思うでしょう。そして、誰かの助けの必要な人が少しずつ減っていくでしょう。と。

すごく新しい気づきを与えられた気がしませんか?
自分の欲しいものを手に入れる目的の為に人助けをする、これってすごく卑しいエゴのように
感じてしまいがちです。でも、それは本当は手段であって、結果的に一人でも多くの
助けが必要な人のお手伝いができることなのではないかと思います。

私の拙い文章だけでは本当に伝えきれない、たくさんのヒントが詰まった講演でした。
2時間の講演があっという間に感じられる、引き込まれる内容だったと思います。

講演では4つのステップについてもより具体的な方法に落とし込んでお話くださいましたし、
短い休憩ではゲシェ・マイケル・ローチ氏やほかの先生方に直接お話を伺うこともできる大変有意義な講演会です。
直近になりますが明日、静岡での講演があるそうなのでお住まいがお近くの方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

ダイヤモンドの知恵・スタディ・クラス
日時:2014年8月10日(日)18:30~20:30
場所:静岡音楽館AOIホール

最後に、ゲシェ・マイケル・ローチさん、そしてご招待くださった渡辺のりかさん
ありがとうございました。