原っぱの上にオームのモチーフが置いてある
ヨガクラスの前後に唱える「オーム シャンティ シャンティ シャンティ」という言葉を一度は耳にしたことあると思います。初めて聞いた時は”おまじない”や”呪文”のように感じつつも、”みんなが普通に唱えているので自分もいつの間にか普通に唱えている”という人も少なくないと思います。でも、実際にこの言葉の意味について知っている方は少ないのでは?そんな皆さまへ、マントラのYUKI先生から学んだ”ヨガ豆知識”をシェアさせていただきます!
 
 

「オーム シャンティ」は”マントラ”

オーム シャンティ シャンティ シャンティ」はマントラの一つ。マントラとは、「真言」と呼ばれる”神聖な波動を秘めた言葉”。口承のみで伝えられる伝統的なもので、数は無限にあるとされています。また、インド哲学には12の学派があるため、言葉や言葉の解釈などについても諸説あります。
 
 

「オーム」とは”全て”を意味している

OMのシンボル
写真のような絵を見たことある方も多いと思います。これは「OM」と表記される「オーム」のシンボルです。(普通、OMをオームとは読まない)文字では「OM」と表記されますが、元はサンスクリット語で「A+U+M」と分かれたものがサンスクリット語のルールにより「OM」という形になったそう。「A」は始まり、「U」は繋がり、「M」は終わりを意味しており、始まりから終わりまでの”全て”を意味しているそう。
(より詳しく知りたい方はこちら>『OM(オーム) の語源について』)
 
 

「シャンティ」を3つ唱える意味

シャンティという言葉について調べてみました。日本語のWikipediaでは”心の平安”と書かれていました。また、英語のWikipediaでは、”平和、休息、平穏、至福”と訳されています。
 
合掌している手の間から光が溢れている

続いて、シャンティを3回唱える意味について。諸説あり、意味は似ていても順番が異なる説もあるのですが、ここでは代表的なものをご紹介します!1つ目のシャンティは「自分自身」、2つ目のシャンティは「自分の周りの環境、周りにいる人(家族、友人など)」、そして3つ目のシャンティは「すべての環境(天災など)、世界中の人々」に対して平和を祈ります。日本では、”祈る”という習慣はなかなかないと思いますが、”おまじない”や”呪文”のように思えた言葉も意味を知ると、次回からイメージしながら唱えてみたくなりませんか?
 
 

おまけ:瞑想する時の手のかたち”チンムドラー”とは?

親指と人差し指を結んだチンムドラーの手元の写真
”ヨガ豆知識”繋がりで、もう一つ。クラスの前後に瞑想するときに先生が「”チンムドラー“の形で手を置きましょう」という言葉を聞いたことはありませんか?写真がその手の形です。これにも意味があります。
 
それぞれの指が次のような意味を示しています。
『親指:ブラフマン(意識、全て)、人差し指:アートマン(真我)、中指:サットヴァ(※)、薬指:ラジャス(※)、小指:タマス(※)』そして、その親指と人差し指が繋がっていること=全てが一つであることがヨガのゴールであると言われています。
(※)それぞれ心の作用・性質を表す。サットヴァ:幸せ・満足などの性質、ラジャス:感情的・行動的などの性質、タマス:だるい・ねむいなどの性質。
 
いつも何気なく行っているヨガの時間を、いつもより少しだけ特別な時間になるよう役立てていただけると幸いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加